未分類

(雑記)なんだか早い

 ←白昼夢 第8話 渇望(3) →白昼夢 第8話 渇望(4)
・・・時間が経つのが・笑
最近雑記を書いていないのを思い出し、なんでもないことをつぶやいてみました。

朝起きて、仕事行って、帰って家事やって雑務やって、
さあ自分の時間だ(〃^∇^)oって思うと、眠くなってしまう・笑
お子様?
寝る時間が必要なければもっと有意義に使えるのになあと、いつもながら思います。
小説を書くって、とにかく時間がかかりますものね。
(最近ツイッターにハマってしまったのも時間がない理由なんですが・・)

今更ですが、このブログの小説を読みに来ていただいている皆さま、本当にありがとうございます。
お陰さまでなんとかかんとか、続けさせていただいています。

本を読むのも人の倍、書くのも輪をかけて遅い私のこと、
いつか二日置きの更新もままならぬ日が来るかもしれませんが、
のんびりとお付き合いくだされば幸せです。


このところ、自分の小説の書き方が少し変わってきたような気がします。
今までは、一番書きたい場面に向かい、無駄な表現は極力削ってテンポ重視で進めてきました。
たぶん、若いころに投稿マンガを描いていた時の癖でしょう。
投稿マンガは一話を16ページという短いページに収めなければなりませんから。
ひたすら削る作業です。スピード感は出ますが、膨らみませんね。

現在更新中の作品も併せて、表現に遊びがないな、なんて読み返して思う事もたびたび。
でも、最近の作品はちょっと無駄とも思える描写が自然に増えてきました。
「これはいかん」と、消したり。でも、また書き足したり。
それが『ふくらます』ということになるのか、『よけいな描写』になるのか、初心者の私にはわかりません。
ただ、摸索・・・の日々。

書いている物語が面白いものなのか、人様に読んでいただいてもいいものなのか、悪いものなのか、なかなか判断に苦しむ日々です。
ひとり、的確なアドバイスをくれる「編集者さん」なる人が欲しいです。


そういえば、少し前に書きあげた短編があるんです。
シリーズにしようと思ったんですが、もう、それこそ、他人が読んで面白いものかがわかりません。
(この時点で物書き失格です)
そこで、家族の一人にこっそり読んでもらいました。
そして、言われました。

「この話は、読む人を選びすぎる!」と。 
ガーン( ̄□ ̄;)!! 失格です。
ということで、その話はシリーズ化するのはあきらめました。確かに読む人を選ぶのかも。

でも・・・、ストックが切れたら、更新するかもしれません・笑
反省の色が伺えませんね。 全く (^_^;)



関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第8話 渇望(3)】へ
  • 【白昼夢 第8話 渇望(4)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

推敲の段階で「限界まで無駄を省く」のが良い仕上げ方だと言われているので、limeさんの基本的な方針は正しいと思います。limeさんの文章はスッキリしていて、とても読み心地がいいですからね。
その一方で、無駄と思われる描写が読者の共感をさそったりもしますので……こればかりは試行錯誤を繰り返すしかないんでしょうね、きっと。

追伸  リンクを貼ってくださり、本当にありがとうございます。

Re: NoTitle 

>本条さん

ありがとうございます!
じゃあ、あれはあれで、大丈夫なのですね?
長年小説を読んできてるのに、自分が書くとなると、どれが最善か分からなくなるものですね。
そこら辺が未熟な証拠で。
やはり試行錯誤ですね、こればっかりは。時間がかかりそうです。

リンクフリーの文字を見て、早速リンクさせていただきました。
私も少しづつ読ませていただいてます。
高校生に戻ったような新鮮な気分です。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第8話 渇望(3)】へ
  • 【白昼夢 第8話 渇望(4)】へ