☆雑記・四方山話

(雑記)ジャンルって難しいね

 ←白昼夢 第5話 サクラ(1) →白昼夢 第5話 サクラ(2)
自作小説を紹介するときに、ジャンルを書く欄がありますね。
私はいつも迷ってしまいます。

ブログ村やFC2には、私の場合「ミステリー」と書いていますが、はたしてミステリーなのか・・・。
本格推理物をミステリーというのなら、全く違っています。
殺人犯人を探すわけでもないし、大がかりなトリックをひも解くわけではないし。

今も番外を製作中の「RIKU」は特に迷いました。
ミステリアスだけれども、推理ではない。ホラーやファンタジーを掲げると、ネタばれになってしまう。

ああ、サスペンスなのかな?とも思うのですが、その定義もよく知らないんです。
サスペンス。宙ぶらりんな、不安定な、心を揺さぶられて、ドキドキして、不安感をあおられて、どんでん返し・・・みたいな。

それいい・笑
そんなの書きたいな。
じゃあ、サスペンスだ。

でも、どうにもあの、TVのサスペンス劇場とかの「じゃじゃん、じゃーじゃー♪」みたいなイメージが・・笑
小説ジャンルの中にもあまりサスペンスの項目、ないですよね。
そんなに殺人は起こりませんし、最期、断崖絶壁で犯人が罪を告白・・なんてのもないですし。
家政婦も覗きませんし。

ミステリアスな感じの、たまにドキドキさせて、ちょっと恋なんかもまじって、友情なんかもあって、
さらに伏線によって、あ!っと驚かせる・・・・的な、ジャンル。
完成度の高い、エンタな小説、書いていきたいですね。

そうか。
読んでみて、初めて感じるものなのかもしれませんね。
これは恋の話だったな。これはファンタジーだ。ミステリーだ。って。

読んでみて、しまった、これはミステリーを語った悲恋ものだ、・・とか騙されるのもまた、おもしろいかもしれません。
関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【白昼夢 第5話 サクラ(1)】へ
  • 【白昼夢 第5話 サクラ(2)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

ジャンル困りますi-237
とあるブログランキングに参加した時にジャンルを選ばなければならなかったのですが、該当する様なジャンルが≪ユーモア・おもしろ≫しかなかったんです。
自分で≪オモシロ≫て…i-229

Re: NoTitle 

う~。オモシロに自分で置くのは勇気が要ります・笑
(たしかに蛇井さんのはオモシロだけど・笑)
そうか、小説以外の、日常のブログもジャンル分けするんですねえ。
それはもっと難しそう。

でもブログでも小説でも、そのジャンルを目標に覗きますから、やっぱり慎重に選びたいですよね。

同じ経験ありです。 

私も全く同じことで悩みました。

何かよくわからないけど、謎はある。
でも犯人探しやトリックの種明かしなどがあるわけでもない。

ミステリーには今書いた二つの要素がありますよね。

一時期、自分の作品をFC2小説のミステリーに入れてて、違和感を感じて、ジャンルを変えました。

なんかぴったりと来るジャンル分けがあればいいんですけどね。

やっぱり 

ヒロハルさんもですか。
きっとみんな悩むんでしょうね。
やっぱり選択肢がすくなすぎですよね。

最初、文学に行こうかと馬鹿なことも頭を過ぎったんですが。
違いますね・笑
文学こそ、私の未知なる分野です。

推理小説と、ミステリー、この二つが別物だったら一番いいんですがー。



NoTitle 

わたしも一見ファンタジーとみせかけて実はガチガチの謎解きものを書いたときには、もしかしたら怒られてしまうのではないかとぞくぞくしたものでありました。

結局、読んでくれた人は微々たるもので、怒る人もいなかったというオチ……(^^;)

Re: NoTitle 

ポール・ブリッツさんへ

謎解きと見せかけて、ファンタジーで終わるより、大歓迎ですよ。

ブログ小説を読んで怒る人って、きっといないですよ。たぶん(^.^)

とはいえ、自分の書いたものにガッカリされたり「おもしろくなかった」って言われるのは辛いので、どんな物語でも、更新するときはドキドキですよね。
(誰も読んでくれないのはもっと怖い・・(^o^;…

これもスリルとロマン・・・ですかね・笑

こんにちは。 

ワタシも自作品のジャンル付ですごく悩んでいます(現在進行形)ただ面白い話、わくわくする話が書きたい!という意欲だけはあるのですが、ジャンル…?はて?となってしまいます。
結局ブログ村のカテゴリでは「ノンジャンル小説」に属しています。
しかし悩みは尽きません…。

有村司さんへ 

やはり、有村さんも悩んでるんですね。

そもそも、細かくジャンルを決めることに、無理があるんですよね。
人の人生にジャンルが無いように、物語にだって・・・っていうのは大げさかな?

現在、某サイトで小説大賞に応募して競ってるんですが、あれも、ジャンル違いかなあ~って悩んでいます。
「青春」って・・・・・いったい、どんな定義!(笑

「ノンジャンル」っていうのが、一番賢いかもしれませんね^^
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【白昼夢 第5話 サクラ(1)】へ
  • 【白昼夢 第5話 サクラ(2)】へ