「白昼夢 」
第9話 天使の称号

白昼夢 第9話 天使の称号(6)

 ←(雑記)身辺整理。もしも明日消えるとしたら。 →白昼夢 第9話 天使の称号(7)
黒目がちの、どこか儚げに見える目を見開いて希美子は青年を見た。
自分は聞き間違いをしたのだろうか、と。

「逃げろって言ったの? 今」
けれど青年はこくんと頷く。
「私を殺しに来たのかと思った」
希美子は自分が少しもその青年に恐怖心を抱いていない事を不思議に思いながら、そう言ってみた。

「そんな事しない。とにかく時間がないんだ。できれば誰にも言わず、この街を出ていって欲しい」
「勝手ね」
希美子は思わずクスッと笑った。
「ぜんぶあなたの都合なのね」

まるで恐れていない自分と、自分よりも戸惑っている様子の人殺し。その構図がやけにおかしかった。
「申し訳ないけど、私はここから出られないのよ」
そして今度は自嘲気味に笑ってみた。

「あなたが何故あの晩あんな恐ろしい事をしたのかも、なんでまたそんなこと言いに来たのか分からないけど、実際あなたにはとても感謝してるのよ。いつかあの男から逃げだしたいと思ってたから。でもね……」
希美子はそこで少し言葉を区切った。
「あなたが自由をくれたというのに、私は他の生き方がわからないの。またこの世界に戻って来ちゃった。ほんと、馬鹿でしょ? 
……大丈夫よ。警察になんて喋らない。どうせ心臓発作で片づけられた事件なんだから。変に混ぜ返すと私が疑われちゃう」

「そんなこと通用する連中じゃないんだ。逃げなければきっと殺される」
「お腹にね、赤ちゃんがいるの」
一瞬、息を呑むように男は黙った。

「どこまでもバカな女でしょ? あんな男の子供なのに。でも、殺すことなんてできないじゃない。絶対にできない。
だったらここで生きるしかないの。他に生き方知らないんだもん」

青年は言葉に困ったように希美子を見ている。
希美子はそれに優しく微笑み返した。

「それに、どこに逃げたって同じなんでしょ。危険なのは。……ほら、そんな顔しないで。心配してくれなくても大丈夫よ。自分の身は自分で守る。何とか生きて行くから」
希美子は時間を気にするようにドアを振り返る仕草をしてみせた。
「もう行かなきゃ。途中で抜けて来ちゃったから」

青年は静かな悲しげな目で紀美子の腹を見つめ、そして再び希美子の顔に視線を戻すと、かすれような声で尋ねた。

「そのお腹の子は……あなたの重荷ですか?」

希美子は一瞬戸惑うように青年を見つめた。
―――どうしてそんな事を聞くのだろう。
けれど真剣なその声に、できるだけ優しく希美子は答えてやった。

「いいえ、この子は、私の希望よ」

       ◇


何か空気の動く気配を感じた気がして、坂木はソファから起きあがった。
ペースなど無視して飲んだせいでいつになく酔いが回り、すっかり寝入ってしまっていたようだ。
陽が帰ってきたのだろうか。
坂木は立ち上がって部屋を見渡したが、陽の姿はどこにもなかった。
寝室とバスルームを覗いたが、やはり誰もいない。
気配は気のせいだったのだろうか。

けれど少ししてリビングのテーブルを見た坂木は、黒崎に持たされた端末が消えているのに気が付いた。
やはり陽は戻って来て、また出ていったらしい。
声をかけてくれなかったことに腹を立てながら、坂木は陽の携帯に電話をかけてみた。
今ならかけても差し支えないだろう。
けれど、陽の携帯は寝室の隅のカウンターで唸っていた。

「あの野郎、ワザと置いていきやがった!」
唸るのをやめたその携帯をよく見ると、その下にまたもやメモのような紙が挟んである。

『一度帰ってきました。
ちょっとまた出かけてきます。
すぐ戻るので心配しないでください』

「……ったく、これだけかよ」
坂木は頭に来ていったんそのメモをクシャッと握りつぶしたが、すぐに後悔し、もう一度指の腹で丁寧に皺を伸ばした。

強情なまでの優しさがそこにあった。
そしてあくまでも、坂木の介入を拒む頑なな意思を感じた。
“これは自分の問題だから”と。

スルスルと手の中をすり抜けていく。
助けようにも、まともにその手を掴ませてもくれない。

時刻は午前5時。
窓の外はまだ明けきれずにくすんだ色に沈んでいた。

坂木は2枚目のメモをポケットに突っ込むと、ベッドに倒れ込んだ。

―――陽はまた第3支部に呼び出しを喰らったのかもしれない。

女を逃がしたとしても、遅かれ早かれ、いずれは黒崎の知るところとなる。
危険性は無いとしても目撃者の女を見逃すほどOEAは甘くない。
その気になれば別の使途を要請して女の口を封じるのは訳もないはずだ。

黒崎はあくまで陽に始末をつけさせる気なのかもしれない。
この組織、いや自分に逆らう使徒への制裁として……。

無力感が思考を邪魔し、それ以上考えを巡らせることができなくなった。

いや、自分が陽に強いた運命を改めて見つめ直すのが怖くなったのが本音かもしれない。

空っぽのとなりのベッドを見ながら、坂木は自分の不甲斐なさを呪いつつ、もう一度重い瞼を閉じた。



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)身辺整理。もしも明日消えるとしたら。】へ
  • 【白昼夢 第9話 天使の称号(7)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

陽くんは希美子さんを殺してしまったかそうでないか。

わたしが作者だったら、陽くんに希美子さんを殺させてしまうところであります。

そうした暗くやりきれない話になるところであります。

limeさんはどうお考えかなあ?

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさん

たしかに陽は同僚の「ノゾミ」を逃がさず、死へ促したことがありますからね。
さあ、この場合はどうでしょう・・・。

ここからバトンタッチでポールさんに続きを書いてもらったら、
また違ったダークテイストな切ないお話になるかもしれませんね。
そういうの、好きです(u_u*)ポッ

どうでしょう、ポールさん、次回はどっぷり悲しいのを書きませんか?

NoTitle 

沢守澄麗ちゃんを殺したときですが、最初から決まっていた結末ではありましたが、わたしは非常に悲しく、とうぶん名前がついたキャラクターの人死にはやるまい、と心に決めたのであります(^^)

でもたしかに、ストレートな悲劇はわたし少ないですねえ。「ナイトメア・ハンターの掟」第3章と、「天使を吊るせ」くらいでしょうか?

自分になにができるかを証明するためにも、やってみようかな。(^^)

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさん

やっぱりポールさんも登場人物の死に悲しむ優しい方だったんですね~~。
(なんだと思ってたの( ̄□ ̄;)とか聞かないでください)
そうなんですよ。
後から喪失感がすごいんですよね。
(あ、もうバラしてる?)
でも、それでも今度は人の死なない悲劇を書いてみたいと思う「S」な私です。
(やっぱりバラしてる)

「天使を吊るせ」はまだ読ませてもらってないので、早速GOです。

はい、ぜひ、「え~~!こんな悲しいお話も書くの?」的な悲劇を書いてください。
悲しくても、読後感の爽やかなの希望(#^.^#)

うんうん。 

わかりますねぇ・・・人を殺すのを書くのって、なんでこんなにつらくなるんでしょうねぇ。

たぶん、私が今スランプで書き進められないのも、そういう理由ですねぇ。limeさん、わかるよね?(笑)
って、言い訳しにきちゃった(^^;

なんとか殺さずにいけないか、なんて考えちゃったこともありましたけど、やっぱり殺さないことには物語がすすまなかったり・・・。

ストレートな悲劇。私も書いてみようかな(笑)
読後感の爽やかな悲劇って・・・(^^;

そうそう! 

>秋沙さん

そうなんですよね。
流れとして死んでもらわなければいけなくってもね、
やっぱり愛着が湧くと辛いですね。

・・・OEAのターゲットは別ですが(^^ゞ
あの人たちは除外です・笑

秋沙さんのあの続き、
私はまだ展開がわからないですが、悲しい死別がありそうですね。
でも・・・やはりその悲劇を見たいと思うのも本心。
悲劇は人の気持ちを微妙にくすぐります。
何を言いたいかといいますと・・・
秋沙さんの続きが読みたいってことです・笑

ストレートな悲劇。読後感の爽やかな悲劇。ドキドキする悲劇。
描きたいですねえ(T^T)

NoTitle 

坂木・・・
寝ちゃったあんたが悪い(笑)
人間臭さに一票。

けいさんへ 

ごもっとも!w

いつ指摘されるかと思ってましたよー。

坂木、人間くさくていいでしょっw

重荷と希望を… 

‘重荷’と‘希望’を同列対比として描かれていることに、僅かな衝撃を受けました。
その二つの概念で、何が同じで何が違うのだろう? と。
前述の皆様のコメントを拝見し、なんで、fateは変なところに食いつくのであろう…(-”-; としばし悩みつつ、まぁ、良いか~と開き直って今に至る。

陽は、母が、自分がいた故に‘死’を選んだのではないか、と恐れていたのだろう、と思いました。
だから、似たような立場の彼女に聞きたかった。もう聞けない母への質問。
そして、彼は最愛の母親から、彼女の口を通して、求めていた答えを得たんですね。なんだか、妙に聖凛と重なり、泣きそうです。

重荷も希望も本人次第で抱き続けることも消してしまうことも可能であること。
そして、同じモノに対して反比例のように逆の方向へ向かう想いであること。
その対比の素晴らしさに泣けました。

あの通信機? のような物を取りに来た、ということは、それを使って本部へ嘘の情報…つまり、彼女を殺したという情報を流すのだろうか? とfateは思いました。いや、fateだったらそうするな、と。

limeさんの結末の迎え方を楽しみに(いや、実は泣くことになったらどうしよう? とドキドキしながら)明日、またお邪魔いたします!!

fateさんへ 

> ‘重荷’と‘希望’を同列対比として描かれていることに、僅かな衝撃を受けました。

この、fateさんの敏感な感性に、作者は感動です。
作者は、陽の心になって、サラリと書いてしまったため、逆に「そうか・・・」と思ってしまいました。
思えば、どちらも考え方次第で、180度変わってしまう事ですよね。
それなのに、逃れられない運命のように、お腹の中の小さな命は、運命を決められてしまう。
希望の命。それとも、ただの重荷。
同じ一つの命なのにね。

そうなんです。陽は、もう訊くことはできない問いを、この女性に問うたんでしょう。
そういえば、聖凛もそうでしたよね。
そんなことからもきっと、私は聖凛を愛おしく思ったんでしょう。
陽も、聖凛も、ぎゅってしてあげたくなります。

さあ、陽はどうするのか・・・・。

実は、通信機を持って陽が再び出かけたのは、陽の意思ではなかったわけですが・・・。
その辺のいきさつは、ほんの数行しか書かれていないので、・・・分かりにくいかもしれません。汗

深入りを我慢して、眠ってしまった坂木のかわりに、陽を追ってみてください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)身辺整理。もしも明日消えるとしたら。】へ
  • 【白昼夢 第9話 天使の称号(7)】へ