「白昼夢 」
第9話 天使の称号

白昼夢 第9話 天使の称号(4)

 ←白昼夢 第9話 天使の称号(3) →(雑記)もうひとつのDOOR
帰路、まるで話しかけないでくれとでも言うように距離を置いていた陽に、坂木もあえて何も言わなかった。
気を張っているいるというよりも意地を張っているように感じられ、坂木はさらに落ち着かなかった。
落ち着けという方が無理なのかもしれない。
突きつけられた要求は、あまりにも残酷なものだ。
けれどその責任の取り方を承知の上で、自分たちはOEAに身を置いている。
坂木はその事実の苦々しさを改めて実感した。

陽はホテルに着くとすぐ支部からの情報が入っている端末のファイルを開き、
記憶するようにじっと読んでいたが、急に立ち上がると再び出かける準備を始めた。

「どこへ行くんだ?」
答えは出ないが、今回のことをちゃんと話し合おうと思っていた坂木は少し慌てて陽を引き留めた。
陽は何かを決意したようにじっと坂木をみつめた。
その手には、いつも仕事で使う機器類が握られている。
信じられない思いで坂木は陽を見た。

「お前・・・まさか・・・」
「時間がないんだ。警察に行かれたらおしまいだから」
陽はまるで別人のように冷たい口調で言った。

「まて・・・待ってくれ! 俺も行く」
信じられない陽の決断に坂木の心臓はバクバクと激しく鼓動した。
だが、何と言っていいかわからない。

「ついて来ないで」
陽は強い口調できっぱりと言った。
「これは僕の問題だから」
「・・・・・・」
やめろとは言えなかった。
OEAの鉄則は絶対だ。
だけど・・・・。

陽は坂木の方はもう見ずに、小さな機器をポケットに滑り込ませた。
そして背をむけ、まるで散歩にでも行くようにスッと部屋を出ていってしまった。

坂木の心臓はまだ激しく脈打っていた。
手が小刻みに震えている。
このまま陽が帰って来るのを待っているのは耐えられなかった。
その情景を無意識に想像してしまうのが堪らなく怖かった。

・・・今度こそ本当にその手を汚してしまうことになるのではないか。
自分たちがやっていることは、単なる殺戮だったのか?
いや、そうじゃない!・・・

握りしめた掌がじっとりと汗ばむ。

テーブルの上をふと見ると、陽が支部から持たされた端末が置いてある。
イレギュラーの仕事なのでインターフェイスは必要ないが、この端末は携帯して行けという指示だったはずだ。
情報はすべて頭に入れていたようだが。
陽は忘れて行ってしまったのだろうか。それとも反発してわざと置いて行ったのか。

よく見るとその下にメモのような紙片が挟まれている。
そっと抜き出し、開いてみた。

「・・・・・・・・」

思わず声を上げそうになったが、すんでの所でなんとかそれを抑えた。

陽・・・・。

坂木はその紙片をそっとテーブルに置くと、気持ちを落ち着かせるように大きく息を吸い込んで、ゆっくりとはき出した。
そうしていないと嗚咽を漏らしそうだった。

「俺は・・・バカだ」

このまま静かに陽を待とう。
坂木はゆっくりと何も考えないように目を閉じた。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第9話 天使の称号(3)】へ
  • 【(雑記)もうひとつのDOOR】へ

~ Comment ~

わあーっ 

紙にはいったいなんと書かれていたのでしょう!

気になって眠れそうにありません!

NoTitle 

しょせん人間が神様になれるわけもないのでありますなあ。

天使にすらなれんのに。

そ、そうですか! 

>ヒロハルさん

気にしていただいてとてもうれしいです。
ありがとうございます。
あれ読んだら、坂木は自分の不甲斐なさに気づくんじゃないでしょうか。

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさん

そうですね。
なれると思ってるのか、神ってものを勘違いしてるのか。

そしてまた、天使ってのも、どんな存在なんでしょうね。

fateにとっては長くはないのですが… 

とても珍しくばたばたしておりまして、ゆっくり拝読出来ない状況で…
でも、気になって覗いてみている(^^;

12月初旬、ちょこっと所用でネットから離れるかも、です。
更新は予約投稿しておりますので、『スムリティ』だけは続きます。
なんか、今回、思わぬたくさんの方が『スムリティ』をリアルタイムで追ってくださって、「おおお!」とびっくり、喜んでおります(^^;

作品としては、けっこう古いんですけどね。掲載順序がぐちゃぐちゃなので~

陽の、透明な空気って、あまり多くを語らないからなのかな、とか最初は思いましたが、言葉を綴ること自体が実は‘穢れ’の一種…とふと思ったら、当然かな、と思いなおしました。
仏教でも、ヒトの息は穢れたものとして扱われるし。
経典とか、経とか。何か光を持つ言霊で清浄化出来ること自体、それ以外は‘穢れ’を伴っていることであろう、とか。
人間がその利害や欲望から発する言葉自体、穢れている。
東洋医学の養生の基本も、休養です。使わないこと。
例えば、目を養生するためには穢れたモノを見ない。つまり目を閉じて休めろ、と言います。
口の養生も同じ。
口は心とつながり、舌は心臓とつながるので、穢れた言葉を発しないことが清浄を保つこと。
多くを語らない。
それすら、陽の心の清らかさの源であるかも知れない。
そして、‘中庸’という言葉。‘闇’の深淵に居るfateには無理だけど、だからこそ余計に憧れる。
心振れないことを。揺らさず、怒らず、喜び過ぎず。
過ぎたる激情は対応する臓腑を傷つけるので。

興奮して語ってしまったわ~
それがすでにイケナイのだ(--;

fateさんへ 

fateさん、忙しくなっちゃうんですね。
fateさんのコメが読めなくなるのは寂しいけど、がまんします!
そのかわり、ちょくちょく訪問させてもらいますね^^

スムリティ、人気ですね^^
更新をリアルタイムで読まれるって、やはりうれしいもんですよね。
しかし、fateさんはどれくらい作品のストックがあるんでしょう。
何年前から書かれてるんですか?
いつかまた、バトンとかでそんなことも教えてくださいね^^


陽の透明感に関しては、fateさんのおっしゃる通りだとおもいました。
意識したわけではないのですが、陽にはあまり、語らせたくないと思いました。
彼はきっと、言葉では無いものを、坂木に感じてほしかったと思うし。

言葉にしなきゃ、なにも伝わらないのよ・・・・と、よく言われます。
確かにそうですよね。

でも、私が描くキャラクターは、リクにしても陽にしても、無口です。
周りは本当にイライラしますよね・笑
でもfateさんがおっしゃるように、すべて言葉に出してしまうと、なんとなく清浄を保てない気がして。
(実生活では、おしゃべりな人が好きなんですが^^)

そんな中でも、この第9話は、陽が心の中を見せた回だと思います。
陽は、多くを語らない分、一言ひとことに、とても重要な意味を持たせてあります。
台詞の一つ一つに、彼の想いが込められています。

そんな陽の想いが、伝わればいいな・・・なんて思います^^

興奮して話すfateさん、好きです♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第9話 天使の称号(3)】へ
  • 【(雑記)もうひとつのDOOR】へ