「ラビット・ドットコム」
最終話 あの月が満ちるまでに

ラビット 最終話 あの月が満ちるまでに(1)

 ←(雑記)「アヒルと鴨のコインロッカー」映画&小説 →ラビット 最終話 あの月が満ちるまでに(2)
「ようし、いい子だ。おとなしくしてろよ。僕だって手荒なことはしたくないんだ」
稲葉はその艶やかな背中をそっと撫でた。

「そう。そうだ。爪を立てるんじゃないぞ」

これが美女相手なら様にもなるが、稲葉の腕の中でじっとしているのは一羽の灰色のオウムだった。

10日ほど前に事務所にやってきた金持ち風のツンとした老夫人が、本件の依頼人。
彼女はラビットに、逃げたオウム探してくれと、……いや『礼金は弾むから何としても探しなさい!』と言って来たのだ。

他にややこしい仕事を抱えていた宇佐美は、いっしょに依頼を聞いていた稲葉に、目で語った。《稲葉、たのむ》と。

《え、僕、オウムはペットショップで眺めた経験しかないんですが!》
と、やはり目で返事をした稲葉だが、結局その老夫人に押し切られる形となった。

「ようし、いい子だ。おとなしくしてろよ。僕だって手荒なことはしたくないんだ」
稲葉はその艶やかな背中をそっと撫でた。

「そう。そうだ。爪を立てるんじゃないぞ」


これが美女相手なら様にもなるが、稲葉の腕の中でじっとしているのは一羽の灰色のオウムだった。

10日ほど前に事務所にやってきた金持ち風のツンとした老夫人が、本件の依頼人。
彼女はラビットに、逃げたオウム探してくれと、……いや『礼金は弾むから何としても探しなさい!』と言って来たのだ。

他にややこしい仕事を抱えていた宇佐美は、いっしょに依頼を聞いていた稲葉に、目で語った。《稲葉、たのむ》と。

《え、僕、オウムはペットショップで眺めた経験しかないんですが!》
と、やはり目で返事をした稲葉だが、結局その老夫人に押し切られる形となった。

意外とおとなしい“ポー”を胸に抱いてエレベーターに乗り、事務所のあるフロアで降りた稲葉だったが、廊下の十数メートル先に目をやった後、足を止めた。

いつもと違う、ただならぬ空気を感じたのだ。

事務所の手前で宇佐美と知らない女が、深刻な表情で向き合っている。
女は宇佐美と同い年くらいだろうか。知的で物静かな印象の人だった。

ちょうど話が終わった所だったのか、女は無表情のまま、くるりと宇佐美に背を向けて稲葉の降りたエレベーターの方へ歩き出そうとした。
けれど宇佐美はその細い腕をぐっと掴んで引き留める。

稲葉は思わずエレベーターを回り込んで、柱の影に身をひそめた。
ポーが首を回して不思議そうに見上げて来たが、しーっ、とジェスチャーで制す。


「本当に行くつもりなのか?」

聞こえて来たのは、今まで聞いたことのない思い詰めた宇佐美の声だった。
稲葉は気になって仕方なく、そっと物陰から二人の様子を伺った。

「もう決めたから。どうかもう、忘れてください」

宇佐美から視線を逸らしたまま、女は言う。切なくて、苦しそうな声だ。

「もう、会うなと言うことか? あの子にも」

「ごめんなさい。もう忘れたいのよ、何もかも。全部まっさらにしてやり直したい」

「だけど」

「あなたが居なくても大丈夫だから」

稲葉の鼓動が早まる。

―――きっと聞いてはいけない話なんだ。どうしよう……。

稲葉はバクバクする鼓動をなだめながら、2人に見つからないように注意深く首をひっこめた。ポーを抱く手にも、じっとり汗が滲む。

けれどその時、稲葉の何がいけなかったのか、腕の中の小悪魔はいきなり大音量で声を張り上げた。最悪なタイミングだ。

『イイコダ ヨシ オトナシクシテロヨ! イイコダ オトナシクシテロ』
シンとした廊下に場違いな、けれど完璧な復唱が響いた。

言わずもがな。不審に思って覗き込んできた宇佐美にあっけなく見つかってしまう。

「何してんだ? 稲葉。いつからそこに居たの」
別にとがめるわけでもなく、いつものトーンで宇佐美は稲葉に訊いた。

「あ、いや、あの、僕はその……」

しどろもどろで慌てる稲葉だが、宇佐美はその腕にギュッと抱かれた灰色の生き物を見て理解したらしく、途端に笑顔になった。

「おお! やったな、稲葉。オウム捕まえてくれたんだ! すごいよ」

「そ、そう。ついさっき、そこで! だから今! たった今来たばかりなんです。ほんと!」

声が思わず上ずった。焦っているのはバレバレだ。
ついさっきまでは、ポーの捕獲で最高潮までに達していたテンションが、今はこの場に居たことを誤魔化そうとする子供のように、グダグダだった。

けれど宇佐美の表情はいつもと同じで、興味深そうに灰色のオウムを覗き込んでいる。演技ではなさそうだが、違和感があった。

きっと宇佐美のことだ、なぜ稲葉がドギマギしているのか分かっているだろうに。

そしてすぐ後ろで先ほどの女性が、潤んだ眼で宇佐美を見つめていることにも気づいているだろうに。

―――触れてほしくないんだ、僕には。

稲葉はそう思った。

「さようなら」

小さな声でそう言うと、女は宇佐美の前を横切り、エレベーターのボタンを押した。もう宇佐美の方を見ようともしない。

すぐに開いたドアに乗り込む女の後姿を、宇佐美の視線が追った。今までに見たことも無い、思い詰めた切なそうな目だ。
思わず、何の関係もない稲葉の胸がちくんと痛んだ。

サラリと揺れる女のショートボブの髪と細くて白いうなじが、やけに印象的で目に染みる。

宇佐美の口元が動いた気がしたが、けれどもう引き留める事はしなかった。

エレベーターのドアが静かに閉まり、女性は二人の視界から消えた。微かな機械音だけが響く。

稲葉はじっとドアを見つめて立っている宇佐美に、何と声をかけて良いのか分からなかった。
自分も微動だにせず、腕の中の鳥をギュッと抱く。

『イイコダ ヨシ オトナシクシテロ。イイコダ ヨシ』

けれど再びフロア中に甲高い声が響き渡った。どこにスイッチがあったのか。KYもいいところだ。

「ああもう黙れってばポー! なんでそれ覚えちゃったんだよ!」

「いったいポーに何を教えてんだよ稲葉。あの依頼人のおばあちゃん怒るぞ、そんな言葉覚えて帰ってきたら」

宇佐美が稲葉を見ながら可笑しそうに笑い出した。

「だってこいつ本当に1~2回聞いたら覚えちゃうんですもん。僕のせいじゃないですよ」

「それすごいね。天才オウムっていうのは本当だったんだな」

宇佐美は興味深そうにポーの顔を覗き込みながら、指の先でそっと灰色の小さな頭を撫でる。ポーはパタパタと瞬きしていたが、やがて気持ちよさそうに目を閉じた。

「ありがとうな稲葉、本当に助かったよ。一番面倒な仕事押しつけちゃって、すまなかった」

「いえ、僕もお役に立てて凄くうれしいです。このままずっと見つからなかったらどうしようって、すごく不安でしたから」

再び稲葉の中に、さっきまでの高揚感が戻って来た。
宇佐美の一言だけで、すべての苦労が報われる気がしてくるのが不思議だった。

改めて自分は、この人に惹かれてラビットに来たんだなと、実感させられる。

「あ、そうだ稲葉。悪いけど俺、これからすぐに出掛けなきゃならない用事ができたから留守番してくれる? 李々子も今、別の仕事で出かけてるんだ。そんなに遅くならないうちに帰ってくると思うんだけど」

「あ、はい。分かりました」

―――そうか、李々子さんは出かけてたんだ。って事は、さっきの女性が来た事もきっと知らない。

稲葉は心底ホッとし、オウムの頭を忙しく撫でた。

詳しい事情などまるで分からなかったが、絶対にあれは李々子に見せちゃいけないシーンだったと、稲葉は直感していた。

一旦事務所に戻り、書類一式をカバンに放り込むと、宇佐美は稲葉にもう一度ポー捕獲の労をねぎらった後、事務所を出て行った。

別段いつもと変わった様子はない。

ただ、先ほどの女性についてはやはり一切触れず、その事が余計にモゾモゾした違和感を残した。

いやあれは生保レディーでね、とかなんとか、嘘でもいいから取りつくろってくれれば、自分も、な~んだ担当が変わるんですね、とか、騙されたふりが出来たのに……。

あれはどう見ても、大切な女性との別れのシーンにしか見えなかった。
宇佐美のあの切なそうな目を思い出し、また胃がチリリと痛む。

稲葉は小さく息を吐き、もう余計な事は忘れようと、自分の作業に集中した。

逃げないように注意深く抱いていたポーを、飼い主の老婦人が用意してくれた鳥かごに移し、水と餌をセットする。

止まり木に止まって右に行き左に行き、せわしなく動きながらポーは鳥かごをきょろきょろ眺めている。10日間も放浪の旅を続けてきたにしては、ぽってりとして元気がいい。

やがて落ち着きを取り戻し、キューッ、グチュッと、オウムらしい声を出して水を飲み始めたポーを、稲葉は椅子に座ってじっと見つめた。
こうやって仕草を見ていると、間抜けな顔も、けっこう愛らしい。

くるくるよく動く首を見ているうちに、まだ昼間だというのに、次第に瞼が重くなってきた。先ほどの諸々の緊張感から解放されたせいだろう。
稲葉はそのまま机に突っ伏した。

このまま寝てしまっては留守番にならないと思いつつ、窓からの光も室温も心地よく、瞼が更に重くなる。

チュチュッ、グチュッ、というポーの声をBGMに、霞のかかった頭の中でさっきの二人の会話と映像がグルグルまわる。

―――あの女性は宇佐美さんの何だろう。恋人? もしかして別居中の奥さん? 

李々子さんならきっと、全部知ってるんだろうな。あの場に李々子さんが居たら、どんな表情を見せたんだろう……。

ぼんやりそんなことを考えているうちに、ついに到底抗えない最強の睡魔に襲われ、稲葉は心地よい昼下がりの窓辺で、すとんと眠りに落ちた。

      ***

チラチラと、瞼のむこうで光が揺れる。

「へんな顔してるね、この鳥」

ピンと張った、聞き覚えの無い声がすぐそばで響いた。

稲葉は眠りの底から一気に引き戻され顔を上げた。今がいつで、ここがどこかを思い出すのにたっぷり3秒かかって、ようやく声の主に視線を合わせる。

「え?」
けれど間抜けな言葉しか出てこない。

目の前に立って、鳥かごを覗き込んでいるのは、あまりにもこの場所にふさわしくない、1人の美しい少女だった。

中学生。いや、高校生くらいだろうか。
スラリとした体に、驚くほど長い脚、透き通るような白い肌。

大きな魅力的な目に長いまつげが影を落としている。
もう暑い時期は越したというのにノースリーブのブラウスと、ドキリとするほど際どい丈のショートパンツ。

セミロングの柔らかな髪は、染めているのかカフェオレ色で、肩のあたりでゆるくウエーブしている。

まるでファッション誌から抜け出て来たようなその少女は、ぐるりと部屋を見渡したあと稲葉を見おろし、おもいきりタメ口で訊いて来た。

「ねえ、宇佐美、いる?」

「……は?」



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)「アヒルと鴨のコインロッカー」映画&小説】へ
  • 【ラビット 最終話 あの月が満ちるまでに(2)】へ

~ Comment ~

はあ・・・・・・ 

これで最終回なのですね・・・・・・orz

早速、宇佐美さんの過去の片鱗が見えてきましたね。
作者さんの願いである「彼を嫌いにならないでし欲しい」とはいったい・・・・・・。

そうだ。limeさん。
このお話が完結したら、ラビットを漫画化してみてはどうでしょう!
無理か。笑。

漫画(*^_^*) 

>ヒロハルさん

早速ありがとうございます。
片鱗、バリバリ見えてきましたねえ。
なんだか、ここまでだと昼ドラみたいだけども・笑

今までみたいな堂々とした宇佐美じゃないですから、そんなところも含めて・・・。
嫌いになっちゃわないかなあ・・と、少し心配です。
今回はちょっぴり李々子との関係も変化が見えるかもです。

え、漫画ですか?
ああ~良いですね。誰かに描いてもらいたいです~(T_T)
(やはり他力本願)

漫画(^^) 

漫画より実写ですよね?limeさん(笑)
その際、私には李々子の役を・・・(まだ言う)

宇佐美を嫌いに?なんで?
私はやばいほど惚れちゃいましたよ?宇佐美に。
っていうか私、いつも「諒」って言ってますもんね、宇佐美のこと。
どこまで恋人気取りよ(笑)
夢の中では陽がいいけど、本当の恋人は諒がいいなぁ(怒らないでーーー)

実写~(^^) 

>秋沙さん

始まっちゃいましたよ、最終話。
寂しいです~。

そう、もし実写するなら秋沙さんには李々子を。
ふふ。
ふふふふ。
(何を想像してんだか)

そういえば宇佐美を諒って呼ぶのは李々子だけでしたね。
稲葉くんなんて、名前を誰も呼ばないし。
(知ってます?稲葉君の名前・笑)
あ、話が脱線してしまいました。

宇佐美、嫌いになりませんでした?
だったら嬉しいなあ。
俯瞰で観たら、やっぱり悪い・・・あ、また余計なことを言いそうに(汗

ゆ、夢の中で陽で、実際は諒!
( ̄□ ̄;)・・・・・(u_u*)ポッ

え? 

稲葉君の名前・・・?
シロちゃんぢゃないの・・・?(笑)

そういえば幸一君でした(^^;

たしかに今回の諒は、ちょっとウジウジして(以下、limeさんに口を押さえられたため略)

Re: え? 

>秋沙さん

ははは。そう、幸一くんです。
本気で知らなかったでしょう・笑
幸は薄そうですが幸一くんです。

そう、確かに今回の諒は弱腰でうじうじして・・・・コラヾ(`ε´)ノ

NoTitle 

なにがあっても稲葉くんなら大丈夫でしょう。

「百人乗っても大丈夫」ですから(笑)

っていつのCMだ。


実は宇佐美さん、ここでばっくれちゃって、今回の話は「ゴドーを待ちながら」みたいな筋になるというオチは……ないよな(爆)

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさん

そうか!100人乗っても大丈夫なんだ!
なんて頑丈な稲葉くん・・・・・って、物置ですか(`ε´)

ここまで引っ張って、ゴドーは来ませんでした、っていうのも面白いかもしれませんね。
さあ。
ポールさんにはいっぱい突っ込まれそうですが、お手柔らかに(^^ゞ

コメントしない言い訳 ... 

今日、秋沙さんからコメントいただきました。
嬉しかったです。

limeさんにコメントすること、あまりないですよね。
私の勝手な想いなのですが、笑わないでください。
《そーっと、手を触れないで、只、見ていたいブログ》って、表現が正しいかどうか分かりませんが ... 「DOOR」は、わたしにとってそういうブログなんです。
これからも、ストーカーしながら(笑)、静かに読ませていただきますから♪

日本はこれから夏本番~。
お体に気をつけてお過ごしください。

似てますね♪ 

>CoCoさん

秋沙さんも行ってくれましたか♪
よかった~。

いえいえ、わたしこそ、毎日のようにお邪魔しては、
コメントを残さず帰ってきていました。
なんというか、とても強い想いがあって書いてらっしゃるので、
能天気な私のコメントを残しては悪いような気がして。

そっと見ていたいというのは、私も同じでした。
(このブログに、そういってもらって、とっても嬉しいです)
これからも、そんな関係でいさせてください。(#^.^#)
あ、たまにコメントしたら、笑って読んでやってくださいね。

そちらもきっと暑いんでしょうね。
湿度は少ないのでしょうか。
お互い夏、乗り切りましょう~。

limeさん、こんばんは! 

先日はありがとうございます。

最近のこの暑さ・・・尋常ではないですね!
スタミナ、ガッツリつけないと乗り切れません...

体調管理、万全に...
どうぞ、お体ご自愛下さい。

今度、たっぷり時間とって、じっくり読まさせてもらいます。

今後とも、よろしくお願いします。

こんばんは~ 

>すとすさんへ

わあ、いらっしゃい。
お気遣いうれしいです。
こちらこそいつも楽しませていただいています。

私のところは小説ブログですが、ちょこちょこ雑記も書いていますので、
もしよろしかったら覗いてみてやってください(*^_^*)

隠し子?? 

いや、別に隠してないし(^^;

っていうか、ちょっと焦ったのはこちらとは関係のない『花籠』事情ででした~~~

まぁ、良い。
少し落ち着こう。
何やら深刻なスタートにドキドキしました。
でも、あれですね。宇佐美さんって実写でやったら合いそうな俳優さんいますねぇ! ほんとにぜひ、実写でやって欲しい!
テレビに任せちゃうと、勝手にシリーズ化されて、ハナシがどんどん増えそうではあるけど(^^;

これで最終ってなると、なんとなく、稲葉くんがあんまり活躍せずに最終話! ってところがちょっと切ない。
彼目線だと、もっと内容に絡みたかったなぁ、とか。
なんとなく、リクの玉城さんみたいな感じの役柄だったけど、玉城くんはすんげー活躍したから、ちょっと比較してしまったかなぁ?

過去には絡めないけど、やはり、電脳ウサギちゃんみたいな続編がもっとあっても良いかもよ~ん、とまだ最終話を拝読させていただいていないのに、もう、既に残念がっております(^^;

fateさんへ 

ん? なにかありました? 慌てること。花籠で?

あ、実写でやってほしいって、秋沙さんも言ってくれました。
これを書いている間、テレビシリーズを作っている感覚でもありました。
一時間ドラマで、ちょうどいい長さを、一話にして・・・^^

宇佐美は、どんな俳優が会うでしょうね。そんなに二枚目じゃないけど、インテリで温かい感じ。
稲葉くんはね、モデルがいるんです。
まだ、あまり売れてない俳優さん。
私生活や性格が、まったく稲葉君なんです。
二枚目なのにガキっぽくて残念な男w
だから、キャラ作りは必要なかったです。

さて、稲葉君は、最後まで活躍できないでしょうか。
卯月パパからの依頼。
「あいつを助けてやってほしい」
あの依頼です。稲葉君のファーストミッション。
この最終話で、・・・・。やっぱりだめなのかな?。。

最後まで、じっくり見てやってくださいね^^

ああ、なんか、また続編を書きたくなってきたけど・・・・。
どうしようかなあ・・・。(未練がましい作者)

全くの、独立した形で書くのもいいですね。続編と言う形じゃなくて。
(やっぱり未練がましい)

ついに最終ですね 

番外編のようなものがもうひとつ、あるのでしたっけ?
それでも、終わりが近づいてくると寂しいです。

ついこの間、オウムだったかインコだったかが迷子になって、自分の家の住所を覚えていたので飼い主に戻されたというニュースがありましたよね。
あれを思い出しつつ。
今回はオウムくんが重要になるのでしょうか。

テレビか映画かアニメか。
私もぜひ見たいですv-10

あかねさんへ 

ラビット最終話へ、ようこそ^^
やっと、宇佐美の過去が見えてきます。

あ、そんなニュースありましたよね。
確か、インコ。
自分の住所が言えるなんて、すてき~~。

ここでもこの天才オウム、いろんなところで登場します^^
だけど、事件を解決とか、そんなことには関わってきません~~。
(そもそも、事件はおこらないのです)

この後に、番外特別ドラマをご用意しております。
この最終話の、続き的エピソードも入っていますよ~~^^

(なぜか宣伝)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)「アヒルと鴨のコインロッカー」映画&小説】へ
  • 【ラビット 最終話 あの月が満ちるまでに(2)】へ