「白昼夢 」
第10話 エレジー

白昼夢 第10話 エレジー(後編)

 ←(雑記)「ウィンブルドン」心惹きつける様々な要素 →白昼夢 最終話 夢の終わりに(前編)
片山は銀の鎖を握りしめたまま、また口をつぐんでしまった坂木をじっと見つめた。
彼が語りだすのを、ただじっと待っていた。
何故だかわからないが、今はそれが自分の仕事のように思えた。

坂木は一つ息を吐くと、ゆっくり口を開いた。

「自分の身に何が起ころうと、どんな運命に左右されようとも、いつもあいつは真っ直ぐ目を見開いていた。
One Eyed Angel。天使が閉じているのは自分を見つめる真実の目だ。自分の本当の姿を見る目を閉じていなければここでは人間としての心を保てないからだよ。そうすることは組織の理想であり、俺たちの生きるすべだった。
でも、あいつは。陽は自分を偽ったりできないんだ。いつも胸に痛みを抱きながら生きていた。自分が手に掛ける奴らの罪を、同じ人間である自分の罪だとして全部その身で受け止めていた」

坂木は苦しそうに一つ息を吸った。

「人が人を裁くことも神を気取ることも馬鹿げてる。だけど、死に値する奴らは確かに存在するんだ。自分の手はもう汚れてる。だからこの仕事は僕がやるんだ……って。あいつは一度だけ俺にそう言った」

坂木はゆっくり片山の方に向き直った。

「そんな奴でないとこの仕事はやっちゃいけない。必ず大きく道を踏み誤る。俺たちは悪魔と紙一重なんだよ」

片山は手にじっとりと汗をかいていた。
背中が強張るほど緊張しているのを感じた。

「服部さんが……こんど指導してくれる服部さんが言ってたんです。
もうここにはいないけど、すごく尊敬する人がいたんだって。陽……。その人なんですね? オレ……会ってみたいです。会えば坂木さんの言ってる事がわかるかもしれない」
「もう会えないよ」
坂木は諭すように片山に言った。
「あんたはまだ間に合う。犯した罪があるのなら償え。死にものぐるいで真っ当な人の道に引き返せ。俺はもう、……いやなんだよ」


「営業妨害だぞ、坂木」
ドスの利いた低い声が後ろから響いた。

坂木と片山が振り返った先で、辰巳は腕組みをして立っていた。
けれどその表情は声色に反して穏やかだ。
「片山、もうお前は部屋にもどれ」

片山はまだ坂木と話したい様子だったが、あきらめた表情をしたあと坂木に敬意のこもった一礼をし、重いドアを開けて帰っていった。

「相変わらず新入りを戸惑わせてくれるな、お前は」
辰巳の声は穏やかだったが、坂木は辰巳を見上げることもせず不満そうな声を出した。
「いまだにOEAは犯罪青年たちの再就職施設なのか?」
「まあ、そう言うな。片山はエリートなんだよ」
「一番危険なタイプだ」
「だからお前に会わせた」
「俺には何の力もないよ。だれも救えない。……だれも救えなかった」
辰巳は坂木の手に握られている銀の鎖をチラリと見た。
坂木はそれを隠すこともせず、ゆっくりと視線だけ眼下の街並みに移した。

「もう……大丈夫か? 坂木」
辰巳の声に、坂木は少し顔を上げたが、やはり振り向くことはしなかった。

「ああ、大丈夫だ」
「そうか。ならいいんだ」

辰巳は少しやつれたように感じる坂木の横顔にちらりと視線を移す。
ビルの屋上から見る街は殺風景で味気なかったが、五月の太陽は絶えず柔らかな陽射しで坂木を包んでいた。


ふいに坂木はベンチから立ち上がり、フェンスの所まで行くとゆっくりしゃがみ込んだ。
コンクリートの隙間から太陽の光を求めて葉を広げる小さなタンポポ。
ボールのように白く丸いフワフワしたわた毛が弾けんばかりに膨らみ、微かに揺れている。

そっと触れようと坂木がのばした指の先で、わた毛は何かから解き放たれたようにフワリと空中に舞い上がった。
ゆるい風にさらわれて坂木の指の間をすりぬけ、青い空へ吸い込まれていく。

もう 手に届かない。

――――――陽。

坂木はクロスを握りしめた。

辰巳にもう一度『大丈夫か?』と聞かれたら坂木は大丈夫だと言える自信はなかった。

またあの感覚が体の中心でよみがえる。
鉛を呑み込んだように胃の辺りが重く、息が苦しい。
フェンスをつかんでゆっくり立ち上がる。
空が少し近づいた。


------坂木さん


坂木は息を止めて振り返った。
けれどそこには青い空があるだけだ。
あの優しい、いたずらっぽい笑顔はそこにはなかった。
いつも坂木を気遣い、そばにいてくれたあの青年はもういなかった。
坂木はそれでもまだ何かを探すように幻聴の方を見つめている。


「坂木」
辰巳の声が喝を入れるようにビリリとその場に響いた。

「さあ、行くぞ。まだお前の仕事はいっぱい残ってる。お前にしかできない仕事だ。
俺たちが道を踏み誤らないようにしっかり舵をとってくれ」
坂木は緩慢な動きで辰巳を見た。

「ああ……。わかってるよ」
坂木は背を丸めたまま、階下に降りるべくゆっくりドアの方へ歩きはじめる。

すれ違う時、辰巳は静かに呟いた。
「お前は あいつの最後の言葉だけ覚えていろ」
「……」

「インターフェイス越しだが、俺にも確かに聞こえた。あの時、あいつはお前に“ありがとう”って言ったろ?」
坂木は辰巳をじっと見た。
「その言葉だけ忘れずにいろ。それがすべてだ」
辰巳はそれだけ言うと足早にドアを開け、階下へ降りていった。

まぶしい光の中一人取り残された坂木は、ゼンマイの切れた人形のように、しばらくその場に立っていた。

「俺は何も言ってやれなかった。……何も言ってやれなかったんだ」
坂木は手のクロスをそっと胸ポケットに戻すと、その上からギュッと握りしめた。

―――あいつは「ありがとう」と言ってくれたのに。


あの日は久々の「組み」の仕事だった。
『大丈夫。ちゃんと守るから』
潜入の前にそう言って笑った陽を、坂木はいつものようにムスッとして受け流した。
手間は掛るが、さほど危険を伴う仕事ではないはずだ。武器弾薬、非合法ドラッグの密売組織の初期潜入調査だった。
けれどその幾重にも張り巡らせたトラップは、侵入者を見逃しはしなかった。

坂木には見えていた。
警備員の構えた銃が捉えていたのは坂木だった。

けれど、サイレンサー特有の鈍い発砲音と同時に自分に体当たりしてきたのは弾丸ではなかった。
坂木は崩れ落ちる陽の体を支えながら、今まで一度も使ったことのない護身用のコルトを抜いた。
何が起きているのか、理解ができなかった。
ただ、長年の訓練に体が従うのに任せた。

理解できなかったのではない。
頭が拒否していたのだ。

足元に崩れ落ちた青年を、自分がどんなふうに抱きかかえ隣室に運び込んだのかその瞬間の記憶がない。
インターフェイスを通じて辰巳が声を荒げ何かを指示したが、それすらも坂木は全く覚えていなかった。

気が付くと坂木は横たわる青年に縋りつき、ただその名を呼んでいた。
何度も何度も声を震わせて叫び、抱きしめ、涙を流すことしかできなかった。

生気に戻る意識のはざまで、陽の背からあふれ出す血を止めようとするが震える手は何の役にも立たない。
青年がその腕の中で、やっと小さくささやいた言葉にも、冷静さを失った哀れな男は、まともに答えてやることもできなかった。


辰巳が応援を要請して彼らを見つけ出すまで、坂木は青年の名を呼び続けた。
けれど何度名前を呼んでも、もう陽は二度とその瞼を開けることはなかった。

気の狂いそうなほどの絶望と悲しみが坂木を貫き、出口のない闇に閉じ込めた。
そんな日が来るのを覚悟していないわけではなかったのというに。
坂木は赤く染まった手を握りしめ、声を震わせ、陽の体を抱きしめたままいつまでも泣き続けた。


あれから2年が経とうとしている。
後処理をし、移動をし、事務的手続きをし。
抜け殻だった体に時間という悲しい薬がなんとか血肉を与えてくれた。
けれど。
もう決して泣くまいと思っていたのに、あの日を思い出すだけで、あの笑顔を思い出すだけで、あとからあとから涙が溢れてくる。

今でもあのときの感触は坂木の体から離れない。
初めて出会ったときに抱きしめた頼りない細い体は、最後に抱きしめたあの日も同じように儚かった。

自分は、どれほどその華奢な体に頼っていたのか。
どれほど酷いことをしていたのか。
すべてが悔やまれてならなかった。
後悔と悲しみ以外に、何一つ残らなかった。

『ありがとう』
どうしてそのたった一言、苦しい息の下でやっと言ったあいつの最後の言葉に答えてやれなかったのか。

臓腑が煮えたぎるほど腹立たしくて、自分自身を殴りつけたくてたまらなかった。

「ごめんな、陽」
坂木は、もう何千回、何万回言ったかわからない言葉をつぶやいた。

ただ、ただその言葉を届けたかった。
何もしてやれなかった自分にいつも寄り添い、支えてくれた青年に。

「陽。ごめんな。許してくれなくていい。俺を恨んでくれていい。ただ、いまだにどうしていいかわからないんだ。この馬鹿な男を叱ってほしい。殴り飛ばしてほしい。俺は……俺は……」

坂木は胸のクロスを握りしめながら、突き抜ける青空の下、コンクリートの床に崩れ落ちた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)「ウィンブルドン」心惹きつける様々な要素】へ
  • 【白昼夢 最終話 夢の終わりに(前編)】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

ありがとうございます。あ、でも1話、2話は、ちょっと思い出してくださるだけでいいんですよ。
読みなおすのは大変ですから(^.^)
最終話が始まってすぐ、その意味が分かるはずです。

そうですね。陽はもういません。夢オチとかはありません・笑

うーむ 

これで終わりそうな雰囲気なんですけど、
まだ続くのですね。
第一話と第二話……うーん。ますますわからない。

「もしかしたらこうじゃないのか!」
というのを勝手に想像して待っています。

ヒロハルさんへ 

はい、いろいろ想像してみてください。

この10話、エレジーで終わらせたら、白昼夢はとんでもなく救いのないお話になってしまいます。
まあ、最初に言ったように決してハッピーエンドではないんですが。

そうですね、最終話は、せめてもの、○○○・・・でしょうか。

こんにちは。 

読んでて涙が出て来て止まりませんでした・・・・・・・

どういったら良いのか、上手く言葉が見つかりません。
でも坂木が言った
>「神を気取るなんて具の骨頂だ。だけど、死に値する奴らは確かに存在するんだ。」
この言葉の重みが、胸に響きました。

まだ終わりまであと少しあるみたいですので、頑張って最後まで読ませて頂きます。

何回でも読み直して行きたいお話しです。

蘭さんへ 

泣かせてしまったんですね。ごめんなさい(T_T)
でも、とてもうれしいです。

私が伝えたかった坂木と陽の、仕事に対する思いを受け取っていただけて
嬉しいです。
この10話では、そんな部分も書いておきたかったんです。

あと一話です。
そこに救いがあるのか、ないのか、私には答えが出せていません。
ただ、読んだ方の心を少しでもホッとさせたくて、最終話を書きました。
いや、もしかしたら、知りたくない事実を知ってしまうことになるかもしれませんが・・・・。
もう少し、お付き合いください。
コメントありがとうございました

NoTitle 

なるほど。こういうことでしたか。

天使が閉じている眼についての真意についてはさすがだと思いました。すばらしいです。……とはいえ、自分の目で自分は見えないよなあ、と思ったのも事実。いいセリフなだけになんとかしたいですね。

陽が言い残したことは書かずに、死んだ光景と、なにかを言い残したということだけを書いて、最後の言葉は読者の想像に任せるとか、小説の最後の一行に持ってくるとかしたほうが、より印象的だったかも……しれません。

ここで終わらせてもよかったような気がしますが、最終話でどんなことをしてくるのかとても楽しみです。
期待しています。


おすすめ本選択作業まだ続けています(^^)

少年とそれをやさしく見守る教師の面白い短編推理小説シリーズに、梶龍雄先生の「灰色の季節 ギョライ先生探偵ノート」というものがあったことを思い出して小躍りしましたが、今はアマゾンを使っても入手不可能でした。とほほほ。

大沢在昌先生の「アルバイト探偵」シリーズの主人公の高校生は、芯に一本とおったまっすぐな高校生ですが、不良といってもいいようなものすごい遊び人ですし違うよなあ。

難しい……。

そういやあ選択のために10年以上前の「このミス」をひっくり返したら、なんとかいう女流批評家が、「テリー・ホワイトの新作が読めない」ことについて愚痴っていましたが、よければその記事を書き写しましょうか?
(自分の首を絞めることだったかもしれん(爆))

ポール・ブリッツさんへ 

天使が閉じている目についての解釈。
なるほど、細かく考えればそうですね。
まあ、実際の目ではなく、比喩と捉えてくださったら、大丈夫かな?と・笑

陽の最後のことばですね?
そうか、最後に・・・。それも一つでしたね。
そんなに美化されすぎても、謎めかしすぎても釣り合わない素朴なことばですが。
最後に持ってきてグッと来て貰う。
そうさせる力量にちょっと欠けました。
陽は、これから坂木が背負うだろう苦悩を和らげてあげるために、頑張ってそう言ったんですが。
坂木にはうまく伝わらなかったみたいです。
そんなもどかしさを、最終話が和らげてくれますかどうか・・・。
あまり期待せずに、読んでみてください。

おお、いろいろ出てきますね。小説。
そうですね、手に入らないのはしかたないですね・・・。残念です。
あと、スパイスとして「切ない」感じが入ればなおいい。(何様・笑)
そしたら特に少年じゃなくても大丈夫です。(妙な注文)

テリーさんの新作が読めないのには訳が?
もしや、翻訳されてない作品があるとか?
気になる・・・。
書き写すのは大変でしょう。
2,3行でまとめてくだされば。。。(何の宿題よ・汗)

拍手鍵コメR−Mさんへ 

ああ〜。Mさんが「limeさんのばかーーー」って言いながら走っていっちゃった(*'o'*)

ごめんよーーーー。こんなことになっちゃって・・・。(>_<)

遅くなりまして・・・。 

あぁもう、何回読んだら涙せずに済むんだか(^^;

なるほど、だいぶ加筆したんですね。
以前に読んだとき、どういう状況でこうなったのか、ということが出てこなかったので、(あとで、limeさんとのメールのやり取りで知ったんでしたよね)そこを書いてくださってよかったと思います。
やはり、陽が坂木をかばって・・・というのは重要だと思ったので。

いろいろご意見が寄せられているようですが(^^;、私はこの後のお話のためにはこれでいいんだと思いますよ~。
limeさんらしい展開だと思うんです、次回作。

あぁそれにしても、終わっちゃうのは悲しいなぁ。
こうなるのは知っていた私でも、やっぱり悲しい。二度目の寂しさ(ToT)

これからもまだスピンオフ書かせてもらっていいですか?
お別れできないんだもん、この二人。

秋沙さんへ 

最初秋沙さんに読んでもらった時には、陽の最後の様子は2~3行だけでした。
このシチュエーションはしっかり作ってあったんですが、私に書く勇気がなくて。
でも、やっぱり最後の状況は坂木の気持ちを分かってもらうために大事なんじゃないかと思いました。

そして、一番変わったのはこのラスト。
坂木は常に自分を責めて終わっています。
最初は違っていましたからね。
これできっちり最終話に持ち込めます。
最終話も加筆していますので、また読んでみてくださいね。

どうか、いっぱいスピンオフ書いてください。
寂しくて・・・。

NoTitle 

陽の最後の言葉、これ以上ないくらい相応しい言葉。

救ってくれてありがとう。
側にいてくれてありがとう。

万感の思いが込められている。

人生は思うようにいかない、哀しいくらい違う方向に向いてしまう時がある。
だけど、側に愛する人がいてくれるだけで人でいられる。
陽が坂木に、坂木が陽に。
二人の思いに少し違いがあっても、側にいて心を温め合った。
陽は幸せだったと思います。

切なく、哀しみの影がつきまとう陽と云う人物を書き過ぎずに書いている。
読者にそれぞれの陽像を膨らませる。
素晴らしい作品。

明日も楽しみに遊びに来ヤーース。
ポチしてv-535

ぴゆうさんへ 

ありがとうございます(T_T)
何より陽という、わかりにくい青年をちゃんと受け入れてもらえて、うれしいです。
コメント読んで、泣きそうになりました。
(もう、最近涙もろいわあi-201

「ありがとう」という陽の最後の言葉。
あれが陽という人間をものがってるんです。
ぴゆうさんに伝わって良かった。

何が陽の幸せか、悲しみかは、陽にしか分からない。
多くを語っても、陽を表すことはできなくて。
でも、あの最後の言葉は、すべてが詰まっています。

坂木への感謝、愛、自分は不幸では無かったよというメッセージ、そして・・・。

ただ・・・自分を責めるあまり、その思いがちゃんと伝わってない男が一人います。
いつまでも自分を責めるこの、心優しい男に、最終話をささげたいと思います。

もう一話、白昼夢にお付き合いください^^

ぴゆうさんのおっしゃるように、読む人それぞれの中に、それぞれの陽が生まれてくれたら、嬉しいですe-267

NoTitle 

あー・・・坂木・・・抜け殻状態なんですか?
でも、陽は坂木といられた事が幸せなことだったんですよね。
だからあの言葉だったんですよね。
陽は幸せだったんですよね。。。
坂木も自分を責めないで幸せになって欲しい。。。

けいさんへ 

坂木には何年経っても、あの日のショックは消えないんでしょうね。
可哀想に。
そうなんです。
陽は幸せでした。
でも、坂木には、それを受け止められないんですよね。
悲しくて。

あまりにも可哀想なので、最終話を書きました。
願いをこめて・・・・。

いずれこうなることは… 

目に見えていました。

ただ陽を残して坂木が…よりも、救われた結末に見えるのは、私の眼が狂っているからでしょうか?

坂木は彼を失って、何度血反吐を吐く思いでその名を呼んだでしょう?声に、心に…。
そうして心に血を吐きながら、尚「生きていく」ことが、坂木の真の贖罪になるのかも知れません。
15年前「こちら側」へ少年を引き込んだ彼の罪科として…。

ああ…でも最終話が残っているんですよね…どういう気持ちで臨めば良いのか、まだ分かりません。


有村司さんへ 

>ただ陽を残して坂木が…よりも、救われた結末に見えるのは、私の眼が狂っているからでしょうか?

いえ、本当にそうです。
もしも陽の前で坂木が絶命してしまったら・・・。
想像するだけで泣けてきます。たぶん陽は坂木を追うでしょう。

きっと陽は幸せだったのだと思うんです。坂木を守れて。
けれど哀れな坂木は、それが分からず、ただ自分を責め、陽がいなくなった悲しみに耐えられずにいるんです。
罪なやつです。陽は。

最終話は、そんな悲しい坂木と、作者自身を慰めるために書きました。
本当はこの10話で、完結するつもりだったんですが。

次回は、坂木の本心が、語られます。
ゆる~い気持ちで読んでくださいね^^

俺たちは悪魔と紙一重なんだよ 

この物語、この静謐な空気が漂うこの世界では、ある意味、必然の成り行きだったのかも、と思いました。
いや、でも、実はびっくりしました。
えええええ~~~っ
と叫びそうになって、やられた! と思いました。
覚悟が全然出来ていない状況で、うおお! いきなりこれっ??? だったので、ぎゃあ~っ!!! と内心のたうちまわりましたが、何気に冷静にここまできました(・・;
(ウルセ~、コメントだ(-"-;)

必然、でしたね、確かに。
最初から陽って、透けて見える人だったから。
ヤバいよな~、って感じがずっとありましたもん。
無理だな~、fateは。結局、茉莉ちゃんも殺せなかったし、聖凛の最後だけで、かなり長い間、死んでましたから~(^^;

『花籠』も『スムリティ』も、今のところ、どうなるか分からないけど、恐らくいずれ双方の人物が入り乱れます。
その中で、誰か、死ぬかもな~、とは思いますが、基本、フザケた世界を描きたいだけだったので、予想はついておりません。

そうか、結局、陽は本当の天使になってしまったんだ。
ずっと、彼の背中には真っ白な翼が見えていたから、神様に呼ばれちゃったんだな、と。
坂木は人間そのもので、恐らく、その人間である部分をそぎ落とすまでは彼のもとへは行けないのだろう。
天使になるには、重いモノを抱き過ぎているから。
‘欲’と‘執着’を無くしていくことが人生の行路であり、‘闇’の昇華が天使への道であるとしたら、陽は初めからそういうモノが薄過ぎて、きっと坂木の魂を導くためだだけに地上に一時留まっただけだったのかも知れない、とすら思いました。

彼に遺した言葉。
それが、陽の生きた時間そのものの集約だったんだろうと。

見事だけど泣けます。
ひどいよ~、フェイントだった~

と、叫んで今日は帰ります(^^;

fateさんへ 

心にキュンと来るコメント、ありがとうございました。

fateさんの言葉を読みながら、改めて陽は天使の要素と宿命を持って生まれてきたんだな、と思いました。
‘欲’と‘執着’の無さは、人を、さらに高みにある者へ登らせる。
生にしがみついて汚れてもがむしゃらに生きるのが人間の宿命ならば、陽は、人間としては落第生。あるいみ、人間ではなかったのかもしれませんね。

>陽は初めからそういうモノが薄過ぎて、きっと坂木の魂を導くためだだけに地上に一時留まっただけだったのかも知れない、とすら思いました。

この言葉、ズキュンときました。
なんか、しみじみとうれしいです。

この陽の「最後」は、『サクラ』を書いた時に決まっていました。
ですから、あの後の物語はこの『エレジー』を踏まえてのものです。
実は秋沙さんには、『サクラ』のあとですでにこのエレジーを読んでもらっていました。
秋沙さんが『白昼夢』に引き込まれたのは、そのせいかもしれません。

やはり・・・大好きな人を死なせてしまうのは本当に苦しくて、後の喪失感はもう、大変ですよね。
fateさんが実行できないと言うのが、よくわかります。
バッドエンドは苦手な私が、こんな結末にしてしまったのは、ひとえに・・・陽のせいです(バカ野郎(;_;))

ああ、『花籠』、『スムリティ』早く読みたい。あの二つは、同じ世界なんですね?
そして、きっとまだまだ続くのですね!それがやっぱり、うれしい!


さて、陽とはまた別の純粋さを持った坂木。
この『エレジー』で終わってしまっては、この物語は悲し過ぎます。

このあと、坂木の本音を聞いてやってください。
今までの矛盾、坂木の、自分への欺瞞を吐き出させます。その先に、何があるのか・・。

どうか、最後までお付き合いください^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)「ウィンブルドン」心惹きつける様々な要素】へ
  • 【白昼夢 最終話 夢の終わりに(前編)】へ