RIKU・2 君が求めた真実

RIKU・2  第二話  鳥

 ←RIKU・2  第一話  再燃 →ミステリーに恋をする
玉城が一時的に借りている大東和出版の社員寮から電車で45分。
更にバスで10分、歩いて8分の静かな住宅地にリクの間借りしている一軒家があった。

そこに向かう途中にある街路樹はいつも鮮やかな木の葉を揺らし、サワサワと心地よい木漏れ日を落とす。
玉城はその道を歩くのが好きだった。

2カ月前からリクが移り住んでいるその家はかなり年季が入ってはいるが、ログハウス風で可愛らしかった。
ダミーの煙突、とんがった屋根。それらを囲む塀も門もない。
リクを気に入って放さないあの画廊のオーナーの所有物らしい。
両隣に家は無く、後ろには自然公園とは名ばかりの雑木林へ入って行く道もある。
気まぐれに住む場所を移すリクもこの場所は手放せないんじゃないだろうかと玉城は思う。

人気のない公園を過ぎ、空き地の横のその家の前に立った玉城は、ポスト横のドアホンを押してみた。
しばらく待ったが反応がない。
留守なのだろうか。ドアレバーを引いてみる。
カチャリと軽い音を立ててドアが開いた。
そっと首を玄関に突っ込んでみた。

木の香りがする。
そして高校の美術室のような、絵の具と木炭の懐かしいにおい。
天上の高い、吹き抜けのリビング。ロフト部分まで見渡したが人の気配はない。
名前を呼んでみる。
反応はない。
玉城は少しムッとした顔でドアを閉めた。

「あのバカ、また鍵も掛けずに出かけてる」

何十回注意したか分からない。
あの部屋には引く手あまたな作品がいくつも置かれてるだろうに。
玉城はくるりと家に背を向けると、管理能力ゼロの野生児を探しに行くことにした。

彼が居るところなら見当はつく。
鳥を探す事に掛けては随分腕をあげた。
玉城はそう自負していた。

     ◇  

市街地の国道沿い。
にわかに作られた選挙事務所の中には大型送風機が取り付けてあったが、
熱気溢れる人たちを冷ますことは難しかった。

まさに今日告示日を迎え、市議会選にラストスパートがかかった。
須藤浩三は朝早くから詰めてくれていた後援会長の樋口に丁重に礼をいうと、
もう休んでくださいと、にこやかに帰途につかせた。

小さな印刷工場を営む須藤の人柄と熱意に惚れ込んだと、樋口は須藤を市会議員に推薦してくれた。
自分が後援会長を勤める。安心してほしいと。
以前他の無所属議員の後援会を仕切りみごと当選させた経緯をもつ樋口だが、
あの男にとってそれがステイタスであり自慢なのだと須藤は思っていた。
けれど、それでいい。どんな力を借りてでもこのチャンスを逃がすわけにはいかない。
やっと自分は浮き上がることができる。これが目的の場所ではない。
ここからだ。45にして、やっと自分の力を試せる時が来たのだ、と。

運動員や後援会加入者は樋口の力もありすぐに集まった。
大きな第一段階をクリアできたことは幸運だ。けれども難関は多い。
自分の会社でポスターやハガキの印刷ができるのでその分切りつめる事はできるが、
それでも期間前にすることは山ほどあり、低予算で上げることはなかなか難しい。
そのせいもあって須藤の妻は未だに渋い顔をしている。
家族で戦う事が美徳になっている選挙戦だが、妻は工場の手を休めるわけにはいかないと
事務所にも顔を出さず、ずっと家業につきっきりだった。

「駅立ち、お疲れさまでした。昼食後1時から三原地区で街頭演説、その後は車で街宣します。ウグイス嬢は3時にここに来る予定になっています」

そつなくキビキビと仕事をしてくれているのは運動員リーダーの山ノ上の長女だ。
須藤は頷いた。
壁には一面に自分のポスターが貼ってあり、にこやかに笑いかけている。
高校時代からラグビーで鍛えたがっちりとした体と力強さは、その歳になっても様になっている。

絶対に登りつめてやる。
あの頃の自分はもう居ない。ここからなんだ。
須藤は拳を握りしめた。

「高田の小学校前のポスターに落書きされていたそうです。張り替えて貰うように手配しました」
「ああ、すまないね」

“きっと小学生だ。クソガキめ。”
一瞬心によぎった汚い言葉を押し込めて、須藤は穏やかな調子で答えた。
自分を見つめている自身のポスターには「子供達の明るい未来のために」と書かれている。


電話のベルが鳴る。
ファックス用の回線だ。すぐにファックス独特の電子音が鳴りはじめ、受信を開始した。

須藤の顔が青ざめる。

席を立とうとしたスタッフを「あ、いいよ」と作業に戻らせて須藤はファックスに近づいた。
平静を装ってはいるが須藤の腹の底はすでに怒りで煮えたぎる予感に満ちていた。

“またあのファックスだ”

ピーッという終了音と共にファックス用紙を引き抜き、チラリと見ただけでそれをシュレッダーにかけた。
その場にいるスタッフに見られていないのを確認すると須藤は少しホッとした。
けれどもその苛立ちは収まらない。
発信してきた人物がもしもこの機械の中に居るのだとしたら
須藤はすぐさま叩き壊していたに違いない。
自分以外の人間にこの文面を見られたら、と思うと、それだけで胃が痛んだ。
たった一枚の紙切れに踊らされることが情けなくいて腹立たしくて気持ちのやり場が無かった。

“自分の人生に石を投げ込む奴は許さない!”

須藤はスケルトンのシュレッダーの中に細切れになって排出されるファックス用紙を、怒りにまかせて睨みつけた。

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【RIKU・2  第一話  再燃】へ
  • 【ミステリーに恋をする】へ

~ Comment ~

おはようございます^^ 

やっと「白昼夢・最終回」から立ち直って、別の作品を読み始めました^^

「RIKU」。
本編もとっても面白かったので、続編もかなり好感触でワクワク☆ですv-9
のっけから不穏な空気・・・・・・
しかも今度は、政界??
まだ2話目ですが、少しずつ進んで行こうと思ってますv-218

蘭さんへ 

おおおお!
うれしいです、蘭さん!
RIKUを読んでくださってるのですね?
RIKUは唯一、最終回なしで、思い付いた時に書くスタイルを取っています。

リクは気難しい子ですが、悪い奴ではないので、かわいがってやってください。
第2弾、「君が求めた真実」は、一番辛辣かな・・。
重いですが、どうぞよろしくお願いします。

ちょっとここまで… 

すみません、続きが気になるのですが、今日はここまでで。
選挙の描写が詳しいですね!
fateには分からない世界なので、ものすごく新鮮です!

なんだか、長谷川さんって、もしかしてどこかfateに似てるかも~…。
fateもいい加減、大雑把でテキトーなので。いえ、長谷川さんがテキトーなんではありません(^^;

では、またお邪魔いたします(^^)

fateさんへ 

第2弾、読んでくださってうれしいです。

市議会選を盛り込んだせいで、少し硬く感じるかもしれませんが、大丈夫。
基本、リクや玉城、長谷川の感情の物語です^^

おお、fateさんは長谷川タイプですか。
彼女はねえ、すごいですょ~~。
私がちょっと惚れてしまいましたからwww.

ゆっくりと、のんびりと読みに来てくださいね^^

うわあドロドロだあ… 

こんばんは!

実は、小さな市の市議選でウグイス嬢を二回ほどやった経験があり、懐かしく思い出しつつも…いかにも裏のありそうな須藤という人に心がざわついています。

なんか嫌な感じ嫌な予感…この一件でリク君という気高い鳥が、また傷つかなければ良いのですが…穏便には済まないですよねえ^^;

有村司さんへ 

おお! 有村さん、ウグイス嬢されてましたか! なんか、感激。

市議会選って、ローカルな感じで誠実なイメージがあるんで、物語に使うのに躊躇したんですが、
もしかしたら闇を抱えた男が潜んで無いとも・・・・かぎりませんからね^^;(いや、あってはならない)

さあ、ドロドロとしたものを感じてくださいましたね?
さらに、ねじ曲がっていきますから、どうぞ付いてきてください。

そして、気高くも弱々しい鳥が、撃ち落とされないように、祈っていてください。
今回、玉城は活躍するのか! だめなのか!・・・も、お楽しみに^^;

やはりまずはRIKUストーリィを 

面白そうな物語がたくさーんありますけど、RIKUさんのお話を読破させていただいてからにしようと、シリーズ2にお邪魔しました。

異次元のようなRIKUのいるところと、現実そのものの選挙の対比が鮮やかですよね。

ナイーブな男性たちと、豪快な長谷川さんとの対比も鮮やかでぐいぐい引き込まれます。

limeさんは男性同士の心のつながりというのか、そういうのを描くのがお好きですか?
恋愛ものも書かれるのですか?
男女の? ボーイズラヴはどうなんでしょ?

などなど気にしながらも、RIKUの世界に浸らせていただきます。

あかねさんへ 

シリーズ2へようこそ!あかねさん。
うれしいですねえーー。RIKUを引き続き読んでくださって。
ちょっと謎が多く、焦れったい部分もありますが、どうぞよろしく^^
(ほんと、ゆっくりでいいですからね)

>ナイーブな男性たちと、豪快な長谷川さんとの対比も鮮やかでぐいぐい引き込まれます。

ありがとうございます!
そして、よくぞ、見抜かれましたw
そう、ここの男どもは、どうも弱い! 
そのぶん、長谷川が、ガンガン飛ばしてくれますから・笑

>limeさんは男性同士の心のつながりというのか、そういうのを描くのがお好きですか?

そうですね。私の今までの作品、多分みんなそんな感じだと思います。
何故か自然とそうなってしまいますし、読む小説も、そういう系統が多いです。

>恋愛ものも書かれるのですか?

これが、苦手で(笑)手を出したことはないんです。
でも、丁度今連載中の「KEEP OUT」は、ちょっと男女の悲恋の物語になって行きつつあります。
(サスペンスなんですが)

>男女の? ボーイズラヴはどうなんでしょ?

私のリンク仲間さんにもBL作家さんが数人いらっしゃるし、読むのは好きですが、自分で書くことはないですねえ。
自分で書かないのは、“書けない”からでありまして・・・。
私はこのまま、サスペンスチックミーハー街道を極めて行きたいと思います^^
(そんなジャンル、ないな)

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【RIKU・2  第一話  再燃】へ
  • 【ミステリーに恋をする】へ