「白昼夢 」
第9話 天使の称号

白昼夢 第9話 天使の称号(9・終)

 ←白昼夢 第9話 天使の称号(8) →(雑記)劇団M.O.P.ファイナル公演「さらば八月のうた」
微かな物音に坂木が目を覚ますと、
寝室の窓際にシャワーを浴びてきたばかりの陽がバスタオルで髪を拭きながら立っていた。

「帰ってたのか」
坂木は安堵の息を漏らした。
酒の力を借りても心配は収まるはずもなく、寝ていたはずなのに体が凝り固まって疲れが抜けていなかった。
陽は坂木を見てニッコリ笑うと「おはよう」と言った。

「スッキリした顔をしてるな。うまくカタが付いたのか?」
「心配かけてごめん。もう大丈夫」
「ふん。心配なんてしてねえよ」
ここのところの陽の水臭さにかなり腹を立てていた坂木は、ワザとそっけない言い方をしてみた。
「うん。ちゃんとベッドで寝ててくれて安心した。またお酒ばかり飲んでたらどうしようと思ったよ」

バカ野郎! 酒も浴びるほど飲んだし心配だって山ほどしたんだ!
今度はそう怒鳴りたくなるのを坂木はぐっと堪えた。

その時坂木の携帯がメールの受信を知らせた。

なんだ?こんな朝っぱらから。
坂木はチラリと時間を確認して携帯を開いた。
「ん? 辰巳からだ。何でメールなんだ?」
坂木の言葉に反応して一瞬陽は表情を硬くした。
「・・・なんだ、この膨大な文字数のメールは! ヒマか? あいつは」
鬱陶しそうに坂木はその長文のメールを読み始めた。
けれど読み進めるにつれてその表情が険しくなっていく。
次第に画面に食い入るように顔を近づけ、まばたきもせず文字を追う目はやや充血してきた。

陽はそんな坂木の様子に気付くと、少し緊張したような様子でそっとリビングへ続くドアに近づいた。
「ちょっと待て、陽! ここに居ろ!」
目の端で逃げようとする陽を捉えて大声で怒鳴った坂木は、そのまま更に最後までそのメールを読み進めた。

陽はイタズラを見つかって叱られた子供のように所在なさげにドアの前に立った。
メールを読み終えた坂木は怒りに任せて立ち上がり、ベッドに携帯を投げつけた。
スプリングに跳ね返った携帯が乾いた音を立てて床に落ちる。
「黒崎のヤロウ、ぶっ殺してやる!!」
血走った目で、ドアの前に立つ陽をグイと押しのけると坂木はドアの取っ手に手をかけた。
やはり辰巳のメールは今朝の出来事の報告だった。
そしてそれにはかなり細かく事の詳細が書いてあったのだ。

「坂木さん、どこに行く気?」
慌てて陽は坂木の腕を掴んだ。
「お前への説教は後だ! まずあいつをぶっ殺してやる! ボスが処刑宣告したとしてもその前に俺がこの手で殺ってやる!」
坂木は陽の手を乱暴に振り払うとドアレバーをぐっと引いた。
「だめだって!」
更に力強く掴んだ陽の手を坂木はまた振り払う。
「じゃまするな!」
けれど陽は背後から手を回し、強く抱き留めるような形で坂木を動けなくした。
さすがにビックリして一瞬動きを止める坂木。
陽は興奮している坂木にそのままの姿勢で静かに言った。
「ごめんね。でも、僕は大丈夫だから」
「……」

諭すような、懇願するような響き。
坂木は少し諦めた形でなんとか気持ちを静め陽を振り返った。

ゆっくり体を離した陽はホッとしたように小さく息を吐いた後、
今度は少しすねた声で独り言のようにポツリと言った。

「だから嫌だったんだ。・・・絶対意地悪だ、辰巳さん」
「あ?」
坂木は不服そうな顔をして窓際に歩いて行った陽を目で追う。
「なんでだ?」
陽は窓の外を眺めたまま、もうそれには触れない。
まだ髪を拭きながら黙って下の方を覗き込んでいる。

けれどそのうち不意に嬉しそうな顔をして陽は坂木を振り返った。
「ねえねえ、坂木さん、来て」
「ん?」
陽は小さく手招きすると窓際に坂木を立たせて下を指さした。
三階のその部屋からは外の様子がよく見える。
窓はちょうど裏にある公園に面していて、石畳の道をジョギングする男性や、出勤のため駅に向かうサラリーマンの姿がポツポツ確認できた。

そして葉の茂りの薄い街路樹の隙間に、あの白い野良犬がちょこんと座って道行く人を見ていた。
陽は犬が元気でいるのが嬉しかったのだろう。
坂木はただ黙ってしばらくの間その犬を見ていた。
苛立った気持ちを何とか抑えようとでもするように。

思えばいつもこうやって、すぐに頭に血がのぼる自分を陽は諫めてくれた。
間違った怒りではないはずだが、爆発させてもどうしようもない感情だった。
熱が出たときに冷たいタオルを額に当てる。そんな感覚でこの青年は怒りをいつも静めてくれた。

“おまえの悲しみは、怒りは、どこへ行くというんだ。”
坂木は喉元からこみ上げてくるものを、ぐっとこらえた。

犬は常に周りを警戒してはいるが、笑顔で近づいて来る優しそうな人間には時折しっぽを振る。
こんなにホテルに近い場所まで来てしまった。
坂木はやりきれない想いにとらわれた。
もうだめだな。
捕まるのは時間の問題だ。
その前にここを出よう。
きっと陽は悲しがる。

「そういえば辰巳から移動の指示が出てたよ。次は海のそばの景色のいい場所だってよ。どうせなら夏が良かったよなあ」
てっきり後ろに立っていると思って話しかけたのだが、陽の反応は無かった。
不思議に思って振り返ると、陽はいつの間にか自分のベッドで猫のように背を丸めて眠っていた。

「・・・こいつ」
人を力づくでなだめておいて今度は拗ねて、子供みたいに嬉しそうにしてるかと思えばいつのまにか眠ってしまった。
坂木はまた一つ溜息をついた。
「仕方ないな・・・説教はまた今度にしてやるよ」
まだ髪を濡らしたまま子供のように小さく寝息を立てている青年を見て、坂木はほんの少し笑った。
目を覚ましたら、すぐにここを出よう。

「辛かったな、陽」

坂木は薄い毛布をその体に掛けてやると、
そっと静かに窓のカーテンを閉めた。



      (天使の称号・END)




---------------------------------------------------------------

第9話まで読んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。

「白昼夢」はこのあと、10話(前)(後)、最終話(前)(後)で、すべてを終えます。
10話は、普通の小説ではブーイングが来るような展開になっていますが、
これこそブログ小説ならではの我が儘だと、笑って読んでくだされば嬉しいです。
11話(最終話)は、どうにもやりきれない私の想いと、今までの矛盾を解くべく追加しました。
いずれも短いですので、どうか夢の終わり、作者の決着の付け方を見て行ってください。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第9話 天使の称号(8)】へ
  • 【(雑記)劇団M.O.P.ファイナル公演「さらば八月のうた」】へ

~ Comment ~

NoTitle 

普通の小説でブーイングが出るような展開というと、OEAにより洗脳を受けた陽と坂木が血も涙もないほんもののキリングマシーンになって、事件の場を目撃した無力な人々の命もためらいなく奪ってしまうようになる、というものしか想像できませんが……。

考えすぎですねそうですね(汗)

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさん

考え過ぎにも程があるwwww
それはもはや「白昼夢」ではなく・・・笑

そうですねえ、何と言いましょうか。
「え?1話飛んだ?」的なww

お疲れさまでした。 

坂木さんのさりげない優しさというのが本当素敵ですよね。
恥ずかしがり屋さんなのではっきりと表に出さないところがどこかカッコいいです。

白昼夢ももうすぐ終わりなんですね。
ラビットも終わっちゃうし、
ということは、再びRIKUですか!

ありがとうございます 

>ヒロハルさん

そうですね、恥ずかしがり屋の不器用男です・笑
でもカッコいいと言われたのは初めてですね。本人に聴かせてあげたいです(*´∀`)

もう、彼らと過ごすのもあと少しです。
終わりはいつも寂しいものですね。

この二つが終わってからが私の正念場です。
RIKU・・・もし書いたら読んでいただけますか??(´Д`。)
RIKUは、最終回というものはないので、書きたい時に書ける唯一のお話です。
ちょっとひねくれ者ですが、もしも連載したら、応援してやってくださいm(_ _)m

こんばんは~~^^ 

読みに来ちゃいましたよ、limeさんv-391

うん・・・何か「らしい」終わり方で、納得出来ましたv-398
物悲しい中にも、ちょっぴりほっこりとするような・・・・。
そして、あの公園の「犬」が登場するとは・・・これもまた、limeさんも手法なのかな?v-290

ええっ!? えええええっっっっ!!??
もう最終章に近いんですね!!
・・・哀しい・・・淋しい・・・・・・
でも、最後まで読み続けたいと思ってます。

二人の行く末をどうしても知りたい・・・・。
応援してます。

Re: こんばんは~~^^ 

>蘭さん

9話も最後まで読んでくださって、ほんとうに嬉しいです。
救いのなさそうな彼らですが、ふたりの優しさで、少し温かいものを生み出せれば・・・と思いました。
あの犬の運命も悲しいものになりそうですが、お話の裏で奇跡が起きるのを願います。

そう、もう終わりなんです(ToT)
寂しいと言っていただけるのが、何よりうれしいです。
しばらく別の連載を挟みますが、また思い出したら、覗いてみてやってください。
3週間くらいかかるかもしれませんが・・・(^^ゞ

コメント、いつもありがとうございます(#^.^#)

NoTitle 

いきなり私の名前が出てきて驚いた(笑)


そうそう、ラビットの次のお話は確かに「え!?」でしたね(^^;
「これ、白昼夢じゃないよね?ラビットだよね?」とでも言うような驚きでしょうか。う~ん、ちょっと違うかな。
とにかく、ラビットって何のジャンルだったっけ?と悩んでしまう始まりなんですよね。あ、言っちゃってよかったかな~?

でも、ちゃ~~~んと、limeさんらしい展開になりますから、皆さん安心して(?)、楽しんでくださいませ。


あ~~~、白昼夢シリーズ、もう終わりに近いですね。
さびしいよぉ、limeさん。また書いて・・・ここまで書いたんだもの・・・。

みなさ~~~ん、実はね~~~、limeさんったら、白昼夢シリーズ、一作書くたびに「これでおしまい」って言い続けながらここまで書いてくださってたんですよ~~~ぉ。
お願いしたらまた書いてくれるかもしれませんよ~~~~ぉ。

(削除されそうだな、このコメント)

Re: NoTitle 

>秋沙さん

いっぱい楽しいコメントありがとう・笑

そういえば白昼夢は「もうこれでおしまい」って思いながら一話一話書いてましたねえ。
でも、どこかで終わらせてあげないといけないとも思いながら。
白昼夢は、もうあれで終わりでしょうね。ぐすん。
あとは秋沙さんのスピンオフで楽しみます(*^_^*)
本当に楽しみにしてるんですからね~~。と、プレッシャー・笑

ラビットも終わっちゃいますねえ。

しかし、ラビットの最終話、もう一度最終チェックがいっぱい必要だなあ・・・・(^_^;)

文字で表現する人間像 

白昼夢を読みましたよ。
お話が始まった当初からの読者さんは、1話読み終える度に、次が公開されるのを今か今かと待ちわびたことでしょう。
それを思うと、手元に一冊の本を頂いたようにとても贅沢な気分でゆったりと楽しむことができました。
普段あまり小説を読むことがなかったので、登場人物の人間像や魅力の書き分けや事件の臨場感、こんな風に文字で表現するんだと感心するばかりです。(映画を観ているようでした。)
まだまだあの二人の仕事を覗きたいですね。
そしてこっそりと魅力に触れたいですね。

10話と最終話で終ると知り、何とも寂しいです。
でも、楽しみにしてますね。

銀さんへ 

この長い白昼夢を、9話まで読んでくださったのですね。
本当にうれしいです!
このお話は初めて書いた作品ですし、拙い部分がいっぱいなんですが思い入れが大きいので、
人物像に魅力を感じていただいてとても感激です。

一話一話、もうこれで終わり・・と、思いつつ書いていったので、こんなに長くなると思いませんでした。
そして、10、11話は、「これで本当にもう終わりにしてあげよう」と、思って書きました。
お時間のあるときに、また遊びに来てくださいね。
コメント、ほんとうにありがとうございました。

NoTitle 

陽がこの女性に対し、葛藤してないことに嬉しくもあり、哀しくもある。
本来なら迷いがあるのが普通だし、頷ける。
だけど母と似た(どうしようもない女・・・)その人を救うことに躊躇もない。

かたや組織の非情さを体現しているような黒崎。
そこが面白かった。
黒崎は自己の為、仕事を完璧にしたかった。
ばれないように細心の注意も払っていたのだろう。
それには完璧に見えることが何よりも大事だった。
寄生虫のような奴だわ。

方や陽には自己はない、保身もない。
自信の命にこうも無欲なのが哀しい。

二人の生き様の違いが生への執着との違いだとしたら、とてもじゃないが陽のような高みには昇れない。
生きようとしてないんだもの。
野良ちゃんでさえ頑張っているのさ。

ぴゆうさんへ 

もう、陽は女を救うのに、まったく葛藤はありませんね。
それはもう、「母親」を、少しも恨まず、ただ愛している陽の心の現れで。
かわいそうな子でもあるし、「生き抜く」という使命を受けた人間としては、落第生なんでしょうi-241
陽は、「誰かの為に生きる」ことでしか、生きる意味を見いだせなかった子です。

苦労するのは、坂木です。
もう、このお話は、それに尽きるかも。
坂木があの夜、拾ってしまったのは、いったい何だったのか。
このお話は、たぶん、そんなお話です。

黒崎は・・・・亡者のように私利私欲と生にしがみ付きますね・笑
まったく、両極端。
まあ、あいつには、きっちり罪を償ってもらいましょう。
ある意味、OEAの本質は、黒崎なのかもしれませんが・・・。

あと2話で白昼夢も、終わります。
ああ、きっと、次回のお話は、ぴゆうさんを怒らせちゃうなあ(^.^;)

NoTitle 

恐らく坂木のそばにいるときだけぐっすりと眠れるのだろう、陽・・・
眠れる時にゆっくりと。
終盤に向かって私は眠れません!

けいさんへ 

そう、陽にとって安心して身を委ねられるのは坂木だけ。
それでもまだ、語らない部分はいっぱいあるんですがね。
けいさんまで眠れなくしちゃうとは。
申し訳ない!

我慢の子 

初めて陽君が人らしい行動を取った…ことは、即、組織では死を意味する…。辰巳さんが上手く動いてくれなければ、どうなっていたかと恐ろしいです。

そして坂木さんという「枷」がなければ、陽君は生きる道など選ばなかっただろうと…。

あと二話で終わりですか…寂しいですが、急いで読まないように我慢の子です。

有村司さんへ 

本当に、辰巳、グッジョブでした^^;
彼もちょっと変わってきたでしょ?

本当に、危なっかしい陽ですが、やっと少しばかり感情を出してくれました。
まあ、坂木は生きた心地がしなかったでしょうが。

長い9話を読み切ってくださって、本当にありがとうどざいます。

あと、2話で完結してしまいます。
2話とも短いです^^;

書き終えてしばらくは気持ちが沈んでしまって浮上できなかった「エレジー」。
そして浮上するために書いた「最終話」に、どうぞお付き合いください^^

なるほど~ 

そういえば、すっかり忘れておりました、ロシア支部での不穏な動きを(^^;
アホか~!!!

何しろ、fateはお気楽なので、そういう頭の良い人がしでかす画策とか暗躍とか描けないので、『花籠』も組織というより、元締め一人だけが実験を握っていて、幹部とか上層部とか何にもない状態なんです。
そこに中継点としての‘店’が存在するだけ。
お互いが協力し合っている、共存共栄的な。
『スムリティ』はどちらかというと養育・教育機関だし。

いやぁ、平和に集結して良かったです。
これは、陽と坂木、辰巳さんもだけど、成長物語みたいですね。
常に模索と葛藤がつきものの世界ですが、もがき苦しみながらも、OEAも良い方向へ進んでいってもらいたいと思います。

‘天使’の称号、の意味、華麗に描き切っておりましたね!!!
いろいろ最後になって、そういえばそうか! と今更思いましたが、その収め方に感嘆いたしました(^^)

fateさんへ 

おお、最後まで読んでくださったんですね。
ありがとうございます^^

そうなんです、最初の辰巳の何気ない話が、絡んでいました。
いえいえ、こういうのも反省点でして。
私がなにかキャラに込み入った話をさせると、きっとそれが後々、大事な要素になってくる・・・・というのが今までのパターンで。
これは・・・いつかオチがバレるな・・・と危惧しています。

9話は、なんとか平和に終わることができました。
ちょっぴり、お約束・・・てきな展開でしたが、まあ、ねえ(^^ゞ(なんだ)

今回は、ちょっと辰巳にいろいろ活躍してもらいました。
幹部である辰巳に、言わせて見たかったこともあるかもしれません。
お前たちは、天使なんだって。
そのあたり、気に入ってもらえてとってもうれしかったです^^e-267

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

こんばんは!9章も、最後まで読んでくださって、うれしいです。

鍵コメでも大歓迎ですよ!
私の方こそ、なかなかコメできなくてごめんなさい><

そうなんです。まさに、坂木の心配の仕方は異常ですよね^^;
それが彼なりの愛情なんでしょうが。
「地位や階級はいらない」というセリフ、共感してくださってうれしいです。
陽は、そんな世俗的な欲は、全く持たない人間で。ただ、一緒にいたいと思える人の傍で、生きていければいいと・・・。(なんか、犬みたい^^;)
Kさんも、共感してくださってうれしいです。

けれど、次回の「エレジー」で、とんでもないことが起きます。
小説としては、たぶんタブーなのではないかという展開で。
でも、それを受け入れて下されば、最終章で、私が描きたかったことが見えてくると信じています。
あと少し、この物語にお付き合いください^^

サッカーについては、いろいろ思うことがありますよね!
こちらは、Kさんのブログで、また語りましょうね。
私も最近のニュースに疎いので、Kさんの情報を楽しみにしています。

鍵コメでも、大歓迎ですよ。
私の方も、また読みすすめたあと、コメさせていただきますね。(最近休みがなくて、なかなかゆっくりお邪魔できずにすみません><)
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第9話 天使の称号(8)】へ
  • 【(雑記)劇団M.O.P.ファイナル公演「さらば八月のうた」】へ