僕らの相対論1・トンネル効果の章

僕らの相対論 第1話 ルームメイト

 ←あらすじ →(雑記)物書きバトン。
「なあ、比奈木。トンネル効果(※1)で犯罪が出来ると思うか?」
光瀬が、携帯の画面を眺めながら、唐突に訊いてきた。
僕はそんな光瀬の質問をぼんやり聞きながら、じっと彼の目の前のカップラーメンを見ていた。
もうお湯を注がれて随分たっている。きっと中の乾麺はふやけてしまっているだろう。
けれど、食べごろを教えてあげるほど僕はお人よしではない。
実のところ、腹も立っている。

「なあ、比奈木ってば。トンネル効果で犯罪を解決出来ると思うか?」
質問が180度変わってしまったようだが気のせいか?
光瀬は少し猫っぽい大きな目をじっとこちらに向けてくる。
ああ、また始まった。訳の分からない量子力学系問答コーナーが。
僕は二人でシェアして使っている2Kのアパートの自室の天井を仰ぎ、気付かれないようにため息をついた。

「突然僕の部屋へ押し掛けて、勝手に人の貯蔵カップ麺にお湯を注いで、なにバカバカしい質問してんだよ」
僕の不機嫌さに少しは気付いたのか、光瀬が携帯画面から顔をあげて、僕の目を見た。
「悪いな。何も食べる物がなかったから。それよりさあ、トンネル効果だよ」
それよりって何だ。
「光瀬は僕が量子力学(※2)を取ってないことをからかいに来たのか?」
「まさか。宇宙物理学だって量子論は必修だろ? 多少の勉強をしてるのを考慮した上で、俺は真面目に比奈木の意見を聞こうと思ってるんだよ」
そう言って光瀬は端正な顔をますますキリリとさせた。
こいつは知的レベルが高い癖に、いつも意味不明な話題を振ってくる。
真面目に答えていいものかどうか、僕はいつでもその都度悩まなくちゃならない。

この、勝手に人の部屋に入り来み、勝手に人のカップ麺を食べようとしているのが光瀬雅臣(みつせ まさおみ)。僕、比奈木涼介(ひなき りょうすけ)と同じ19歳だ。

同じ工科大学に通ってはいるが、僕が一浪したために、彼が一年先輩と言うことになる。
彼は量子力学を専攻。僕は宇宙物理学。
実は同じ高校の同級生だったのだが、入試の日にキャンパスで彼に出会うまでは、彼がその大学に入っていたのを知らなかったほど僕らは高校時代の付き合いが薄かった。

入試の日に会場前でバッタリ出会った直後、光瀬は人なつっこい笑顔で僕に言ったのだ。
「もし受かったら住む部屋探すんだろ? 実家から遠いし。部屋探しってけっこう大変なんだよ。俺さあ、ちょうど2間のいいアパート見つけたんだ。でもちょっとばかし高いんで、ルームシェアして一緒に住まない?」
いい提案だと思ったが、その日はもうそれどころでは無かった。
二浪なんて出来ない自分は崖っぷちだったのだ。確か曖昧に笑ってその場をやり過ごしたと記憶している。

驚いたことに合格発表の日、自室のPCの前でその幸せを噛みしめた直後、光瀬から携帯に着信が入った。
そう言えばあの日、番号を交換したんだったっけ、とボンヤリ思い出しながら電話に出ると、いきなり「どうだった?」とテンション高めで訊いてきた。
合格を知らせると、まるで親戚のおじさんのようにように喜んでくれた。
親よりも誰よりも先に祝福してくれたのが光瀬だった。
そして、弾んだ声で彼は言った。
「比奈木、一緒に暮らそう!」

まるでプロポーズのような言葉をもらい、そして現在に至る。



・・・・・・・・・・・・・・・
(※1) トンネル効果
量子力学の分野で、通常の常識では越えることのできないはずの壁を、素粒子(電子)が一定の確率で通り抜けてしまう現象。
無から有を創世するトンネル効果は宇宙誕生の鍵となったと言われている。

(※2) 量子力学
私たちの日常の世界(マクロの世界)の物の動きとはかなり違ったルールを持つミクロの素粒子(光や電子)の振る舞いを記述する方法。理論。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【あらすじ】へ
  • 【(雑記)物書きバトン。】へ

~ Comment ~

NoTitle 

全編終わってみたら、実は光瀬は比奈木だったとかいうオチは……ないか。


トンネル効果で犯罪はできます。
自由自在に扱えたら、量子コンピュータをハッキングしほうだいだ!

また、犯罪にも犯罪の解決にもその効果は発揮されます。
そのためには、物理学上の障壁でなく、「法律の壁」をすりぬけるトンネル効果を知っておく必要がありますが(爆)。
そんなトンネル効果を知っていたらこっそり教えてください(^^)

それはそれとして。

(ぼそっと)

かなりや……。

ポール・ブリッツさんへ 

なんですか、そのオチは・笑

量子コンピューター自体まだまだ開発途中ですしね。
たかが19歳の光瀬にそんなたくらみがあるとは思えないんですが・・・。
まあ、最後のポールさんの突っ込みだけは予想できます。

かなりや・・・。そんなダジャレを一瞬でも疑われた村上が気の毒。

ついさっき読み終えましたよ。「ブルース」
なるほど、今まで読んだ中では群を抜いて猥雑。圧倒的な孤独。
倒錯し、ゆがんだ愛、性。
でも、徳山は一番純粋だったんじゃないでしょうか。
狂ってはいるけれども、狂わせたのは村上で。
作品中に漂う、鬱に引きずりこんでしまうような暗部が迫力でした。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ポール・ブリッツさんへ 

最後ほんと、徳山が可哀想になりました。
よくよく考えれば、あんな恐ろしい人間はいないのに。
そこが小説の不思議です。
この作者は、物語の描写を決して小奇麗に描きませんね。
必要以上に汚しまくっています。そこに何か、作者の意図をかんじます。
だから逆に、最後の徳山のピュアなシーンが浮き立ってくるのかもしれませんね。
でも、・・サチオ、可哀想だったなあ・・・。

鍵コメJさんへ 

さっそくありがとうございます!
わたしこそ、いつも16さんには励まされています。(名前言ってるし・笑)

色気も何もない二人ですが、よろしくお願いします。
(あ、感情移入はいりません、彼らは・笑)

でも、びっくり!
16さんは工科大だったんですね?
理数系でありながら、あのセンスある文体!うらやましい~(*^_^*)
そう、その「不確定性原理」も、二人の会話に出てきます。
今回のテーマではないので、本当にチョビットですが。

実際、本当にこの理論物理学を専攻していると、数式に追われて、
物理学の本当にファンタジックな面白さを見逃すかもしれません。
私のコメディはそんな深いとこまでいきませんが、
文系の目から見た、物理学の面白さをピックアップして、お話を膨らませていきたいなあと、無謀にも考えています。
トンネル効果の章は、ほんの短いバカバカしい話ですが・笑

新しいブログ、楽しみにしています!!

あわわわわ・・・ 

こんにちは…orz

高校のクラスが文系クラス。理数科系の成績は地を這うレベルで、大学も数学の試験のない美大を選んだ理数音痴の私が通りますよ…orz

光瀬さんという名前は、もしかしたら、あのSFの大家からとったのかしらん?くらいしか判らず、トンネル理論も一生懸命ググって調べました。
話が宇宙の成り立ちまで行ってしまい、ワタシの頭がビッグバンです(苦笑)

二人の登場人物はすごく個性的で楽しそうなので、会話についていけるよう努力!精進!します。

有村司さんへ 

おお、小説の方、読んでいただけますか!

しかし、この作品(笑)
私の作品の中で、一番の異端児ですwww
そういえば、fateさんも、ここから読んでくださいました。
(ここから入る人は、めずらしいです)

大丈夫!私も、超数字アレルギーの、文系人間です。
理数系は、まったくギリギリの成績でした。

でもね、この宇宙物理学、素粒子論は、もはやファンタジー。ロマンです。
どうぞ、文系人間の語る、物理学を楽しんで行ってください。
難しい理論の説明は、さらっと流して大丈夫ですよ^^

この二人、けっこうお気に入りなんです。

するどい!
光瀬は、光瀬龍先生の光瀬です。
あ、でも、光瀬龍先生の作品、一つしか読んだことありません。
「アンドロメダストーリーズ」^^

マイナーだなあ・・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【あらすじ】へ
  • 【(雑記)物書きバトン。】へ