「白昼夢 」
第9話 天使の称号

白昼夢 第9話 天使の称号(5)

 ←(雑記)もうひとつのDOOR →(雑記)身辺整理。もしも明日消えるとしたら。
夜11時。
ほぼ満席になった狭苦しいラウンジは、タバコとアルコールの臭いで満たされていた。
胸の開いた、タイトなドレスに身を包み、客に水割りを作っていた希美子は、不意にこみ上げてきた吐き気に手で口を覆った。
気付かれないように笑顔を作り、そっと席を立ってカウンターの脇から控室に駆けこんだ。
店に出るのはもう半年ぶりだ。体が慣れていないせいもあるのだろう。

その様子に気づいた先輩ホステスが、「もう上がりなよ」と声をかけてくれた。紀美子の体調の事を知っていて、気遣ってくれる仲間が居てくれたことにほっとする。
希美子は小さく頷きラウンジの裏からふらつきながら外に飛び出した。
少しでも外の空気を吸いたかった。

ドアの開く気配に気付いたのか、目をぎらつかせた野良猫が驚いて矢のように闇へ消えていった。
場末の路地は薄汚れて澱んだ臭いがしたが、今の自分にはお似合いだと思えた。
自由も尊厳もない、性奴隷のような屈辱的な日々から解放されたというのに、自分はまたここに舞い戻ってきたのだ。

希美子は少し張るように痛む下腹を押さえて顔をしかめた。
“また私を責めている。仕方ないのよ。もう腐ってるんだから。”
その時、薄暗い建物の蔭で何かが微かに動いた。
ハッとして希美子は身を縮める。

「ごめん。何もしないから声を出さないで」
その影は希美子と距離を取りながら声を潜めて話しかけてきた。

「誰?」

希美子は目を凝らしてその人物を見つめる。
暗闇に目がなじみ、その男の姿を捉えると希美子は一瞬体を強ばらせた。
後ずさりしてゆっくりドアノブに手をかける。

「待って! 少しでいいから話を聞いて欲しい。お願いします」
思い詰めたようなその声に希美子は不思議な感覚に捕らわれ動きを止めた。
数日前、自分の目の前で人を殺した男が、それを見てしまった自分の所に再び現れた。
それがどういう事なのか誰だって予想はつく。

それなのに、その男が言ったのは意外な言葉だった。

       ◇

坂木はラジオのボリュームを上げてソファに沈み込んでいた。
食事をする気にもなれないまま、ただじっと時計を睨んでいる。

テーブルに置いてあったメモが、空調の加減かひらりと足元に落ちてきた。
それは陽が残していった走り書き。
坂木はそれを拾うと、急いで書いたらしい文字をもう一度眺めた。

『このメモを読んでも声を出さないで。
支部から渡された端末はそれ自体が盗聴器になっています。
GPSのついたこれを僕が素直に持っていかない事くらい分かっていると思うけど、指示通りに動くかどうか彼らは監視したいんだと思う。
僕は、あの女の人を逃がしたい。
それがどういう結果を招くか分からないけど。
僕にはそれしかできません。
ごめんなさい。
どんな結果になっても、坂木さんには絶対に迷惑はかけません』

坂木は再び時計を見た。
陽が出て行ってもう7時間が経つ。
テーブルに置いた忌々しい端末にずっと監視されているようで、坂木はラジオの音量をさらに大きくして新聞を広げた。

―――バカが。 何が“ごめんなさい”だ!

こみ上げてくるものを何かにぶつけたくなって、坂木はその端末を手に取った。
もちろん叩き壊すわけにはいかない。

陽が見ていたファイルを開くとそこには陽を目撃したと思われるターゲットの女の情報が入っていた。
その情報を読み取る坂木の顔が次第に歪む。

―――酷似している。陽の母親の身の上に。

坂木はファイルを閉じテーブルに端末をそっと戻すと、今日はやめておこうと思った酒のボトルに手を伸ばした。

―――陽。

お前が逃がしたいのは、救う事の出来なかった、“お前の母親”なんだろ?


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)もうひとつのDOOR】へ
  • 【(雑記)身辺整理。もしも明日消えるとしたら。】へ

~ Comment ~

あぁ・・・ 

今思うと、このお話が一番せつなかったかも・・・。
最初に読んだときはそれ以外の部分に目を奪われていたんだけど(どこの部分かはまだこれからなので言えない)(笑)。
なんていうか、陽の気持ちがせつなくて。
陽があまり心情を語るシーンがないからこそ、余計なのかもしれません。

だいぶ加筆されて、余計に伝わってくるようになったみたいです~。
うぅぅ・・・陽・・・・。

Re: NoTitle 

>あきささん

また読んでくださったのね。
さすが。加筆した部分、わかりました?
少しづつ描写を分かりやすくしていってます。
あと、端末なんかも随分現在進化してるから・・・。
OEAの開発した端末なんて、今で言うiphoneじゃん!
やられた・・・と。そんな細かいところも削除しました・笑

そういえば陽は本当に語りませんでしたね。
そのぶん坂木が語ってましたが(^_^;) うるさいほどに。

さあ、こちらは本当に終盤。
再び寂しくなっちゃいました。
あきささんのところにいって、慰めてもらおうー。

NoTitle 

いかんな。

陽には逃がせない。

母親とそっくりだということは上も知っているはずだから、陽には厳重な監視がついていると考えるのが普通だろう。

逃がしても希美子は即座に殺されてしまうだろうな。

もしもそうでなかったら……。

そんな無能な組織、けっこうだまくらかしてうまくやっていけるんじゃね?(^^;)

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさん

すばらしい!見事な推測です。でも、逃がせるかどうかは秘密・笑

陽はやっぱり甘いですよね。坂木も。
監視はもちろん、組織は希美子を消すのなんて訳無いんです。
陰湿ですよ、第3支部長は。

え?陰湿なのは作者・・・?

うわあああぁぁ 

そういうことかぁ!
だから、陽も‘マザコン’なんだよ~的な発言をいただいたんですな。
ここにこういう形で出てくるんだ…

一度、救えなかった同じ組織の女の子がいましたね。
きっと、だからこそ、今度こそ、彼はその女性を救いたいのだ。
‘救う’という行為は光だから。
ともすれば‘闇’の中を永遠に漂いそうになる世界で、‘光’を求めて、その光を救うことで、自らをも救うために。

仕事をするのに、感情は不要だとか、機械のように仕事をこなした方が能率はあがるとか、もっともらしいことを誰もが考えるだろうけど、感情のある相手を、心の動く相手を仕事の対象にするなら、こちらが機械になってしまってはいけない。
何故なら、‘命’には敬意を払う必要があるから。
同じ‘神’の手で生みだされた地上の生き物である限り、‘命’には奇跡が宿り、結局、‘神’の手の中であることを常に自覚して、そして、苦しむべきだから。
迷い、惑い、模索し続けて生きることが、‘命’への敬意だと。

そして、命が輪廻から逃れられない宿命であるなら、浄化の炎に焼かれる覚悟を生きながらにして負っていた方が良い。
逢いたい魂に再び巡り合えるために。

生きることはえてして苦しむことと同義。
だけど、僅かの希望と僅かの救いとで、人生は成り立ち、それにすがって生きる弱い生き物が‘人間’であると思う。

この二人は言葉ではなく、その生きざまで、この命題を延々と語り続けているようですね。

fateさんへ 

そういうことなんですi-181
なにしろ、あのネックレスをずっと持っていることからも、陽の母親への想いの強さは歴然で。

「本当のプロローグ」で、子供を守れず、身勝手に死んでいったマヤに、けっこう非難轟々でしたが、
陽にとっては、本当に大切なひとだったんですよね。
陽は、幼いながらも、母親を守れなかった事を、すごく悔やんでたんです。
(その描写、どこかにいれたかな?)

ノゾミのことも覚えててくださって、うれしいです。
あのときは本当に陽は自分を呪ったと思います。可愛そうなことをしました。

陽は、罪人に天罰を与えるためにOEAに入った訳ではないので、殺戮マシンになど、ぜったいなれないんですよね、きっと。
じゃあ、なぜそこにいるのか・・・というのが、彼らの苦しみの大きな根源なんですが。
それは、ほんの少し、この後にでてくるかな?

>迷い、惑い、模索し続けて生きることが、‘命’への敬意だと。

まさにそうです。
とにかく、生きることは摸索。
陽や坂木の立場は究極ですが、私たちだって日々葛藤を持ち、善悪を判断しながら孤独に闘ってるんですよね。
葛藤せずに、他人を傷つけ私腹を肥やす輩には、天罰が下るのです~。
(それがOEAだと、胸を張れないのが、この組織の仄暗いところ^^;)

さあ、その陽に、黒崎のボケは、女を始末しろとか言う。
今回は、(こんかいもか?)坂木には、手が出せそうにありません。
坂木も、組織のルールと言うものを、無視できない立場にありますからねえ・・・。
ルールを無視し、均衡が崩れれば、OEAの崩壊、そして末端の自分たち、しいては陽の存在も脅かされるわけです。
苦しいところよね、坂木。そして陽・・・。

書くほどに、細かい矛盾点は生まれてきますが、それでもなんとか個人と、組織、その辺の折り合いの付け方も、描きたいと思いました。

このあとの陽も、見守ってやってください^^

NoTitle 

こんばんは。
そうですか、逃がしますか。
でも逃げ切れるでしょうか?
自分の命をかけてまで逃がしたいと思うのは、
坂木が言うように母親に酷似しているからなんでしょうか。
駄目な母親でも陽のとったらたった一人の母親。
やはりずっと心の中でしこりがあったんでしょうか。


今日はこのへんで、おやすみなさい。

さやいちさんへ 

ええ、もちろん、陽にそんなむごいことはできません^^
命に変えても逃がしたいはずです。
自分のミスでもあるし、母に想いを重ねてますから。

そうなんですよね。
どんな母親でも、陽にとってはかけがえの無い人です。
最愛の人ですから。
あの夜、自分が母親を守ってあげられなかったことが、陽には一番の苦しみでしたから。


今日も、ありがとうございました^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

Kさん、こんばんは~^^
今回も、いろんな感想や、私的な事を書いてくださって、とても楽しかったです。

「天使の称号」、このあたりはちょっと謎だらけで、コメントが難しいですよね。ごめんなさい。
とても単純な話なのですが、ふたりの関係が浮き彫りにされる回じゃないかな、と思っています。
ここが終われば、唐突にクライマックスになります。

NAGIの方も読んでくださったのですね^^
ナギのあの言葉、私もちょっと気に入っていたのです。うれしいな。
そうですよね、Kさんのところは、学園モノっぽいので、兄弟が出る機会はあまりないのかもしれませんね。
でも番外編なんかで、ちょこっと書くのも、おもしろそう。

私生活では、そんなこともされていたんですね。
お疲れ様です。そうやって参加されるって、とてもいいことですよね。
自分たちで築く!という熱が伝わります。
本当に、お疲れ様でした。また、記事を読みに行きますね。

台風、そちらを通りそうですか?
充分気をつけてくださいね。影響がなければいいのですが。

私もご無沙汰していてごめんなさい。
今週末は、すこしゆっくりできると思いますので、また伺いますね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)もうひとつのDOOR】へ
  • 【(雑記)身辺整理。もしも明日消えるとしたら。】へ