「白昼夢 」
第7話 HOME

白昼夢 第7話 HOME(5)

 ←(雑記)衝動買い。amazonのふしぎ。 →編集長、長谷川  あらすじ
坂木はそうつぶやくと、まるで答えを教えてくれと言わんばかりに辰巳を振り返った。
急に猫の子のように不安そうな表情になった坂木の顔をじっと見つめていた辰巳だったが、
やがてフッと息を一つ吹き出すと、そのまま腹を抱えて笑い出した。
体を折り曲げて本当に可笑しそうにいつまでも笑っている。
そんなに笑っている辰巳を見るのは初めてだったため坂木はしばらく唖然としていたが、だんだん腹が立ってきた。

「何がおかしいんだよ」
「何がって、・・・可笑しいよ」
笑いの狭間に苦しそうに辰巳は答える。
それがまた坂木に困惑と腹立たしさを与えた。
辰巳はひとしきり笑った後やっと体を起こして、眉間に皺を寄せた坂木の方を向いた。

「お前はいったい何年あいつを見てきたんだ? 陽もバカだけどお前はもっとバカだ。
お前はあいつのことを全部分かってるもんだと思ってたよ。だが、そうじゃなかったみたいだな」
辰巳はそこで坂木をぐっと正面から見据えた。
坂木が訝しげに再び眉間に皺をよせる。
「俺は、悪いがパートナー間の気持ちのやり取りに気を配る気も、推し量る器用さもない。ただスムーズな仕事の遂行のみ考慮に入れる管理部員だ。だけどな、そんな俺にだってこの問題は解けるよ。単純すぎて、馬鹿馬鹿しすぎて、泣けてくるね。
いいか? もうこういう事は終わりにしようや。OEA幹部としての命令だ。
おまえ達はもう離れるな!」

坂木はキョトンとした顔で辰巳を見た。
その表情が可笑かったのか辰巳は涙目になりながら笑いをかみ殺す。

「俺の仕事を増やすなって言ってんだ。手続きだって大変なんだぞ、パートナーの書き換えは。各方面に連絡取らなきゃならない。書類の不備にいちいち噛みついてくる事務のババアがいるんだ。幹部は気楽だと思ってるんならいっぺんやってみろ」
坂木は叱られた子のように小さく首を横に振った。
「手伝わされたくなかったらすぐ陽の所へ行ってやれ」

人間味のない男だと思っていた辰巳の口から出た意外な言葉に、坂木の頭はまだ充分反応していなかった。
「・・・いいのか?」
「怒るぞ!何度も言わせるな。言っとくがこれはOEAの効率を考えての決定だからな。おまえ達の意見なんてもう聞かないぞ。ほれ、早く迎えに行ってやれ」

むかえに行く・・・。
坂木は鼻の奥がツンとするのを感じた。


病室のドアを静かに開けると、午後の光に満ちたその部屋はさらに備品等がかたづけられてガランとしていた。
ベッドも整えられ、相変わらず広い空間にポツンと置かれている。
窓はキッチリと閉められ、うすいカーテン越しに外の景色が半透明に透けている。
白いシャツを着てベッドの端に座りぼんやり外を眺めている青年の背中は、
あたりの光のすっかり溶け込んで見失いそうだった。

坂木は陽の名を呼んだ。
陽はゆっくり立ち上がり、坂木の方に体を向ける。
逆光のせいでその表情はよくわからない。だが坂木にはその方が有り難かった。

「さっきはすまなかった。どうも悪い癖が直らなくてな。・・・・・・その、なんだ・・。
また、俺と組んでくれるだろうか」
坂木にとって、いっぱいいっぱいのセリフ。こういう時は言葉がなかなか見つからない。
「いや、その、これは辰巳の決定事項らしいんだ。幹部命令だ、とか言って。俺は嬉しかったんだがな。・・・お前は・・・どうかと思って」

坂木はそこまでいうとじっと陽の言葉を待った。けれど陽は口を閉ざしたまま何もしゃべらない。
息の詰まるような沈黙。
坂木がまた何か言おうと口を開きかけた時、陽はようやく静かにポツリと言った。
「命令なら・・・従うよ」
その抑揚のない声に坂木はハッとした。
「違う、そうじゃない。そう言う意味じゃない」
「・・・うん、わかってる。・・・ごめん」
「・・・」
再び顔を背けてしまった陽を見て、坂木は確信した。

自分はどこかでこの青年を傷つけてしまった。そして、さっき更に追い打ちをかけたんだ。
もう、迷ってる場合じゃない。
坂木は大きく息を吸い込んだ。

「陽。戻ってこい。他の奴じゃダメなんだ。俺はお前に何もしてやれないけど、俺はお前が必要なんだ」
もう、言葉を選んでいる余裕はなかった。今言わなければ必ず後悔する気がした。

「俺はこんな性格だから何か余計なことを言ったのかも知れない。けど忘れてくれ。勝手だと思うだろうが、忘れてくれ。なるべく、そういうところ直そうと思う。
・・・ずっと前にお前が言ってくれた言葉、あれ、覚えてるか?すごく嬉しかったんだ。ほんとうに。
俺はずっとそのつもりでいたんだ。・・・いや、もう忘れちまったかもしれないが」

気が付くと陽がじっと坂木を見ていた。
そして少し当惑したような声で、小さくつぶやいた。
「・・・ずっと、二人でこの旅を続けて行こう」

坂木は一瞬ハッと息を飲み、そして嬉しそうにニンマリ笑う。
「そうだ・・・・・、それだ。俺も、お前とずっと一緒に居たいと思う。な、どうだろう」
額に汗をうかべ必死に話す坂木をじっと見ながら、陽はようやく表情を和らげ、ほんの少し笑った。

「僕でいいのなら」

坂木は改めて陽を見た。光にようやく目が慣れてきたらしい。
いつもの陽だった。
そう見えただけなのかもしれない。けれど坂木はそう思いたかった。
どこで歯車が食い違ってしまったのかは分からないが、どうしてそうなったのかはハッキリわかる。
だから、もう繰り返さない。
陽の少し照れたような表情を見ながら、坂木は心の中でつぶやいた。

おかえり。

    ◇

ホテルに帰る道すがら二人は特に何か会話するでもなかったが、初めてここに来た時の二人と何ら変わりはなかった。またもやタクシーに乗る案を却下され、坂木はぼやきながら陽に少し遅れ気味に歩いた。
ホテルに着き、部屋に入るなり陽は坂木をじっと睨んだ。
「どんだけタバコ吸ったの?」
灰皿に山盛りになった吸い殻。部屋中に染みついた臭い。そして足元に転がった幾つもの空の酒のボトルを見つけ、陽はまた溜息をついた。
窓を開け空気の入れ換えをを始めた陽に苦笑いする坂木。

「お前が帰ってきたら、そう言われるだろうと思ったよ」

開け放たれた窓から柔らかな心地よい風が入ってくる。どこからか甘いキンモクセイの香り。
何日かぶりに光を当てられた部屋を坂木はもう一度見渡した。
この部屋はこんなに心地いい場所だっただろうか。

窓から身を乗り出して子供のように外を眺めている陽を、坂木は久しぶりに穏やかな気持ちになってぼんやり見つめていた。
病室の窓から見えていた観覧車が違う角度で遠くに小さく見えている。
青い空にゆったりと浮かんでいる白い飛行船を見つけ、陽はそれをじっと目で追っている。

答えはずっと前から出ていたのに。
自分にウソを付いていたのは俺だな。

謝らなきゃいけないことも、聞きたいことも沢山あった。
でも、もういい。
想えば想うほど互いを傷つけていく。
だからもう、いい。
坂木は陽の名を呼んだ。

「え? 何」
「行くぞ」
「行くって、どこに?」
「遊園地に決まってるだろう?」
「え・・・・・・」
陽は驚いて坂木をもう一度じっと見つめた。
「え、じゃねえよ。ほら、行くぞ!」

思わず陽は笑い出した。
「行かないよ、遊園地なんて。何だよ突然」
「突然行きたくなったんだから仕方ないだろ! いいよ? お前が行かないんだったら俺一人で行く! いいんだな? こんなオッサンを一人で遊園地に行かすんだな?お前は。こんなおっさんが一人で絶叫マシンとかの列に並ぶんだぞ。イチャイチャするカップルの横でソフトクリーム食べるんだぞ。ぜったい変な目で見られるけど、いいんだな? よーし分かった。お前は冷たい奴なんだ。よし、わかった。じゃあ俺、行って来るから!!」
一人で捲し立てたあと、坂木はチラリと困惑した表情の陽を見た。
そしてそのままバタンとドアを閉めて本当に出ていってしまった。

急に静かになった部屋にひとりポツンと残された陽。
しばらく何かを考えるようにドアをじっと見つめていたが、やがてさっきの子供みたいな坂木を思い出したのか可笑しそうにクスッと笑った。

「しょうがないな」

さっき開けた窓を再び閉めると陽はゆっくりドアに向かって歩き出した。
きっと外で自分を待っているだろう、坂木の元へ。

窓の外にはガラス越しにきれいな円形の人工物が相変わらず気の遠くなる緩やかさで回っている。
ゆっくりと、でも確実に。

ほどけた何かを紡ぐ糸車のようにそれは青空の中、いつまでもいつまでも回り続ける。



          (第7話 HOME END)


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【(雑記)衝動買い。amazonのふしぎ。】へ
  • 【編集長、長谷川  あらすじ】へ

~ Comment ~

次は長谷川さんですか! 

実は長谷川さん、僕のお気に入りのキャラなんです。
ものすごく楽しみです。

そうなんです。 

>本条さんへ

わあ!長谷川さんを気に入っていただけてうれしいです。
なんだか、つついてみると面白そうな人物ですね。
(自分で言うのも変ですが)

意外な素顔が見えて来るはずです。
気にいっていただければうれしいのですが・・・。

おつかれさまでした 

ようやく坂木さんは素直になれたようですね。
こういう言葉は例えば、
夫から妻に言うのはとても照れくさいのですけど、
これが男同士となるともっとですよね。笑。

辰巳さんの粋な計らいも何だかカッコ良かったです。

次回はRIKUですか。
久しぶりですね。楽しみにしてます。

P.S.実は私も長谷川さんが好きだったりする。

ありがとうございます。 

>ヒロハルさんへ

そうですね。ふつうありえない感じの会話ですね・笑
恋愛ドラマだとしても、率直過ぎて照れる台詞を・・・坂木さん、がんばりました。
(不器用な男ですから)
この二人は同志、というか、親子というか、なかなか微妙な関係ですからね。

辰巳さん、いい奴でしょう?KYで単細胞ですが。
だんだん、変化してきますよ、彼。

ヒロハルさんも長谷川さんを気に入ってくださったんですね。
すごくうれしいです!
次話で新たな一面を見せてくれるとおもいますよ。

NoTitle 

坂木さんと陽くんを見て、

テリー・ホワイトの「真夜中の相棒」というハードボイルド小説を思い出しました。

入手困難でなければぜひ読め、といいたくなる名作小説なのですが……。

入手困難ですがぜひ読め(^^)

Re: NoTitle 

>ポールブリッツさん

ははは。いよいよ強制になりましたね・笑
「真夜中の相棒」ですか。
ハードボイルドなんですね?
OEAのような組織がでてくるんでしょうか。
それとも坂木と陽のような??
なんだか気になりますね。アマゾンで探してみます。

NoTitle 

陽は坂木には話すべきだよね。
人は話してもらわなければわからない。
坂木の純粋さが空回りしているようで切ない。
陽には言葉の大切ささえ理解できないだろうね。
優しさがあるだけに辛いなぁ。
一端、心が壊れると治って見えてもそうじゃないんだろうな。
自分の言葉を相手に伝える。
当たり前なんだけど、陽には難しいのだろうね。

ポチって帰りヤース。

ぴゆうさんへ 

まったくです。ぴゆうさんに「ここ、座りなさい」って、陽に説教してほしい・笑
坂木は厳しいようで、本当のところ、陽には弱くて。

言葉で伝える方法を、陽は知らないんだと思います。
伝えて、自分を理解して、愛して欲しいとか、思ってないんです。
全部自分で考えて、処理して、完結してしまうから。

坂木は本当に、苦労しますよ(T_T)
とにかくこの物語、坂木がかわいそうです (^.^;)

それなのに陽が気に入ってしまってる作者www.

今回、長かったのに一気に読んでもらってありがとうございます。
ぴゆうさんのところのコメにも、同じ事がかいてあったけど・笑
ゆっくりでいいですからね^^

でも、核心をついたぴゆうさんの感想読むの、すっごく楽しみです。
また坂木や陽が、蘇ってきてくれてるようで。

次回「本当のエピローグ」はちょっとヤバイ話ですが、一話完結ですよ~♪

何故、長谷川さんが… 

いや、fateも長谷川さんが好きだから良いんですが、一瞬、コメント欄だけ「RIKU」に飛んだのか? いったいいつ移動したんだ???
と焦りました(・・;

「何が善か、悪かという答えは、この世のどこにもなく。
人は、自分の中の神に問うよりほか、ないんですもんね。 」
↑これ、真実だなぁ、と思いました。
だいたい、宇宙真理として、幸・不幸の概念はなく、そこには現象が存在しているだけで、その現象を幸せと捉えるか不幸と捉えるかの人間(生き物)がいるだけだと言われると、善悪ですら、曖昧になってしまう。
麻薬だって、人を狂わせる‘悪’であっても、それを栽培して生活している人々にとっては‘善’であり、原子力だって、毒だって、使い方次第。
結局、善悪も幸・不幸も人間が存在するからこその概念。
そして、死後の世界も、天国や地獄があるのではなくて、そこに在る人の魂に寄って作られる世界だと聞いたことがあります。

仕事がメインではなく、人間を淡々と綴るこの世界は、さらりと深淵を覗きこませる魔力を抱いております。
どれだけ周りが騒いでも、‘陽’は深いものを抱いたままそこに静かに在る。その存在だけが拠り所である、坂木は、実はものすごく人間くさい人ですね。だからこそ、人間は人間くさいほど、その対極の天使や悪魔に惹かれ、彼らが抱く‘光’と‘闇’に焦がれる。
その狭間にいるのが人間だから。

などとそんな感慨を抱きました。

あ~、また引っ掛かるかも(^^;

fateさんへ 

ああ、そうか。
実は以前、「RIKU」シリーズと「白昼夢」シリーズを、交互に更新してたので、そんなコメになったんです。
大丈夫、「白昼夢」に長谷川さんはでてきませんよ^^

またまた。シビれるコメ、ありがとうございます。
これを書きながら、やはりOEAは、ただの殺戮集団で、陽や坂木もただの殺人マシーンなのではないか・・と、けっこう悩んでいたので、fateさんの感想にとても励まされます。
そして、二人の間にある、人間らしい葛藤も120%伝わって、感無量です。

陽が自分を語らないぶん、坂木は人間臭くておしゃべりでしょ(笑
陽がね・・・もう少し喋ってくれると、坂木も救われるんですが。

さて、次回は挿入話ですが、これを読まねば実は、白昼夢は始まりません。(じゃあ、なんだったんだ!Σ( ̄ロ ̄lll)いままでのは)

いや、第8話が、この続編にあたります。
挿入話+第8話で、またちょっと違った目線で陽を見れるかもしれません。

挿入話は、10歳の陽が、坂木に連れさられる、その前日の少し壮絶な物語です。

辰巳さんにシビレた… 

や、もう、陽と坂木(呼び捨て御免なさい)が不可分なのは分かった!!というより、嫌というほど見せつけられてます。

この世にこれほど儚くて、かつまた強い絆があるのか!?ということを…。

いつもは外野の辰巳さんも、少しばかりお節介を焼きたくなるというものです。

なんでしょうね歌の文句じゃないですが

「繋いでたつもりの心の糸は もう解けないくらい絡まって千切れそう」

そんな詩を思い出したお話でした…。

有村司さんへ 

いやいやいや、面目ない。

一気に読むと、きっともう、お腹いっぱいになっちゃいますよね、この2人。
あとは辰巳が「もう、勝手にやってくれ」と、妬くしかない感じで^^;

じゃあ、ここで少し、クールダウンしてくださいね^^

次回は挿入話。本当のプロローグです。
この短い挿入話が、第8話への序曲になります。

時間を15年前に戻して、違うテイストで白昼夢を覗いてみてください。^^

いつも、長い一話を一気読みしてくださって、感謝です!

NoTitle 

こんばんは♪

まるで恋人同士のようですね、このふたり。
互いの為にそれぞれが離れたほうがいい、とか、
相手の為を思って行動するとか、
でも、やっぱり一緒がいい、とか。

仕事が仕事だけに、
自分の気持ちに素直になれないのでしょうね。
もどかしい気持ちが募るばかりなのでしょうね。

今日はこちらを読んで寝ることにします(^_-)-☆
おやすみなさい☆

さやいちさんへ 

ほんとうに、そう言われれば、恋人どうしみたいですね^^

この二人はある意味、家族や、恋人た、そんなものよりも、もっと深い、危うい関係にあるのかもしれません。
見てる方はもどかしいです。
辰巳も、「ええかげんにせえよ」と思ってるかも(笑

長いお話なのに、一気読みありがとうございました。
でも、寝不足にならないように、少しずつ読んでやってくださいね。
一話が長いものもありますし^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

そうなんですよね、このふたりが分かれてしまったら、お話が終わってしまいます(笑)
その、ギリギリを、楽しんでもらえたらな・・・と。

遊園地って、ぜったい男ひとりで行くところじゃありませんよね。なんか、不審(笑)
USJみたいなところなら、別ですが。

私は大阪在住なので、USJには何度も連れて行かれましたが、怖がりなもので、どれも怖くて乗れませんでした。怖がりには向いていないアトラクションばっかりなんですもん><

小さい頃は、メリーゴーランドで泣いていましたから。
でも、陽となら、行きたいなあ(笑)坂木は??

Kさんの作品は、どんどん進んでいるのですね。
私も、もう少し読みすすめてから・・・と思いつつ、なかなかそちらに伺えなくてすみません。
また、コメントに伺いますね^^

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

追記、ありがとうございます。
いえいえ、私もゆっくりしか読めないので、お互い無理のないようにのんびりいきましょうね^^

Kさんのほう、人物紹介の、相関図のようなものを作ったらいいかもしれませんね。
生徒、先生、部外者など。
きっと読みやすくなると思います。

そうなんです、私はもう大阪に長く住んでいます。でも、出身は山口県なのです。
だから、九州弁もわかりました。
方言については、私のブログでもリンク友達と、いろいろ話し合いまして、その結果、
方言は、その地方の人間以外にはとても読むのが難しく、読めたとしても、そのイントネーションが伝わるわけではないので、小説の中で、(いくら地方が舞台でも)方言は使わないのがいいだろう・・・という統計がでたのです。
私も、方言を織り交ぜた作品を書いていますが、読み返すとやはり、テンポが崩れるような気がするのです。
全員が方言ともなると、読んでもらえない確率が上がってしまいます。(プロの作品でも、方言は敬遠されるそうで)

ドラマや映画ならば、視聴者にストレスを与えませんが、やはり文字で方言となると、メリットが薄いかな・・・と、私も意見交換の中で、思い至りました。
でもKさんの方言は、語尾が違うだけなので、ストレスにはなりませんし、人物の特徴として使うのには効果的だと思います。
私もこれから地方が舞台の作品を書くかもしれませんが、割り切って標準語で行こうと思っています。

九州のスペースワールドは、たのしいですね。
USJよりも、よっぽど好きです。私の大好きな世界です^^
また行きたいなあ~~。大阪にも、できればいいのに!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

追記、ありがとうございます。

そうなんです。
この白昼夢、最初に登場するのが、ほんの脇役の女性なので、いったい誰が主役なのか、わかりませんよね。
実は、この物語、友達とネット上で戯れてて、お遊びで書き始めてしまった物語なのです。
それまで、人生で小説など、書いたこともなかったのに。
正真正銘の、処女作なのです。
だから、Kさんは、私の一番の拙作を、読み始めてしまったのです!!(今更言っても遅いが)

でも、後半は少しずつ、このふたりの物語を確立していくことができたと思います。
読者が楽しめる物語を、自分なりに模索してみました。
(最終話は、第1話へのループになっています。)
物語は、途中から立て直していけるか! というチャレンジでもあります^^

Kさんも、書きながら、誰にポイントを絞るかを考えていくと、きっとぐっと入り込める物語になると思うのです。
最近の物語は、同じような失敗をしないように心がけています。
もしよかったら、別の短編なども、覗いてみてください^^
まるっきり、文章が変わってしまっているはずです。(いいのか、悪いのか^^;)
お互い、頑張りましょう^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【(雑記)衝動買い。amazonのふしぎ。】へ
  • 【編集長、長谷川  あらすじ】へ