RIKU番外編  編集長、長谷川

編集長、長谷川 第1話 悩める編集長

 ←編集長、長谷川  あらすじ →(雑記)子供の頃の嘘
長谷川はいつもの自分のデスクに座り、グリッドvol.35の校正刷りをじっと見つめていた。
3回に分けられたリクの特集は、今回の12ページが最終だった。

ミサキ・リク。
個展もやらず、名を売ることになんの興味も示さない24歳のその青年の絵は、小さな画廊から静かに火がついた。
屈指の美術専門誌「グリッド」の女性編集長、長谷川は、彼が唯一気を許す友人であるフリーライターの玉城の協力を得て、何とかその取材権を勝ち取ったのだった。
まるで「野生の生き物」と言ってもいいほど扱いにくく、人付き合いの苦手なその画家、リクから。

ワガママを言ってリクのページは通常のCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)の4色インクにプラスして、特色カラーを使わせてもらった。美術誌としても異例だろう。
コストは掛かるがどうしてもリクの絵の繊細な色を、紙面上に再現したかった。

長谷川の横では、校了の指示を待って校正課の新人女性社員が緊張して立っていた。OKが出ればすぐに本刷りに掛かれる。校正刷りは綺麗な仕上がりだった。美術誌として申し分ない。
けれど訳の分からない苛立ちとモヤモヤが込み上げてくるのを感じ、長谷川はGOが出せなかった。

「色校はOK。でもまだ少し時間があるから念を入れて文字校正してみて。前号の後記に誤字があったでしょ? 今回は絶対そんなことの無いようにね」
パサリと校正刷りのコピーを女子社員に渡す。
「はい」と、少しうわずった声を出してその子は編集室を出ていった。

「何か嫌なことでもありました?」
後ろの席から2年後輩の松川が椅子の背にもたれ気味に聞いてきた。
今日も無精髭を生やし、寝癖の髪を左手で撫でつけてニヤニヤしている。
「髭を剃らない癖っ毛男が後ろの席にいるからね。きっとそのせいよ」
「癖っ毛の事は親に言ってください。で、順調に発行部数も延ばしてるグリッドに、何かご不満な点でも?」
「不満? そんなもの無いね。我が子のようにかわいいよ」
「我が子か・・・」
松川はニヤリと笑った。
「意外だな、長谷川さんにも母性本能があったとは」
「殴られたく無かったら前向いて仕事しな、松川」
特に怒った風でもなく長谷川がサラッと言うと松川は「ヘイヘイ」と笑いながら自分のデスクのPCに向かった。

確かに苛ついている。長谷川は自分でもそれを認めていた。こんな感情に支配されたことは今まで無かった。
企画を立て、スムーズな取材をし、読者の心を掴み、発行部数を延ばす。それが自分のステータスだった。
けれど今回に限り、校了を前にザワザワした感情しか湧いてこなかった。出来上がりは完璧なのに。
なぜだ?

目の前の校正刷りをもう一度手に取ってみた。
ライターである玉城の綴った柔らかいボディコピーと、それに重なるリクの写真を見つめる。
レフ版も何も使わない自然光で撮ったアマチュアの写真だが、とても自然体で好感が持てる。
玉城に撮らせて正解だった。
カメラからワザと視線を逸らしたリクが、柔らかく笑っている。玉城にしか撮れない写真だと思った。
長谷川は机の端に置いてあった携帯を手に取った。
時刻は正午を少し回ったところだ。私用の電話も構わないだろう。何となく、そう自分に言い訳をしながら長谷川は玉城の番号を押した。

          ◇

「いいか赤木。相手は黒のジャケットで、手には茶色の紙袋を抱えてる。見間違うなよ。さりげなくブツを受け取る。不審な行動はするんじゃないぞ」
大東和出版のすぐ裏手の路地。ヒョロリとした中背の男と、その男よりも少し年下と思われる背の低い男が、壁面にもたれるようにして立っていた。
年長の男はやや長髪に片方だけのピアス、背の低い方は短い茶髪に派手な柄のシャツを着ている。
「俺、初仕事ですよ、柳さん。大丈夫ですかね、こんな真っ昼間のオフィス街で」
後輩である赤木が、柳に話しかけた。
「こういう所の方がいいんだよ。うちの事務所辺りはマル暴のオッサンらが目ぇ光らせてるからな。暇なんだよ、あいつら」
「そんなもんですかね。で、今日のブツってなんです?」
「MDMAだ。錠剤型合成麻薬。早く飛べて手軽なんだよ。でもお前は手ぇ出すなよ。極道だって健康第一だ。あくまでこれは流通商品さ。手え出しちゃいけねえ」
「そうですね。了解です。何か今日の柳さん、かっこいいッすね。場数踏んでるだけありますね」
「初めてだよ」
「え?」
「兄貴らの身の回りの世話以外の仕事は始めてだって言ってんの」
「そうなんですか?」
「そうだよ。ガチガチだよ。悪いか」
「いえ、そんなことは。・・・ただ、仕事終えてから聞きたかった情報ですね」
赤木はちらりと柳を見ながら言った。
「情報ってのは早いに越したことは無いんだよ」 しれっとして言う柳。
「そうっすね」
赤木は笑った。

就職浪人の果てギャンブルにはまり、あげくヤクザな世界に足を踏み入れてしまった柳は、
昔から「どうにかなるだろう」という一見ポジティブだが、浮ついた信念の持ち主だった。
そのくせドップリその道に骨を埋める覚悟など出来ず、中途半端な準構成員として組の使いっ走りに明け暮れていた。
時々頭の隅に浮かんでくる「このままでいいのか」という、青臭い疑問を押し殺しながら。
柳は腕時計をチラリと見た。新入りの赤木もそれを覗き込む。売人から薬を受け取るのは3時ジャスト。
おばあちゃんっ子だった柳の頭からは、未だに3時はおやつの時間というイメージが切り離せない。

「柳さん、あれですか?」
柳の中にポワンと浮かんだ祖母の思い出が一瞬にして消えた。
赤木が大通りの方からまっすぐこちらに歩いてくる人影を指さした。
「ばか! 指さすなよ」
柳は声を潜めて怒鳴りながら、その人影を見た。
「バカか、赤木。あれはデカイが、女だろ?」
「そうですね、すみません」
小さくなる赤木。
それにしてもでかい女だ、と凝視していた柳だったが、すぐにその顔は青く変わっていった。
「あ・・・あれ?」
「どうしたんですか? 柳さん」
「あれは・・・」
「知り合いですか?」

その人影はまっすぐこちらにやって来る。柳が一歩、後ずさった。
「なんでこんな所にあの人が・・・」
「誰なんですか?」
「ボスだ」
「ボス!? 俺らのボスって、女だったんですか?」
声を裏返らせる新人赤木。

「ばか、俺らのボスじゃねえよ。俺のボスだ。鬼より怖い、桜木第一高のボスだった、長谷川先輩だよ」
柳は前を凝視したまま言った。

関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【編集長、長谷川  あらすじ】へ
  • 【(雑記)子供の頃の嘘】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ボス!
「意外な素顔」とはこのことだったのですか。
しかも「でかい女」って驚かれてるし(笑)
続きがすごく楽しみです。

Re: NoTitle 

>本条さんへ

さっそく読んでいただいて恐縮です。
「ボス」笑
いえいえ、長谷川さんが学校のボスであっても実は組長であっても、もはや違和感ないでしょう・笑
もう少し、違った一面があるはずです。
すぐにわかります。

そう、「読者」にはすぐに分かるはずです。

NoTitle 

おおっ長谷川さんが。

乙女チックな一面がほの見えるのか?

ついに春が来るのか?

期待させてもらいますね~(^^)

Re: NoTitle 

>ポール・ブリッツさんへ

あ、なかなか鋭いですね。
今回は謎なんて何もありません。「みえみえ感」を楽しんでください。

どうか、期待せずに(笑)読んでください。

2日おきの、のんびり更新ですが(^_^;)

おはようございます^^ 

やっと次に着手している蘭ですv-290
亀の如き歩みの遅さで、本当にすみません(><;

長谷川さん。
考えてみたらこの人って、「RIKU」には欠かせない人物なんですよね~~。
もう一度読み直さないと記憶があやふやなんですが、確か本編第一部の2話くらいには登場してませんでした??
間違ってたらごめんなさいe-330

でも、あまりにも他の登場人物のカラーが強くて(中身では決してそんな「強いキャラ」みたいに書かれてないのに・笑)、こ~~んな印象的な人が、まだ私の中では色が付いてないんです^^; 変なの~~v-388

今回、この番外編を読み事によって、きっと私の中で忘れる事が出来ない一人になるだろう彼女の人物像を、じっくり読ませて頂きますv-411
楽しみ~~v-352

蘭さんへ 

蘭さん、長谷川さんの番外まで読んでくださってありがとう!

長谷川さんは「RIKU」で少し登場し、幽霊あつかいされ、「RIKU2」で、リクを襲った男をぶちのめし、リクを無理やり病院に連れて行ったジャンヌダルクです・笑

なんだか、私が気に入ってしまって、RIKUには不可欠な人になってしまいました・笑

蘭さんに、この番外を読んでいただけてうれしいです。
リクも、もちろん登場します(*^_^*)

亀よりも、ゆっくりゆっくりでいいですからね♪
ご訪問、ありがとう~。

NoTitle 

おおーー楽しそう。
栴檀は双葉より芳し。
ちゃうちゃうって、
長谷川女史の過去は楽しそうだ。
ボスって・・・

女盗賊が子分に言うのよ。
「抱いてやるからおいで」
キャーーー
しょうもないことを思い出しちゃった。

わくわく。
v-398

ぴゆうさんへ 

きゃ~~。そんな台詞大好き。
言わせてみたい~~e-266
・・・って、やばくなりますやん。

このお話も読んでくださって、うれしい~。
私の作品の中でも、一番爽快系かも^^

長谷川さんの意外な面が見えてきますよ。
玉城とリクの、一言一言も、重要です。

でも、なんといっても、この二人のチンピラ。
変わり種ですが、愉快な奴らです♪
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【編集長、長谷川  あらすじ】へ
  • 【(雑記)子供の頃の嘘】へ