未分類

(雑記)衝動買い。amazonのふしぎ。

 ←白昼夢 第7話 HOME(4) →白昼夢 第7話 HOME(5)
今は便利になりましたよね。
買いたい本があれば、すぐにネットで注文。そして翌日には届いてしまうんですから。

書店に行って本を選ぶのは大好きなんですが、時間が取れずなかなかゆっくり長居できません。
昨夜も、本を一冊購入しようとしてamazonに立ち寄り、ついでに大好きな生物学や化学の本も検索していました。

・・・止まらないです。
10冊くらいカートに入れてしまいました。

生まれて初めての「小説の書き方」の本も購入しました。
小説を書き始めて2年。まったくこの手の本を読んだことがないのを懺悔します。
いやあ、怖いですね。いままでの私の書き方の間違いを気付かされるかもしれません。
書式に関してはわざと独自の改行でデフォルメして書いているので、こちらは今のままで行こうと思っているのですが。でも、何事もすべて独学では通用しないのかもしれません。
ドキドキです。


それにしても、amazonの中古本って、不思議ですね。
安いのレベルではなく、『1円』とかなんですね。

1円って・・・。
それも、私が欲しかった専門書(1500円相当)も、1円です。
送料が350円かかりますが、あくまで送料ですもんね。
提供者には何の利益があるのでしょう。

先日も1円で買った本が届きました。
丁寧な包装で新品同様です。なんだか申し訳なかったです。
いったいどんなシステムなんでしょうね。なにやらおおっぴらにできない大人の事情なんでしょうか。

何はともあれ、1円本合わせて2000円分の本を買いました。
送料が2500です・笑
なんだか妙な買い物ですね
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第7話 HOME(4)】へ
  • 【白昼夢 第7話 HOME(5)】へ

~ Comment ~

レビューしました。 

僕もつい衝動買いしてしまう悪癖があります(苦笑)
「RIKU」シリーズのレビュー記事を書きました。内容に問題や不備な点などがございましたら、お手数ですがお知らせいただけたら幸いです。

感激です! 

>本条克明様

こんなに早く書いていただけるなんて・・・。
今、読ませていただきました!もう、感動で泣きそうです。

たった一人でも良いから、本当にこの物語を好きになってもらえたら・・・と想いながら作品を書いている私にとって、これ以上嬉しいことはありません。
最高に素敵なレビュー、ありがとうございました。
私の欠点とも言える、状況説明の薄さも、長所として受け止めていただいたところなど、なんだかエネルギーを貰いました。

あのレビューに、私本人がコメントしてもいいでしょうか?笑
変でしょうか・・・。
でも、また御礼に伺いたいと思います。

私の方でもレビューさせていただいた記事と、本条様のブログの紹介をさせていただきたいと思っています。
本当にありがとうございました。

NoTitle 

コメントいただけだら幸いです。
でもよかった……(いつものことですが)勝手に偉そうなことばかり書いているので怒られたらどうしようかとヒヤヒヤしました。
お礼を言うのを忘れていました。レビューすることを許可してくださり、本当にありがとうございます。

Re: NoTitle 

ありがとうございます。
さっそく、コメントさせていただきました。
たくさんの小説に混ざってのレビューに、うれしいやら、はずかしいやら。

これからも本条さんのレビューを参考に、いろんなジャンルを読んでみたいと思います。
そして、今回、目からうろこの発見!
私のジャンルは「ライトミステリー」なんですね!
ずっと分からなかったんですが、とってもしっくりきました!
(無知にもほどがありますね・笑)

NoTitle 

新人賞選考のシーンをテレビで見た事があるのですが、数ページも読まれないうちにボツ箱送りになってる作品がありました。
もしかしたら選考者に『手法を知らないヤツやな』と思わせてしまう素人独特の書き方とかがあるのかも知れませんね。

そして1円本!!コレは前から僕も気になってました。 本当に1円なのですね。 驚きです。
そりゃ町の小さな書店も潰れますね。

NoTitle 

わたしの「小説の書き方」の座右の本は、

姉小路 祐先生の「推理作家製造学 入門編」です。

この本のえらいところは、作者の姉小路先生が新人賞に送ってはボツになった作品を、いわば「反面教師」として当時の選評つきで載せていることでしょう。

しかも、自分の最新作の草稿を「編集者による朱」つきで載せており、編集者がどんなところを見るのかについてやたらと参考になります。

自分についてもてらいのない実に率直な評価とものいいをしており、普通の人に書ける本ではありません。

読むたびにファイトが燃え上がってくる名著です。

なんでこれが絶版なんだ(T_T)

Re: NoTitle 

>蛇井さんへ

数行読むと、その作者の文章力って、長けてる編集者にはきっとわかるんでしょうね。
ストーリー構築以前に目線の書き方とか、根本的な部分が分かってないと数行でボツなんでしょう。
私も人様に見せる以上、
応募しないからといって、やはりこの手の本を読まないわけにはいきませんね。
さっき届いたので、さっそく読んでみます。

あ、1円、やっぱり不思議ですよね。

Re: NoTitle 

>ポールブリッツさんへ

そんな親切な本が・・・。
やはり、応募する人にとっては、一番知りたい所なんでしょうね。

私は応募はしないので、基本的な常識が丁寧に書かれた本を買いました。
どんなハウツー本を買っても、やはり最後は作者の力量・・・なんですよね。
きっと。
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第7話 HOME(4)】へ
  • 【白昼夢 第7話 HOME(5)】へ