「白昼夢 」
第9話 天使の称号

白昼夢 第9話 天使の称号(7)

 ←白昼夢 第9話 天使の称号(6) →(雑記)がんばれメジロくん。
陽は自分が連れて来られたその部屋をぐるりと見渡した。
第三支部地下2階。
薄汚れたコンクリートの壁にはむき出しの錆びた鉄筋が張り巡らされている。
澱んだ空気はしばらく人の出入りがされてないことを感じさせた。
腕を掴んで乱暴に陽をこの部屋に招き入れたスーツの男はドアの外に消え、
替わりに黒崎が靴音を響かせて入ってきた。

「お前の相棒も一緒に来るように端末に連絡を入れたはずだが」
黒崎は能面のような表情で陽に言った。
「あの人には関係ありません」
少し強い口調で答えた陽をじっと見据えて黒崎はわざとらしく溜息をついた。

「俺がナメられてるのか、お前に言葉が通じないのか、どっちだ?俺はお前に女を消して来いと言ったんだ。素直に行く振りだけして時間稼ぎしやがって」
「やっぱり聞いてたんですね」
陽はクスッと笑った。
黒崎の目がギラリと光って陽を睨みつけた。
「どうやら本当にナメられてるらしいな。お前は自分の立場を分かってるのか?」

陽は真っ直ぐ黒崎を見つめると、はっきりした口調で言った。
「彼女が警察や誰かに口外したりすることは絶対にありません。彼女に手を出しても無意味です」
「無意味かどうかを決めるのはお前じゃない。すべてこの俺だ! 仕事を一瞬でも見た人間が存在するだけで組織にとって大きなマイナスなんだよ。あんな男に金で買われて生きているような腐った女、一人や二人消してなんだって言うんだ?」
「・・・」

陽は左手をぐっと握りしめて怒りを堪えるように体を強ばらせた。
黒崎はニヤリと下卑た笑いを陽に向ける。
「おっと、すまなかった。お前の母親も同じだったな。堕落した世界の人間だ。それであの女に同情したか? 自分の母親を殺すようで、嫌か?」
そう言って喉の奥でカエルのような籠もった笑いを漏らす。
陽は握った手に更に力を入れ、目の前で笑っている男を睨んだ。

「まあいい。あの女が見たのはお前だけだ。OEAの存在さえ知られなければ問題ない。あの女を始末できないのなら、お前が消えろ」
黒崎は腰の後ろに手をやると、その分厚い手にすっぽり収まるくらいの小さなリボルバー式拳銃を取り出し、ゆっくり銃口を陽に向けた。
陽は一瞬ピクリと体を反応させたが、さらに挑むように黒崎を真っ直ぐ見た。

「俺はお前みたいな奴が大嫌いなんだよ。自分の立場もわきまえずに上に楯突くような奴がな。本部のやり方が生ぬるいからそんな奴が出てくる。使えない奴は一掃すればいいんだ。それが合理化ってもんさ。なあ、そう思わないか?」
黒崎はアゴを上げ、見下したような視線を再び陽に向けた。
「最後にもう一度聞いてやる。俺の命令に従え! YES か、NO か!」

耳の痛くなるような静寂がその場を満たした。
陽は迷いのない真っ直ぐな目を黒崎に向け、強い口調で言った。

「NO」

黒崎は鼻にシワを寄せるようにして顔を歪ませ、忌々しそうに言葉を吐き捨てた。
「使い魔ごときが。 お前のような奴は必要ない」
黒崎は太い親指で撃鉄を起こすと引き金に指をかけ、陽の額に銃口を向けた。

陽の脳裏に一瞬、あの男の顔が浮かんだ。

唯一自分を理解し、ずっとそばに居てくれると言った男。
何も無い自分に、生きろと言ってくれた。
“勝手なことをして”と、彼は怒るだろうか。
心臓を掴まれるような痛みを感じて陽は、ゆっくりと目を閉じた。


「そいつに少しでも傷を負わせて見ろ。その頭をぶち抜いてやる!」
ふいに低くよく通る声が響いた。

ハッと息を吸い込む音をたてて黒崎が振り返る。
勢いよく体を退いたため足がもつれ、不格好に大きくよろけた。
陽も顔を上げ、声の方向を見た。
辰巳が黒崎の顔にピタリと照準を合わせ、慣れた手つきでコルトを構えている。

黒崎はチッと小さく舌打ちをして構えていた銃を下ろすと、口の端に薄笑いを浮かべながら辰巳に向き直った。
「やめてくださいよ辰巳さん。OEAのルールに従わないこいつを指導してただけです。そんな物騒なもの私に向けないでもらえませんかね」
口元にさらに卑屈な笑いを浮かべながも黒崎の目は憎々しげに辰巳を睨んでいた。
辰巳はコルトの照準をぴくりとも動かさない。

「二度とそいつを使い魔などと言うな。悪魔はお前の方だ」
辰巳は極限まで達した怒りを辛うじて抑えながら、静かに言った。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第9話 天使の称号(6)】へ
  • 【(雑記)がんばれメジロくん。】へ

~ Comment ~

おお? 

だいぶ修正したんですねぇ?
すっごく陽の心がわかるようになりました~。

なんど読んでも、辰巳に惚れてしまう(笑)

そうなんです 

>秋沙さん

ずいぶん加筆してしまいました。
この部分は、だれの視点も入ってなかったので、
陽の気持ちを入れてみたんですが、語り過ぎたかなという後悔もあります。
でも、もうこの部分しか彼は語れないし・・・いいですよね。

辰巳、いい奴です(*^_^*)

NoTitle 

いろいろと異論はあるでしょうが、首尾一貫性としては黒崎さんのほうが首尾一貫していると思います。

だいたい、こういう組織の存在自体が間違っていると思ってますので……。

辰巳さんがやったことも、陽くんの命を数ヶ月延ばしたくらいのことではないかなあ。

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツ

実際のところ、黒崎のやり方でないと組織は存続できないです。
でも、そうなったらもう、ただの殺戮集団でしかなく。

ここで殺される人間の厳選がどういうふうに決められるかには触れてませんが
そこに利益が発生しないという事から邪な集団ではないと理解していただきたい。
ただ、決して「善」でもない。
かなり危うい組織です、OEA。
(この辺のところは10話で少しだけ触れます)

たしかに辰巳は甘い。その甘さが崩壊につながる。
でも、それでもやっぱり辰巳にはこう出てほしいんですよね。

しかし、悪役キャラだったのに・・・辰巳。

こんばんは^^ 

やっと追い付きました、ストーカー蘭です^^;
(って、まだこの『白昼夢』だけなんですけど・笑)

良いですね~辰巳琢郎・・・おっと間違えました、辰巳さんv-290
良い仕事してますv-345
寸での所で止められた大佐・・・おっと、また間違った(笑)黒崎。
何か、コレだけでは済みそうにない匂いがプンプンするのですが・・・・

自分の母親と希美子(あれ?名前こうだったっけ??)を重ねて見てしまった陽。
彼女は、お腹の中に宿った命を「希望」だと言った。
陽は、彼女のこの言葉で救われた気持ちになったのでしょうか・・・。

先が楽しみです♪ワクワクワク・・・v-290

Re: こんばんは^^ 

>蘭さん

いつもありがとうございます!
辰巳琢郎(じゃないって)、良い奴なんです。
KYなんですけどね・笑

陽と希美子の会話も、ちゃんと読みとって戴いて感激です。
陽は本当に喋りませんからね。
感情移入が難しいかもしれません。
なんとか頑張って、感じていただけることを願っております(*^_^*)
(8)の更新は明日になりますが、よろしかったら見に来てやってください。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

Kさん、こんばんは。

そうなんです。黒崎って、物語的に非道で利己的で嫌な奴なんだけど、組織的には正しいのですよね。
非道にならなければ、組織は崩壊してしまう。
もともと、OEAは、そんな、どす黒い組織なのですから。

問題は、陽や、坂木のほうですよね。清くあろうとしてしまった。
辰巳の、あの言葉を気に入ってもらえて嬉しいです。
辰巳も、最初は冷徹な、組織の人間だったんですが、どうもこのごろ、坂木や陽に感化されてしまったようです^^
OEAは、変わるのでしょうかね。

一話を、どれくらいに抑えるかは、悩みますね。
できれば2500文字くらいに抑えようと思っているのですが、最近の作品は、どんどん長くなてしまって。
Kさんの気持ち、わかります。

私は、一話の字数を削るのはやめて、全体のぜい肉や、いらないシーンをカットするように心がけています。
このシーンは、全体の構成の上で、必要かどうかをプロットの段階で考え、いらないと思ったら、ごっそり削除します。
一話分の字数は減らなくても、物語全体がコンパクトになって、濃度が上がるような気がします。

Kさんも、着々と進められていますね。
私こそ遅読で申し訳ないです。チャプター3、じわじわ読みすすめたいと思います^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第9話 天使の称号(6)】へ
  • 【(雑記)がんばれメジロくん。】へ