僕らの相対論1・トンネル効果の章

僕らの相対論 第2話 報われない山本君

 ←(雑記)物書きバトン。 →僕らの相対論 第3話 月に失礼
「なあ、比奈木、どう思う?」
光瀬はしつこく聞いてくる。
「ああ、もう、うるさいな。分かり切ったこと言うなよ。トンネル効果は量子論の話だ。
電子が抜けられるはずのない壁を通り抜ける、あるいは越えるように見える不確定性原理(※1)だろ。
現実世界とでは物理的理論の違うミクロの世界の話だよ。たとえば人間が壁を通り抜けるなんてあり得ないし、考える事自体がナンセンス。だから犯罪も解決も関係ない。な? 僕にだってそれくらいの基礎知識はあるさ」
「でも、人間が通り抜ける確率はゼロではないよ」
「そりゃあ、計算上はそうかもしれないけど」
「10の24乗分の1だ」
光瀬はキリリとして言う。
「あのさ、光瀬。世界中の人間が壁にぶつかり続けて100億年経っても、一人として通り抜けられないような微細な確率は『不可能』と言い替えるべきだよ」
「ロマンがないな」
「そう言う問題か。ロマンの話がしたいなら他の人としてくれ。僕さ、明日までに演習問題やって、更に未提出の実験レポート書かないといけないんだ。時間がないの!」

「そうだよな、無理だよな。仮に山本君が通り抜けられたとしても、一度彼を粒子レベルまで分解して考えた話で、通り抜けられた物質はもはや山本君ではない。かつて山本君であったらしい粒子の集まりだ」
「ほとんど殺人事件だよ。そして、山本君って誰だ」
「粒子を再構築して元の山本君に戻せばどうだろう」
「ターミネーターに出てきたな、そんな悪役が。でも、そもそもあれは通り抜けた訳ではなく、通り抜けたように見えるだけなんだろ? 電子を粒ではなく波として考えた場合の振動の産物であり、出現したのは別の電子じゃなかったっけ」
「そう! そこだよ比奈木。電子A子は壁の前で消滅し、しめし合わせたように、そっくりなA子ダッシュが壁の向こう側に出現する。だからそれを見た観測者は騙されるんだ。通り抜けた、って」
「B級のミステリーみたいだな」
僕はバカバカしさに少し笑ってしまった。不覚だ。
光瀬は更に続ける。

「悲しいことに電子には個性がないからね。A子が消えて、変わりに壁の向こうに現れたA子ダッシュが、“私がA子よ”と言い張れば、もうそれは通り抜けたことでいいんじゃないかって話しで。悲しいね」
「なんの話だよ。電子に同情しなくていい」
「山本君も報われない」
「光瀬が勝手に分解したんだろ、山本君を」
「そうそう、量子論の授業の担当がもし山本教授だったら、『車が校舎にぶつかった場合、車がその壁を通り抜けられる確率』を授業中に求めさせられるから、シュレーディンガーの波動方程式は理解して望んだ方がいいよ」
「さっき分解されたのは山本教授だったんだな」
「いい教授だよ」
光瀬はニコリとして言った。

相変わらずカップラーメンは彼の前の円卓の上で、じんわりとスープを吸って膨らみ続けている。
光瀬はチラチラ自分の携帯で時間を確認しているようなのに、カップ麺の時間の経過には気づいていないらしい。
僕の方が気になって仕方ない。結構お気に入りのシーフード味なのに。
「カップ麺、ふやけてるぞ」
「ん?」
「気になるからいい加減、食べろ。そして食べたらすぐに出ていってくれ。課題に取りかかれないだろ」
「ああそうか。忘れてた」
そう言いながらも、やはり携帯を気にしながら光瀬はカップ麺のフタを開けた。

「おお、すっごく膨張してる」
「頼むから、そっから膨張宇宙の話とか始めるんじゃないぞ。さっさと食って出ていってくれ」
「知ってるか? 比奈木。宇宙の膨張はまた加速を始めたぞ」
「今すぐ出て行け」
「怒るなって。続きはまた今度にするよ。今日のテーマはトンネル効果なんだ」
「誰がテーマなんか決めたんだよ」

確かに宇宙物理学に基づく話をするのは僕も好きだった。
僕の敬愛するアインシュタインやホーキングの理論を思うだけで、すでに解き明かされた美しい方程式と、
まだまだ解き明かされていない「宇宙」という存在にワクワクする。
しかし今、僕には時間がない。
授業の合間にバイトをし、バイトの合間に演習問題を解き、質問形式のゼミのための予習をし、実験レポートをまとめる日々。
白状してしまえば光瀬とのダラダラ論争は毎回けっこう楽しい。
けれど今は本当に時間がない。単位は落とせない。留年など絶対できない。故に、日々時間との戦いなのだ。

少々当てつけがましくパラパラとテキストをめくり、レポート用紙を用意している僕に、光瀬はちらりと視線を向けた。
食べ終わったカップ麺の容器の上に行儀よく割り箸をそろえて置くと、真っすぐ僕を見つめてニコリと笑った。
知ってる。これは何か企んでる時の笑顔だ。

「じゃあ、行こうか」
「は? 行く? どこに?」
「決まってるじゃないか。トンネル効果の実験にだよ」

さすがに僕は絶句した。


・・・・・・・・・・・・・・・
(※1)不確定性原理
ミクロの世界の物質は観測自体が物質に影響を与えるため、「そこに現在その粒子が存在する確率は何%」という言い方しかできない。人間の観測によって、その物質の存在が確定するという、曖昧な考え。
その曖昧さ故に、アインシュタインが嫌った原理。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)物書きバトン。】へ
  • 【僕らの相対論 第3話 月に失礼】へ

~ Comment ~

あ、間違えた 

一日早く更新してしまいました。
なんだか、時間の感覚が変です。疲れてるなあ (^_^;)

NoTitle 

読者としては早く読めるのならそれにこしたことはない、という(^^)
エゴ全開(笑)

そういえば、この小説とはズレるけど、昔読んだクリフォード・D・シマックの「小鬼の居留地」という爆笑SFに、物質を原子に分解して瞬間移動させるタイプの転送装置で、そのデータを受信され、地球で人体に再構成された自分、とはまた別な世界で別な知的種族の手により同時に人体に再構成された主人公が出てきたなあ。その、知的種族のほうでいろいろと情報を受けてきた主人公のほうが、また地球に原子に分解されて瞬間移動させられると、その「先に地球についていた」ほうの身体は、事故にあって死亡しており、そこから爆笑のドタバタが始まるんだけど。

すみません変なことを思い出して。もし、染み出してきた原子なり素粒子なりが、もとの原子ではなく、そのコピーであったとしたら、それがなにかの事情で「通れなかったほう」にももうひとつのコピーを残してもいいんじゃないかと思った次第で……。

高校では文型コースを取って物理の勉強とはおさらばした男に難しい理屈はわからないのだった(笑)。

ポール・ブリッツさんへ 

すっかり全く日にちの感覚がおかしくなってました。
(出勤日が変更になったからかな・・・)
「げ、もう更新してる」なんて思われなくて良かった・笑

爆笑SFってジャンルがすでに面白いですね。
SFは小学生の頃に星進一ともう一人(誰?)を読んだくらいで、あまり読んだことが無いんです。
(阿刀田高はSFじゃなかったっけ)

その話は知りませんが、真っ先に「ハエ男の恐怖」(ザ・フライ)が浮かんできました。
内容は違いますがシステムは似てますね。
実際、トンネル効果を起こす素粒子というものは、実像があるわけではなく、
エネルギーの貸し借りによって沸き立つように現れ、消える、実体のないものです。
通った、通らなかった、という表現すらふさわしくない現象です。

それを大学生は数式を使って証明しろと言われるんですから、大変ですよね。
「理解出来なくてもいいから、確立を出せ」って・笑
私も数学、算数は苦手でした。
だからこそ、こんなふざけた話を書いてしまうんですね。

NoTitle 

私も読んでて「ザ・フライ」を連想しました。
結局、再生する時に何かしらの不純物(?)を
取りこんでしまう可能性が高いので、
似て非なる者ができあがるのが実情だろう、
とか、日ごろから思ってます。
これが可能だったら凄いけど、でもなんか気持ち
悪いような気もするんですよね。
わが身で考えると(^_^;)

物語の方は、これからの展開が楽しみです。

narinariさんへ 

ザ・フライって、よく考えたら滑稽な映画ですよね。
主人公は災難だけど・笑
なにも、ハエでなくたって・・・。蝶ならまだまし?
いやいや虫嫌いにはなんでも嫌ですね。

実際そんな装置はどんなに科学が進んでも出来っこないでしょうけど。
もしもそんな装置が出来れば、再生医療に役立てられそう。
癌治療とか・・・。
あ、分解してもらって、ちょっと美人な人と混ぜてもらうとか・・・。
俗物ですね(汗

物語は、物理を離れてバカバカしく展開します。

NoTitle 

スパーチャンネルだっけかな、「フリンジ」アメリカのドラマであったわ。
壁を通り抜けるのよ。
最後は通り抜けた悪者がグズグズに溶けるみたいな・・・
キモ。

近頃思うのはサイエンスって限りなくファンタジーの世界だよね。
実証される前なんてまさにお伽噺だし、楽しいよねぇ~~

光瀬くんのわくわく感、なんかわかるし楽しい。
お付き合いをするハメになる比奈木のイヤイヤ振りも楽しみ。

ぴゆうさんへ 

そうですよね。
私が宇宙物理学に惹かれるのは、そんなファンタジー性です。
数学は大っきらいなんですけど^^;
物理学者って、きっとロマンチストですよね。
ブレーン宇宙論や、超ひも理論って、どこか妄想的。
でもそこに数式を持て来て、証明しちゃおうと取り組むんですから、なんて素敵。

さあ、私の書いた中で、一番の変わり者、光瀬。
ぴゆうさんに、気に入ってもらえるでしょうか。
そして常に振りまわされる比奈木に、明日はあるのか・・・・。

ぴゆうさんが、楽しんでくださっててホッとしました。^^

おバカ参上orz 

こんにちは!
光瀬君の言いたいことが「なんとなく」しか分かりません。
もしくは壮大な馬鹿話をしているとしか…(汗)
理系の人とはやはり相容れないんでしょうか?生粋の文系のワタシ…。

あ、ワタシは「怪奇大作戦」の壁抜け男の話を思い出しました(古!)

有村司さんへ 

なんとな~~く、わかっていただければ、大丈夫です^^

この話は、後半、物理とは一見関係ない方向に飛びますから、安心してください。

文系人間が書く、物語ですからね・笑

こちらにお邪魔します 

limeさんのシリーズ、あと、keep outとこの「相対論」と、それから、最新作を残すくらいまでは読ませていただきまして、次はこれを読ませてもらいますね。

limeさんってサイエンスのほうの勉強もなさったのですか?
絵もお描けきになるし、文系と理数系両方? うらやましいです。

SF好きですし、光瀬くん(光瀬龍っていう、古いSF作家がいますね)みたいなキャラも大好きで、自分でも書きたくなるのですが、上手に書けそうにないので、ときおりちらほら、似たタイプのキャラが出てくる程度です。

私にはまーったく知識がありませんので、わかったような気になりつつ、楽しませていただきます。
この先、どうなるのかな。どんな事件が起きるのかな。楽しみです、

あかねさんへ 

わ~い、あかねさん、相対論へようこそ!
着実に過去作品を読んでくださって、本当に感謝しています。

まさかこの、相対論にも来てくださるなんて。
この作品は、けっこうマニアックなため、みなさん、コメントが書きづらかったみたいで、問題作です^^
でも、変わり種として、個人的には気に入ってるのですが・・・。

> limeさんってサイエンスのほうの勉強もなさったのですか?
> 絵もお描けきになるし、文系と理数系両方? うらやましいです。

いえいえ、学生時代の私は、理数系はとても苦手で。生物学だけは別ですが^^
数字は特に苦手で、いまだにトラウマです。
でも、物理学はね、ちょっと楽しいのですよ。
天才物理学者たちが、月をみて「ある」だの「ない」だのwww
宇宙物理学&量子論は、ロマンです^^

> SF好きですし、光瀬くん(光瀬龍っていう、古いSF作家がいますね)みたいなキャラも大好きで、自分でも書きたくなるのですが、上手に書けそうにないので、ときおりちらほら、似たタイプのキャラが出てくる程度です。

ああ、わかります。あかねさんのキャラにも、学者さんいましたね。
とても味があって好きです。
物語に物理理論を入れるのはとても難しいですが、ちょっと取り入れてみました。

> 私にはまーったく知識がありませんので、わかったような気になりつつ、楽しませていただきます。
> この先、どうなるのかな。どんな事件が起きるのかな。楽しみです、

いいんです。分かったようなつもりくらいがちょうどいいんです。
私が書くんだから、ちっとも難しくないですよ。
ちょっと風変わりな光瀬君(そう、あの作家さんから拝借)と、巻き込まれ型比奈木くんを、お楽しみください^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)物書きバトン。】へ
  • 【僕らの相対論 第3話 月に失礼】へ