未分類

(雑記)物書きバトン。

 ←僕らの相対論 第1話 ルームメイト →僕らの相対論 第2話 報われない山本君
久しぶりにバトンを戴きました。
ChaoSのnarinariさん、ありがとうございます♪
物書きバトンだそうです。
物書きなんて言うのもお恥ずかしいペーペーですが、楽しそうなのでやってみますね。


【物書きバトン】
◇それでは、20の質問を始めます。まずジャンルを教えてください。

たぶん、ライトミステリーとサスペンス系だと思うんですが。(自信がない・笑)
コメディ寄りからシリアス系まで、様々です。
 
◇そのジャンルで活動し始めてどれくらい経ちますか?

ブログを立ち上げたのは、ほぼ1年弱前なので、1年・・・でしょうか・

◇では通算物書き歴はどれくらいでしょうか?

初めて最初の「白昼夢」の第1話を書き始めたのは、たぶん2年半くらい前だと思います。

◇このバトンを回して来た人の小説はどうですか?

narinariさんの小説は、たとえば職場の背景や、それぞれの登場人物の描写がとてもしっかりしていて、
勉強になります。恋愛小説は読んだことがなかったのですが、これだけたくさんのの人たちの微妙な感情や恋心を描き分けるのは、すごいなあ~って思います。(私の登場人物はとても少ないので)
会話や恋心が生き生きしてるのも、narinariさんの経験が豊富なんだろうなって、うらやましくなります(#^.^#)
で、いつも思うんですが、毎日更新、&、日々の雑記も更新!どんだけすごいんだ!っておもいます。
小説と雑記、忙しくて大変でしょうが、がんばってくださいね。メッセージになっちゃった (^^ゞ

◇登場人物は男の子と女の子どちらが多いですか?

圧倒的に男の子(あるいはおっちゃん)が多いです。意識して女性を入れなかったら、男ばかりになってしまいそうです。

◇書きやすい性格を教えてください

うーん。得にはないですね。どんな性格も楽しんで書きます。
 
◇では逆に書きにくい性格は?

たぶん、普通に美人で清楚で優しくて、男の人に好かれそうな女性は書きにくいんじゃないかな。
癖のある人の方がワクワクします。
 
◇薔薇、百合、通常、一番得意なのはどれですか?

書くなら通常・・・ですね・笑
 
◇甘、ほのぼの、シリアス、ギャグ、裏、得意な順に並べてみてください

シリアス>甘>ほのぼの>ギャグ でしょうか。ギャグではなくて、コメディなら好きです(裏ってなんでしょ)
  
◇比喩法、擬人法は得意ですか?

考えて使ったことはないんですが・・・。ほとんど無いんじゃないでしょうか。
あまり凝った文章は得意ではありません。
 
◇描写をする上で好きなもの嫌いなものはなんですか?

好きなのは、ほんの少しの感情の変化の描写。上手くいってるかは別として。
あと、何かが起こる前の微妙な緊張感。
苦手なのは建物内部の構造、立ち位置の描写。大事なんだけど、そこに時間をかけたくないんです。
いかに簡潔な文章で状況を把握してもらうかに、悩まされます。
 
◇好きな言語表現はなんですか?

会話は大好きですね。それも、本心を隠しての会話とか。楽しいです。
読んでる人はもどかしいんだろうな、と思いますが。
小説を読むにあたっても、会話をとても重視します。会話文が優れている小説は、間違いなく秀作です。

◇愛用の辞書はなんですか?

ウィキペディアでしょうか・笑 

◇タイトルやオリジナルの方はキャラ名にこだわりはありますか?

タイトルはとても重視しています。
しっくりくるタイトルが浮かばないと、その作品自体が失敗のような気がしてきます。
人物の名前も、長く付き合うので愛着が湧くように何度も考え直します。
何度も呼んでみて、しっくりくるか、検討します。

◇携帯やパソコンに直接書き込みますか?それともノートに下書きしますか?

必ず下書きをします。まずプロット。そして下書き。打ち込みはそのあとです。
でも、最後の打ち込みでずいぶん変わってしまう事もありました。
 
◇ズバリ!その利点は?

全体の流れがおかしくないか、本題がずれていないかを検証できます。
 
◇推敲します?

何度もしますね。文章自体をごっそり変えてしまったり。加筆したり。
文字校正も何度もやるんですが、バカみたいな誤字を何度もしてしまいます。お恥ずかしい。
 
◇連載をした事はありますか?ある方は感想もどうぞ

今、連載中です。最初は1話限り、と思って書くんですが、未練が残って連載してしまいます。
ただ、書くのがとても遅いので、連載を始めてからは毎日ヒヤヒヤしてます・笑
 
◇小説の書き方マニュアル、みたいな物を読んだことありますか?

海外ミステリー作家のマニュアル本を、さわりだけ読んだのですが、「あ、私は本格ミステリーを書きたいんじゃないんだ」と思いだして、さわりだけで終わりました(*^_^*)
文章的なノウハウを学ばなきゃいけないのにね。

◇コツ…とか教えて頂けませんか?

コツなんて、大それたことは書けませんが、私の書き方はまずキャラクターを育てることからはじめます。
そしていろいろ語らせ、性格を見極め、自分が描きたいクライマックスまで一気に進めます。
その過程で、自分でも思いもよらない展開になったりするのか楽しいです。
小説は生き物ですね。
そして、こっちもエネルギーをもらえる、不思議な作業です。
あとは、読む人にそのエネルギーを伝えられれば、最高だなって思います(*^_^*)

誰かに回したかったのですが、・・・。また私で終わってしまってごめんなさい。
もし、面白そうだなと思われた方、どうぞこのバトンをもらってやってくださいね。

今日の文字色も微妙なカラーだなあ。

 
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【僕らの相対論 第1話 ルームメイト】へ
  • 【僕らの相対論 第2話 報われない山本君】へ

~ Comment ~

NoTitle 

バトン、受け取ってくれてありがとうございました♡
また、私の小説への過分なお褒めのお言葉。
恐縮の至りでございます……。

とっても、面白かったし大変参考になりました。
limeさんは、下書きされるんですね。
細かいですね。どうりでしっかりしたストーリー運びな
わけだ。さすがです。
私は大筋や、今残しとかないと忘れちゃう事とか、
そういうのはメモ帳でやってます。
紙に書くのが億劫だからなのですが(^_^;)
あとは、出先とかで随時ノートを使ってはいますが。
ただ、ノートの方が自由度が高いので、ノートは
ノートで便利な面もあるんですよね。

これからも、どんどんステキな作品を生み出していって
下さいね。楽しみにしてますので^^

narinariさんへ 

私は逆に、頭の中で組み立てて、すぐPCに打ち込める人が羨ましいです。
キーボードを眺めていたら、何も浮かばなくて・笑
きっとアナログ人間なんでしょう。
実際、下書きをする人は多いんでしょか。少ないんでしょうか。
気になりますよね・笑

私も手先で思いついたことはメモしたりするんですが、それが役にたったこと無いですね・笑
出先でノート。かっこいいなー。
やってみたい!
ああ、でも、出かけることが少ない・笑

バトン、改めてありがとうございました。
他の人が読んでも面白くないかな?とも思ったんですが、
私が楽しかったです・笑
narinariさんも、日々の日記、そして小説、がんばってくださいね。

NoTitle 

面白いですよ!

なんていうか、改めてlimeさんの書き方は、優しく物事をみつめている書き方なんだなぁって思いました。
キャラクターへの愛情とか、いろんな学問、事象への敬愛というか。

私にこんなバトンが回ってきたら、「いえ、べつにあまり考えてなくて・・・」とかそういう答えしか書けなくて恥ずかしいだろうな(笑)

秋沙さんへ 

面白い?よかった(^^ゞ
バトンって真面目に答えても面白くないかなあとも思ったり。

やっぱり私はキャラに頼りがちです。
自分が作るというより、勝手に彼らがドラマを作って行ってくれるので、
ありがたかったです。

・・・でも、もういないし (T_T)
大丈夫かな。
また呼び戻すかな、シロちゃん・笑

そうか!秋沙さんに回せばよかった・・。
でも、今はそれよりも、あの先を書いてもらわなきゃならないし(鬼・笑)
私も今、書いてる作品で煮詰まってます。
さて、抜けられるかなあ。

NoTitle 

やはり愛用辞書はウィキですか!
僕も記事作成でどれだけお世話になったか知れません。
まさに完全網羅ですよね。

僕は下書きナシです。煮詰まれば部屋の中をトコトコ歩き回って
おります。
脳が活性化されるのか、けっこう効果ありますよ。

そういえば僕の『古流~』はキャラ同士の会話がほとんどありません。
どちらかと言えばキャラを包む情景を書いている事の方が多いです。
≪キャラの立ち≫や展開をスムーズにする為には会話は必要ですね。
今度「マジ物」を書く時は(「古流~」もマジですが)会話を大切にしたいと思います。

鬼~~~~!(笑) 

あ、バトン受け取っちゃおうかな。(現実逃避)

蛇井さんへ 

やっぱりウィキですよね・笑
いつも思うのですが、あれって誰でも書きこめるんですよね。
それにしては統一されててきちんとしてる。不思議です。

蛇井さんも下書きなしですか。
でも、下書きっていうのは昔の小説家からしたら、変な表現ですね。
昔は紙に書く、それがすでに執筆だったんだから。

煮詰まると歩き回る。
これは分かります。
私はでも、歩き回るよりも、あきらめて他のことをしますね。
他に人のブログに遊びにいったり。
集中力がないんです・笑

蛇井さんにも回せばよかった。
もし良かったら持って行ってくださいね?バトン。
ぉ持ち帰りバトンです・笑

秋沙さんへ 

あ♪ もらってもらって~~♪ でも逃避しちゃだめ・笑
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【僕らの相対論 第1話 ルームメイト】へ
  • 【僕らの相対論 第2話 報われない山本君】へ