「白昼夢 」
第6話 追憶

白昼夢 第6話 追憶(3)

 ←白昼夢 第6話 追憶(2) →ラビット 第5話 夢のつづき(1) 
ひんやりとした感触を額に感じて坂木は目を開けた。

「ごめんね、寝てた?」
陽が氷嚢を作ってくれているほんの少しの間、坂木は昔の夢を見ていたようだ。
「ああ、悪いな」
「医者に行った方がいいんじゃない? 付いて行こうか?」
「行かないよ。医者は性に合わない。余計具合が悪くなっちまう」
「・・・しょうがないな」
少し呆れたように笑う陽を、坂木はぼんやり見つめた。
昔の夢を見たせいだろうか。
この何でもない時間が何とも言えず暖かなモノに感じられる。
ずっとこのままこうしていられたら・・・。

「じゃあ薬買ってくるから、ちゃんと寝ててよ」
「今度は子供扱いか?」
可笑しそうに笑いながら部屋を出ていく陽をベッドの中から見送りながら、
坂木はまた辰巳の話を聞いていたときのザラリとした不快感を思い出していた。

あの室田カイトが殺されていた。
坂木は霞のかかったようなあの当時の記憶を辿ってみた。

陽に名前を付けたあの日からまた坂木は施設に行く機会を失ってしまったが、元気にしているという連絡は受けていたので安心していた。
辰巳が坂木の来るのを快く思っていなかったこともあり、結局再会の日まで会うことはなかった。
だから室田を見たのはあの日が最初で最後だった。行方不明になったと言う話も聞いていない。
陽は室田がいなくなった事は当然知っていたはずだ。子供が一人いなくなったのだ。施設内で騒ぎにもなっただろう。
さっきの反応の意味が分からない。単に興味がなかっただけなのだろうか。
何かが引っかかる。頭の奥がズンと重く疼き始めた。

その時携帯のバイブが激しく唸った。
辰巳からだ。
坂木は陽がいなかったことに少しホッとして電話に出た。

「陽はいないのか?」
「出かけてる。薬を買いに行ってくれた」
「そうか、熱があるんだったな。手短にするよ。・・・さっきの話だが、お前はどう思う?」
「もう15年も前の話だろ。今更蒸し返してもどうしようもないだろ?」
「もちろん、そうなんだがな。・・・お前は気にならないのか? 俺たちはターゲット以外の人間を殺して平気でいる悪魔を育てたのかもしれない」
「どういう意味だよ」
「お前が思っている通りだよ。陽は俺たちが思っているような人間じゃないのかもしれない」
「いい加減にしろよ辰巳! 憶測でモノを言うな」
何も食べてない胃がキリキリと痛んだ。

「陽を疑ってるのならどうかしてるよ。あいつにそんなことが出来ると思うか?」
「その1ヶ月前に人ひとり殺した子供だがね?」
辰巳は容赦なく続けた。

「今思えば室田が居なくなったあたりから陽は別人のように生気を取り戻していった。昔のことだがよく覚えているよ。あの時変だと気付けば良かった。てっきり室田は逃亡したんだとばかり思っていたからな」
辰巳の声を聞きながら坂木は呼吸が苦しくなっていくのを感じた。

「お前はどう思った?」
「・・・俺は一度会いに行ったきり会ってないし、そんなこと分からないよ」
「そうか? 室田が居なくなる少し前、お前は施設に来てたぞ? 最後だからって言って」
「・・・?」
「そう言えば今日みたいに熱を出した時だったんじゃないか? ・・・そうだよ、思い出した。陽に会った後お前は熱のせいでぶっ倒れて俺が医務室に運んだんだよ」

・・・・辰巳は何を言っているのだろう・・・・
坂木は言葉が出てこなかった。

「陽が真っ青になって俺を呼びに来たんだ。後にも先にもあんなに取り乱したあいつを見たのは初めてだったよ」
耳鳴りのせいで辰巳の声が遠くに聞こえる。急にその言葉が知らない言語のように感じられた。

そんな記憶は坂木の中に存在しなかった。
あのあと会いに行ったことを忘れてしまったのだろうか。
あんなに気にかけていた陽との再会を?
熱で倒れたことまでも?

「辰巳・・・お前の記憶違いじゃないのか?」

“もうそれ以上 踏み込むな”

坂木の中で何かが低く唸った。

「覚えてないのか? 俺は付き合わなかったが、随分長いこと居たんじゃないのか?」
頭の中でザラザラとノイズの混ざった記憶が、無理やり自動再生されようとしている。

“もう 逆らうなよ”

坂木の中の別の何かがそう言った。

「お前が倒れて陽はかなりショックだったんだろうな。医務室のベッドから丸二日動こうとしなかったよ。食事さえもしなかった。あんな短い間にどうやったらそこまで懐いてしまうんだか」
少し呆れたように笑う辰巳の声を坂木は幻のように聞いていた。
体中が痺れるような感触。激しい動悸。込み上げる吐き気。


・・・・・思い出したよ 陽・・・・・・・・


忘れ去っていた記憶の扉が坂木をあざ笑うかのようにゆっくり大きく開いた。

名前を付けてやって数日経ったあの日、確かに坂木は再び陽に会いに行った。
けれど施設内のどこを探しても陽はいなかった。不安がよぎる。
あの室田という少年もいない。
以前つるんでいた二人に聞くと少し坂木に怯えながらも含み笑いをして地下じゃないかと言った。

朝からあった熱の為に頭が少しボーッとしていた。階段を降りていくだけで動悸が激しくなった。
暗い地下に降りると始めは目がくらんで何も見えなかったが、やがて微かな光の中に二人の少年が向き合っているのが見えた。
小さな影は壁際に追いやられている。

イジメは執拗に続けられていたのだ。

けれど陽の目はこの前とは違っていた。
必死に室田に立ち向かおうとしている。
自分を守ろうとしている。
それは坂木との約束だった。

「陽!」
室田が陽に掴みかかるのと同時に坂木は叫んだ。坂木を見た陽の目に安堵の色。
けれど室田は坂木を見て笑った。
およそ少年とは思えないゾッとする目で笑った。
そうして坂木に見せつけるように、持っていたナイフを陽のその目の上に振りかざした。

そこまでで限界だった。
坂木の理性はそれ以上働かなかった。

陽はどんな思いでその後の光景を見ていたのだろう。
どれほどのおぞましい記憶をあいつの中に刻み込んでしまったのだろう。
俺は・・・どうやって償えばいい・・・。


ふわりと目の前を何かが動いた。
きれいな指が坂木の握っていた携帯の通話ボタンをOFFにする。
いつの間にか帰ってきていた陽が、坂木の座っているベッドの横に静かに立ってた。
坂木はゆっくりと陽を見上げた。

「思い出しちゃったんだね」

こんな悲しそうな陽の目を見たのは初めてだった。

「ずっと、忘れていてほしかった」

もう、坂木には陽にかける言葉がなかった。
その資格もないと思った。
頭は絶えず何かで殴られたように激しく疼き、体中が痛んだが、坂木はもう、そんなことどうでも良かった。

ふいに首筋にひんやりとした感触。
「ひどいな。熱がすごく上がってるよ。頭、痛いんじゃない? また氷持ってくるからすぐ横になって」
言われるままに横になった坂木をのぞき込みながら陽は静かに言った。
「あの夜も、こんなふうに熱を出したんだよ。大丈夫。ちゃんとまた忘れられる。
目が覚めたら、きっとすべて忘れてるからね」

再び頬に触れてきた手の冷たさが心地よかった。
雲に包まれていくような安心感。
いったい何の魔法なのだろう。
その手が全てを許してくれるような気がした。
どんな罪も浄化させてくれるような気がした。
・・・俺は本当の天使を拾ってしまったのだろうか。

もう何も言わなくていいような気がして坂木は静かに目を閉じた。
そして包まれるような不思議な安堵感のなかで眠りに落ちていった。


陽は坂木が起きないように氷枕をそっと取り替えたあと、ベッドの横の小さなソファにひざを抱えて座った。
15年前のあの日のように。

『まったく、主人に忠実な犬みたいだな』
昼間の辰巳の声を陽はなんとなく思い出した。

「・・・ひどいな、辰巳さん」
そして小さく、クスッと笑った。



    (第6話・END)


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第6話 追憶(2)】へ
  • 【ラビット 第5話 夢のつづき(1) 】へ

~ Comment ~

なるほど 

こんにちは。
先日は「地球の軌跡」を読みに来て下さってありがとうございました。

坂木さんと陽の絆が深いわけ、よくわかりました。
どちらの代わりもできる人なんていないんでしょうね。きっと。

まだまだ続くんですね。これからも頑張ってください。

ありがとうございます! 

ヒロハルさん
最後まで読んでくださってありがとうございます。
(あ、最後ではないのですが)

なかなか楽しい展開にはならない白昼夢にお付き合いいただいて、
感謝でいっぱいです。
このお話って、視点を変えるととても倫理的に許せない部分も出てくるかと思うんですが
そこはもう許していただいて、この話の世界観に身を置いて欲しいと願っています。

最後はこの話の本当の神髄に迫りたいと思います。

「地球の軌跡」、おもしろかったです。
感想がへたくそなので本当に申し訳ないです。もっといろいろ書きたかったのに・・・。
今、作品作りの真っ最中ですね。頑張ってください。

NoTitle 

「亡国のイージス」で、主役コンビのかたわれの特殊工作員が、教育の過程の一環で、かわいがって育てていた子犬を自分の手で始末しなければならなくなるシーンが頭に残っています。

坂木さんもねえ……うーん工作員としての教育上……うーん……。

Re: NoTitle 

>ポールブリッツさんへ

かわいがってた子犬を・・・(T_T)
子犬じゃなくて、人だったら・・・(ToT)

ついつい悲劇好きの血が騒いでしまいます。
坂木さん、工作員としては、どうなんでしょう。きっと不適合なんでしょう。
人間的には、面白いおじさんなんですが。

このお話はある意味悲劇ですから。
何か、起こるんでしょうね・・・。
(おもいきり小説のセオリー無視しますが、怒らないでくださいね)
いや、でも、ここまで読んでいただけるとは。恐縮です。

こんばんは。 

やっぱり気になって、先に読み進んでいます(笑)。

前章の『サクラ』にもコメを残そうかと思ったんですが、何となく「途中」の雰囲気だったので、一気にここまで読んでみました。

陽が坂木を慕う理由(わけ)、わかる気がします。
読んでいて、情景が浮かんで来るようなlimeさんの手法に、一気にのめり込みました。

坂木と陽がこれからどう迷走させられるのか。
まだまだ先が続くので、これから少しずつ背景が見えて来る事を期待します。

しかし、坂木さん…
こんな世界に身を置いてるのに、余りにも「人間臭さ」が滲み出てて、可愛いです(笑)。

Re: こんばんは。 

>蘭さん

おおお、一気にここまで。
だ、大丈夫ですか?体壊しちゃいますよ・笑
でも、とてもうれしいです。

坂木をかわいいと言っていただけて感激です。
じつにオッサンなんですけどね・笑
どうにも陽が心配なんでしょうね。
陽が喋らない人なので、感情移入は坂木に行ってしまうようです。

イレギュラーな挿入話が入りますが、あとは今までのような物語・・・でしょうか。

今更新中の9話のあと、一気に終わります。
もう、セオリー無視した展開で、怒られるの覚悟で更新します(^^ゞ

本当に今日はたくさん、ありがとうございました。
ゆっくり休んでください。

NoTitle 

白昼夢、第6話まで読了~♪
いよいよ、陽と坂木の関係というか、心の結びつきがあきらかになってきましたね。
この物語の独特の雰囲気、空気感が好きです ^ ^

西幻響子さんへ 

拍手をしてくださってたのは西幻さんでしたか。

一話の文字数が多い白昼夢ですが、読んでくださってすごくうれしいです。

初めて書いた物語だけに、思い入れも大きい作品です。(未だにあの二人が恋しくて・・・)

そして、これを読めば、秋沙さんの物語を100%楽しめるという、大きな特典があります!笑

どうか、陽と坂木の旅、見守ってやってください。

NoTitle 

素晴らしい構成。
一気に読ませる。
無駄がまるでない。
読んでいて心地よい。

自分の為にそこまでしてくれたことで、彼の壊れた心が少し戻った気がした。
坂木自身が封印するほどの激情。
彼にも何かあったのだろう。
なければこんな仕事は続けられない。
陽が唯一信頼をするのも頷ける。

ぴゆうさんへ 

ストレートなお褒めの言葉、もったいないくらいです。
一気に、ストレスなく読んで戴きたいと言うのが、私の願いでもあります。

陽が坂木に懐くわけ、それはこの事件がすべてではないんでしょうが、
きっとこの時陽は、生きようと思ったはずです。

坂木は坂木で、とても重い過去を背負っているようです。
・・・いえ、私はこの「白昼夢」では描いていないんですが・汗
この「白昼夢」と坂木を気に入ってくれた友達が、「もうひとつのDOOR」というブログを立ち上げて、坂木の過去を書いてくださってます^^(すごく嬉しいです)

陽が喋らない分、この坂木がどんどん喋ってくれます。
そんでもって、たくさん悩みを抱えてくれます。
とっても人間臭い、このヒゲおやじも、どうぞよろしく(*^_^*)

あ!鍵コメで、字の間違いを教えてくださってありがとうございます!
全然意味が違ってきますよね・汗
何度も読んだのに、思い込みって怖いですね(^^ゞ
またもしあったら、宜しくおねがいします♪

ご迷惑お掛けしております(--; 

いや、世界の内容が重いので、なんて言い訳ですな。
皆さん、引っかからずに素敵なコメントされていらっしゃるのに、何故に、fateは不正コメントが好きなんだろうか!(いや、好きじゃないんです! 信じてください(TT)

…というアホはおいといて。
ガラスの向こうの世界のような、ぞっとするくらい透明で脆く美しい、そんな印象を抱きました。
ここまで拝読させていただいて、これは『花籠』より『スムリティ』に近いstoryだな、と感じました。まだupしておりませんが、いずれ、掲載したいと思っている世界です。
ということは、似たような話ばっかり描いてるってことですな(^^;

組織のコマとして生きる人間の心の葛藤と、闇を抱くことへの絶望のようなもの。命を扱う仕事につきものの、神の視点もどこかに潜んでいるのかも知れませんね。
医療も同じです。
正しいことを模索するより、楽しいことを探す方が、正解に近付く。
何故なら、頭で考えるより、命そのものの深淵は、命がどうあるべきかを知っているから。

それが許されないなら、せめて、人は‘忘れる’しかない。
そんなことを思いました。

fateさんへ 

迷惑なんてとんでもない^^
「また引っかかりましたー」と言って頂ければ、すぐに囚われのコメを救出いたします!
(だって、厳しすぎるものーーー)

いつも、fateさんの素敵なコメに、元気を貰っております。
この頃の作品は、あまりに手垢がなくて、人間くささが描けてないようにも思えるんですが、
これも自分の世界だな・・・と感じて(あきらめて)、愛おしんでいます。

未発表のfateさんの作品に、似ていましたか。
しかし。。。どんだけたくさん書かれてるんですか!
すごすぎる・・・。
でも、当分はfateさんワールドを楽しめるんですね^^うれしいです。

このOEA。予備軍の子供達は、親に愛を受けずに育った子供らが多く。
これはこれで、OEAの大きな問題ですね。
指針を誤らねばいいんですが。

>正しいことを模索するより、楽しいことを探す方が、正解に近付く。
何故なら、頭で考えるより、命そのものの深淵は、命がどうあるべきかを知っているから。

これは、なるほどと思いました。
法に縛られて、堅い頭で考えるよりも、人は自分の心に聞いた方が真に近づくのかも。

何が善か、悪かという答えは、この世のどこにもなく。
人は、自分の中の神に問うよりほか、ないんですもんね。

坂木は、それでも自分が出した答えを恐れ、記憶を封じ込めました。
(熱のせいでもありますが)
陽は、坂木の狡さもひっくるめて、坂木を受け入れたんですね。

善とか、悪とか・・・。彼らの前でそれを問う資格のある人間は、いないように思います。

NoTitle 

おはようございます。

知ったかぶりの嫌な言葉を使うと、陽と坂木の関係は「共依存」ですが…。

そんな言葉が紙くず以下の陳腐な言葉に思えるほどの固い絆で二人は結ばれているんですね…。

というより、どちらが欠けても機能しなくなる「半身」のような…。

陽がいなくなったら、坂木は血反吐を吐きながら陽の名を泣き叫んで息絶えそうですが、陽は、スーッと、この地上から消えてしまいそうです…。

天使のように。

有村司さんへ 

「共依存」。まさしくそうですね。
どちらが欠けても、この2人、ちゃんと立って居られないような気がします。

ここまで来る間に、このふたりは、人間界で言うところの「法に触れる罪」を、いくつ犯してきたことでしょう。
けれど、ふたりはその罪を、ちゃんと心に刻んで生きているんでしょう。
いったい、どこへ続くのか・・・。

有村さんの最後の3行。作者はドキリとしましたよ。

なんか・・・能力者ですか? 有村さん・・・汗

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ 

おお! 了解です^^i-189

NoTitle 

こんばんは♪

今日はこちらを読みました。
行方不明になった少年は、坂木さんが殺してしまったんですね?
坂木さんの暗い過去のせい?ん?
この記憶の消失はどのような意味があるのか、
はたまた、ただ記憶を失くすほど受け入れ難いことだっただけなのか、
考えてしまいますね。
明日も読むのが楽しみです☆

さやいちさんへ 

さやいちさん、今日も読んでくださってありがとうございます^^

坂木がその少年を殺してしまったのは、ひとえに陽を守りたかったからですね。
坂木の中に、守るモノのためにカッとしてしまう血があったのでしょう。

記憶を無くしたのは、たぶん弱さと、少しばかりの狡さのせい。
人間にはそういう潜在能力があるのかも、と、作者は思います。

どちらにしても、許されない罪ですが、
この物語は、その世間一般の倫理を越えたところで展開したいと想っています。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

え・・・と、室田を殺してしまったのは、組織ではなく坂木自身なのでした。
人間的で、人を殺すなんて仕事は絶対向いていない、と誰もが思う坂木ですが、実は大切な人のためならば、鬼になることができる・・・というのを、この回で、匂わせたかったのです。
そして、だからこそ、陽は、自分のために罪を犯してくれた坂木を、生涯守っていこうとしたんですね。
二人の絆が、この辺から生まれたことを、伝えられれば・・・と思ったのです。
いじめというテーマは残酷で深くて出口がなくて、手を出しにくいのですが、あえて取り上げてみました。
人間が人間として生活する以上、もしかしたらなくなることはない問題なのかもしれません。

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメKさんへ 

あ、再びすみません。Kさんの作品も、これからそんな深い部分に突入するのでしょうね。
なかなか平日は行けなくてすみません。また、おじゃましますね。^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第6話 追憶(2)】へ
  • 【ラビット 第5話 夢のつづき(1) 】へ