流 鬼

流鬼 第21話 カラスと鬼の棲む森(2)

 ←流鬼 第21話 カラスと鬼の棲む森(1)   →(雑記・イラスト)残暑お見舞い申し上げます(*´ω`*)
「じゃあ、その鬼の話を根岸にも?」

「ええ、しました。このあたりの歴史や言い伝えを調べてるって言う事でしたから」

「彼に話したのと同じ話を教えてもらえませんか」

「ああ……、でもそんなたいそうな話じゃないですよ? あそこに夜千代村が出来た時からあった、本当にただの昔話ですよ。
村ができて間もない頃……っていうから、もう1000年以上前なのかな。他の土地から流れて来ていつしか住みついた鬼たちがいてね。ほとんど人と同じ形をして人に成りすましてるから、うっかり交流しちゃうんだけど、気性が激しくて、気に入らないことがあると、気分次第で人を浚って行って喰らったっていう、……まあ、よくある感じの昔話ですよ」

飛田は黙って頷いた。米田講師に聞いた、近年移り住んできた集団の話はまだ出てこない。
女将は少し笑いながら続けた。

「人を食べるというのはいかにも昔ばなしっぽくて笑えるけど、若い鬼がどんどん子を産んで数を増やして言ったっていう一説は、なんか生物学的で妙にリアルなんですよね。13年周期だったかな。そう言う数字を出されると怖くなるのは何ででしょうね」

「13年周期」
思わず飛田が声を漏らした。

先刻、須雅神社を清掃中の老人がつぶやき、飛田自身も気になっていた言葉だ。

「ええ、そう。ほぼ13年ごとに鬼たちは子を生み、その子もまた13で子を生み、どんどん増えて行ったんですって。結局はその鬼たちは村人の団結によって排除され、あの周辺の山から出て行ったっていう大団円なんだけど」

「大昔の話にしては、13年で子を産んだってエピソードはすごく具体的ですよね。そんな記述が残ってるんですか?」

米田教授の話だと書き留められたものは無く、すべては伝聞だったと聞いていた。

「さあ、そう言うのは無いんじゃないですかねえ。聞いたことないし。まあ、大昔の鬼に関してはどこかで脚色が入ったのかもしれないなって思うんですよ。13年って言う具体的な数字も、後付けかもしれないし。
鬼なんて、言ってみればファンタジーみたいなもんだしね、どうとでも書き変えられるでしょ。でも実はね、あの村の人たちが恐れてる流鬼って言うのは、その昔話の流鬼じゃないんですよ」

女将が声を僅かに顰める。

「150年くらい前にも、その流鬼が村に再来したっていう続編があるんです」

「再来?」

「そう。実際須雅神社に祀られてる鬼って言うのは、その時再来した流鬼の事なんですって」

「……そんなに近年の話なんですか」

やはりそこにたどり着いた。飛田は興奮して前のめりになるのをぐっと抑える。

「その移り住んできた人たちっていうのが、すごく奇妙でね。一見普通の人間で、村の仕事を手伝いながら生計を立ててるんだけど、一カ所にかたまって暮らして村人と深く交わろうとしない。
不思議な事に13歳前後で子を産む女が多くて、村に滞在した50年くらいの間にどんどん数を増やしていったんですって」

「13歳」
「そう、その辺からして、あれっ……て思うでしょ?」

女将は近所の噂話をするように声を潜めつつも、滑舌よく喋った。

「その移住者たちの何人かは恐ろしい神通力のようなものを持ってたらしくって、ある日喧嘩を吹っ掛けた村人が、その集団の一人に手も使わず一瞬で殺されちゃったんです。
そっからはもう村人は、やっぱりそうだ、鬼の復活だって大騒ぎし始めて、全面的にその移住者の集団と対立するようになっていったそうなんだけど……。結局ね、その移住者たちは長屋の火事でみんな死んでしまったんです。結構な数だったみたいですよ。焼け跡は地獄絵図だったって。
村はいったんは平静を取り戻したんだけど、それ以降、山火事や原因不明の伝染病なんかが絶えなくて、村の人はこれは崇りに違いないって恐れ、須雅神社に流鬼を祀ったんですって。まあ、祀るというより封印と鎮魂の意味の方が近いような気がするんですけど」

「その移住者たちの長屋の火事は、結局、人為的なものだったんでしょうか」

「さあ……。でも祟られるって思うって事は、罪悪感があるからでしょうし」

女将は眉尻を下げて含みを持った笑みを浮かべて続ける。

「でも村の人たちも怖くて仕方なかったんでしょうね。鬼の復活だとしたら退治したくなる気持ちも分からないではないですもん」

「退治……ですか」

複雑な思いで飛田はそれだけ返した。
100年ほど前の人間たちが、実際鬼などというものをどこまで本気で信じていたのだろう。

米田教授の話の中で抜けていた部分がここで補完され、ぼんやりと全容が見えて来た気がした。

当時の村人にとって、脅威の集団が「鬼」だと言う事であれば、かえってそのほうが都合が良かったのかもしれない。

実際鬼のような恐ろしい神通力を持っていたかどうかの検証も確認も、村人には必要なかったのだろう。

ただ、よそ者の集団は邪悪な鬼であり、鬼は退治すべきものであるという図式さえ作ることが出来れば、非道な行為に出たところですべて許される。

女将の言うように、そこには恐怖に駆られた村人の心理も多分にあるのだろうが、鬼という名称が体よく使われたのではないかという推測が、どうしても拭えない。

教授の話によれば、初期の須雅神社が燃えてしまったのは、その“流鬼”の焼失の後だという。

村人は何を思って焼け落ちた須雅神社をこの山に遷座させ、流鬼を祀ったのだろう。自分たちの蛮行への悔いか、焼けてしまった鬼への供養か、それともただひたすらに祟りを恐れての保身のためか。

―――そんな後ろめたく、痛い過去を抱えた須雅神社の祠の中から、小菊は拾われた。

村人の怖れが伝染したかのように、飛田の背をザラリとした悪寒が撫でる。

小菊はいったい、何者なのか。ただ偶然あの場所に捨てられただけの哀れな赤ん坊なのだろうか。

たった今自分の頭の中で立てた流鬼妄想論が、小菊の存在を加味することで揺らいでしまう。

「13年周期……」

飛田は再び、その言葉を口にしてみた。

13で子を産み、一旦村を出たにもかかわらず、再び13年後に子を宿し、小菊はこの夜千代村に戻って来た。

この流鬼との符合は一体何を意味するのだろう。すべて単なる偶然なのだろうか……。

飛田が黙り込んでしまったので、女将が先を引き継ぐように頷いた。

「13ってキリスト教始めいろんな宗教で嫌われる数字だし、それが伝説の鬼や150年前に再来した流鬼にも共通するって言うのが、なんだか気味悪いですよね」

女将の「共通」の中には小菊の事は含まれていないのだろうが、飛田は頷いた。

「女将は、根岸にもこういった流鬼の話をされたんですね」

「ええ、15年も前だからうろ覚えですけど、多分同じようなことを言ったと思いますよ。それにあの頃、流鬼の復活だってやたらと上夜千代の知人が騒いでたから、私も調子に乗ってもっといろいろ喋ったのかもしれない」

「流鬼の復活?」

「須雅神社の祠から拾われた女の子が、人にあり得ない力を持ってるって話で」

「そ、それ……」

小菊だ。女将は小菊の存在を知っていたのか。飛田は思わず声を荒げ、女将ににじり寄った。

「その子の話を根岸にしたんですか?」

「もちろん、そんな名指しで教えたりはしませんよ。 だけど、12年前須雅神社で拾われた、絶世の美少女が居るって言う噂話は少しだけ話したかもしれませんね。それはもう、この町にも漏れ聞こえるくらいの噂だったし」

「その子の、人に有り得ない力って一体どんな……」

「私もチラッと聞き齧っただけだから、本当かどうかも分からないんだけど、その子が流鬼のような神通力を持ってて、小さいころ何人にも怪我を負わせたとか。……何人かを死なせたって話も聞いたけど、まあ、そこはきっと話が大きくなっただけなんでしょうね」

「死なせたって……」

バカバカしい話だとは思ったが、小菊に関しては、そんな噂が独り歩きして大げさになって行ったとしても不思議はないような気がした。

現にほんの数時間前、飛田自身が彼女のたった一言に震えあがり、声も上げられずに逃げ帰ってしまったのだから。

改めて自分の無様な姿を思い出し、いやな汗がにじむ。

「ああ、もちろんそんな信憑性のない、恐ろしい話はしていませんよ」

女将は取り繕うようにそう付け足した。複雑な思いで、飛田は頷く。

根岸がその話に興味を持ったのなら、上夜千代で少女についての真相を確かめるのは訳もないと思った。
飛田に残したメッセージの中の“鬼”が、流鬼の事であることはもう間違いない。
そして、それが小菊であることも。

根岸は、鬼だと噂されている少女だと知ったうえで、小菊の写真を撮ったのだ。
……いったいどんな気持ちで?

そしてその翌日の夕刻、根岸はこの世を去った。

かがり火が焚かれた須雅神社の祠の前でお前はいったい、何者と対峙したのだ。何を見たのだ。


飛田は鈍く痛み始めた頭を垂れたまま、目の前の机にそっと触れてみた。

けれど15年前の今日、根岸が飛田への最後のメッセージを書いたと思われる古い文机は、黙して何も語ってはくれなかった。


関連記事


もくじ  3kaku_s_L.png 流 鬼
もくじ  3kaku_s_L.png 凍える星
もくじ  3kaku_s_L.png モザイクの月
もくじ  3kaku_s_L.png NOISE 
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU
もくじ  3kaku_s_L.png RIKU・3 托卵
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【流鬼 第21話 カラスと鬼の棲む森(1)  】へ
  • 【(雑記・イラスト)残暑お見舞い申し上げます(*´ω`*)】へ

~ Comment ~

NoTitle 

やはり地元の情報は地元の人から聞くのが一番ですね。
何となくやりきれない事情も抱えた歴史のような印象を受けました。
小菊が拾われたことによってまた歴史が巡っているのでしょうか。
(13年周期がすごい具体的?)

口伝ものは背景を知るとへえとなるものが多いのですが、大事なのは今かな。
現状とのつながり。ここを知りたいですね。(まだお預けですかねー…)

根岸の件や、少年たちの経験にはまだつながりがあるようなないような…?
飛田(探偵・だよね!)がこれからもどう動いてくれるのか期待しています。

キヨと秋人の意味深な会話…気になる気になる~~!!
大人と子どもの会話にはならないような予想…?

けいさんへ 

けいさん、こんばんは~^^
さっそく来てくださって、ありがとうございます!

そう、ここねえ、本当にただの昔話と、100年ほど前のけっこう具体的な事実とが絡んで、ややこしくなっていますが、あまり深く読み込まなくても大丈夫です><(←なら書くなって)
うんうん、大事なのは今なんです。
そこに気づいてもらえれば、いろいろ謎が解けて……。

根岸の事も、あの時何かあったのか、はっきりわかる時が来ます。
でもそれは、本当に最後の最後かも><

今回もいろいろ引っ張っちゃうかもしれません(*´ω`*)

次回のキヨと秋人の会話は、なかなか面白いと思いますよ(自分で言うしかない)
キツネと狸の化かし合い? いや、もっと根の暗い……。

なかなか更新が不定期ですが、またぶらっと遊びに来て下さいませ。
コメント、ありがとうございます~(#^^#)

NoTitle 

村に移住してきた異物を排除した。
いくら役に立つ存在でも、
異質な存在に見えたら村人からしたら怖かったのかもしれませんね。
だから焼き殺してしまったと。
それにしても、昔の流鬼と今の流鬼は少し違うようですが、
やっぱり、小菊は昔の流鬼の血を継いでいるんでしょうか。
そこも気になるところですね|ω・`)

NoTitle 

あれ?

十三周期の言い伝えのままだとすると、今度子供を産むもしくは父親となるのは秋人の世代なのでは? でも、また小菊が妊娠しているというのは、何か意味があるんだろうか。氣になりますね。  

一方、伝説の流鬼と、いまの(?)流鬼は違うのだとしたら、何が違って、二つともここに現れたのはなぜだろう。小菊だけは昔の方の流鬼なのかしら。

あ、上の質問、答えなくて良いですからね。
そうでなくて、これから読み進むのに、自分の疑問を整理しておこうかなと思いました。

関係ないですけれど、その昔、アステカで伝説の「白人の顔をしたケツアルコアトルがセーアカトルの年に再来する」というのを信じていて、たまたまそれにあたる年に白人たちがやってきてしまったので、侵略への対応ができなかった、という話がありましたけれど、全然関係のない人たちがやってきても、「伝説の鬼だ!」と思ってしまった村人たちは、冷静に判断し損ねたりもするのかな、と思いました。

次回、探偵の飛田がもう少し解決してくれるのを期待しています。

ツバサさんへ 

ツバサさん、いつもありがとうございます!

そうですよね、どこからどこまでが本当なのか、昔の話って眉唾物ですが、ここの村人が、移民の集団にヒドイ仕打ちをしたのは本当みたいですで。

その後で、「あれは鬼だったから」なんてことをシレっと言い伝えたのだとしたら、なんか怖いかもです><

さあ、そのことと小菊の事が、どれほど結びつくのか……。

次回の、秋人とキヨの話で、1ミリくらいわかるかな??

八少女 夕さんへ 

夕さん、おはようございます^^

お! さすが夕さん、鋭いところを突いてきますね。
13年周期。物語の中ではかなり繰り返され、大事なキーワードであるように匂わせていますが、さあ、その実態は。
26歳の小菊が再び子を孕むというのも、やっぱりこの13という周期に関係してるんでしょうね。2度目の……?それとも…。(ああ、言いたい><)

そして過去の二つの流鬼の伝説。小菊との関係は……。

こういう伝説に起因するお話って、どこまでが本当でどこまでが作り物なのか分からない部分がありますよね。
この物語も、「真実はこうだ!」と100%説明して終わるわけではないんです。
でも最後の方に、キヨが語る、「小菊は○○○○○○○○○○○○○○」って言う言葉が、本作の謎のすべてだと思っていいかも。

そのアステカの伝説、すごく興味深いですね。その時攻めて来た人たちは、伝説があったからその年に決行したのか、それとも全く別の種族が偶然に攻めて来たのか。
いずれにしても、昔話って、その裏になにかもっと悲惨な出来事の隠ぺいがあるような気が、ちょっとしてしまうこの頃です……。

次回は秋人とキヨの、これまた謎だらけな会話ですが、全部分かった後で聞くと、ああ……と思うシーンなのです^^

追伸:少し過ぎてしまいましたが、お誕生日おめでとうございます(´▽`*)

NoTitle 

う~ん、完全にわからなくなってしまいました。
13年周期・・・とか、いったいどうなっているんだろう?
女将の解説を聞いてもさっぱりわかりません。
流鬼っていったいどんな存在なんだろう?
流鬼の民話と奇妙な移住集団、そして小菊との繋がりは?
物語が終わるまでにサキが完全に納得できることを祈っていますが、この世界には人類には理解できない、或いは解明できない不思議な事もありますから。
今のところ納得のいく答えは見つけ出せません。
早く先へ進んでくれないかなぁ。
ちょっとジリジリしています。
でも、物語の結末がどうであれ、流鬼の伝説を適当に読み飛ばさないでいた方が、ドキドキして面白いと思います。

山西 サキ さんへ 

サキさん、こんばんは^^

サキさんが、読者さんみんなの代弁をしてくださった感じですね(´▽`*)
今回のはじっくり読んでも、深みにはまるだけで謎は全く解けていない感じでw

でも、そうそう、読み飛ばしていいって言ってた流鬼の二つの伝説。
実際には勿論無関係ではなくて。(ドキドキしてくださってうれしいです)この昔ばなし、全部終わった後で、「そうなのか……」と、じわっと効いて来るかも。
そうなんですよ、100%理路整然と説明ができない部分がたくさんあるんです。
たぶん、一番多くを知っている、「彼女」にも。

次回、キヨと秋人の会話で、少しだけヒントが得られるか、それともますます分からなくなるか。
この物語って、ストレス小説ですよね~><
ああ、早く先へ進めたいです(←じゃあ早く書きなさいって事ですよね(*_*))
いろいろ参考になる感想、毎回感謝です(*´ω`*)

そういえば 

この間、「ダーウィンが来た!」で、猫島における猫の研究やって、猫のDNAを調べたら、猫のメスは自分のいる群れじゃなくて、群の外の雄猫との子供を産む確率が高いとわかったとのこと。人間でも、血が濃くなると病気になることが本能的にわかっていて、昔はマレ人、といいますか、村の外から来た者たちと結ばれることを積極的に行っていたとも言いますが・・・・・流れ者ってのはある意味大事な存在だったはずだけれど、流れ来る鬼はダメなのかぁ。
鬼も、異国から来たとされる鉄を作る一族(火を使うので赤ら顔だったとも。しかも山に住んでいるから)を指したともいわれるけれど、limeさんのお話だからそんな民俗的なお話じゃないんだろうなぁ……

伝説といえば、私の出発点でもある本(そして、竹流の座右の書でもある)「古代への情熱」から、伝説と語り継がれていたのものに歴史的真実の気配を感じて探求を続けると、まさかの……な話があるし、どこかに真実が隠されているものなんですよね。でも時代が下ると、少し伝言ゲーム化してちょっとゆがむ……どこまでがどうなのか、その歪みがかえってこわかったりするんでしょうね。「怖い」と思うから怖いのか、本当に怖いのか……
「小菊は○○○○○○○○○○○○○○」がなんやら怖い・・・・・

あ、夕さんの書いておられたケツァルコアトルの伝説、まさに私が例の中学生の時に発想を得た伝説です(白人の顔をしてやってくる、という)。いや~、懐かしい。

大海彩洋さんへ 

そうか、DNAが調べられたら、また過去の民族の系譜とか、いろんなことが見えて来たんでしょうね。(小菊のDNAを調べてみたい作者)
人間も動物だから、本能的に血が濃くなるのを嫌って、外の集団を受け入れることはやぶさかでないと思うのに、高貴な方たちって、その逆を行ったりしてて、やっぱりそれも何か、人間だなあと思うところなんだけど。この村の人たちも最初は受け入れて共に仕事をしてたのに、一度衝突が起きてしまってからは、もう断裂(処理?)するしかなかったのかな。もしかしたら本当に凄まじい異能を持っていた集団かもしれないし)

でも、この過去の流鬼たちの事情は実は、この物語の中ではあまり関係が無いんです。民俗学や歴史とも違うので、あの注釈を入れたんです。
はい、私の物語に深い知識は要りません。
でも、「小菊は○○○○○○○○○○○○○○」という言葉には、そう言うのを超えたものが、込められていると思うんです。
(作者の考えすぎなのか、今のところは不安なのですが)

おお、夕さんのその伝説が?
やっぱり夕さんや大海さんって、どこか深いところで共通点があるんだなあ。
博識と言う事もそうだけど、着眼点や興味の持ち方が非凡。
……ああ、私、小学生からやり直したい(;_;)←いや、きっと同じだったかな。更にオタクになりそう(笑)

^^ 

暑中お見舞い申し上げます!

ワタクシ。以前から申し上げているように。
「読書感想文が苦手」でして^^;
それゆえ。小説のコメントは控えているのですが。
こういう日本ならではの土俗的雰囲気は好きなんですよね。
何かこう妖気を孕んで郷愁を呼び起こすような感じ。
(彼岸花に赤い服を着た美少女が立っている風な)

ボチボチ執筆活動頑張ってください!^^)/

waravinoさんへ 

ああ~わかります。
私も感想コメントは なんかズレタことを言いそうで苦手なんです。

私の物語の感想は まったく気にしないでくださいね(*‘∀‘) 読んでくださるだけで嬉しいです。
満足いく作品が書けるかどうか不安なんですが。

私もじっとり不安を煽るような、日本的なお話は好きなんですが、知識も無く……。
だからまさかこういうお話を自分が本当に書くとは思ってもいなかったので 今書きながらすごく不思議な気分なんです。
これ、別の人が書いてるんじゃない?とか(笑)

この先、妖艶さと怖さとグロテスクと……。ラストはかなりひどい展開になっていくのですが、もしよかったらまたお立ち寄りください^^

NoTitle 

こんばんは!
二話分まとめて読みました^^

今回のお話で、流鬼って「流れてきた移民」と「血に流れる鬼」っていう二つの意味があったんだなぁと思いましたよ~><

しかしまさか、こんな近くから情報が出て来るなんて飛田さんにしたらびっくりですね。笑
あんなに怖い思いしてほとんど空振りだったのにw

夢月亭清修さんへ 

夢月亭さん、2話分よんでくださって、ありがとうございます!

そうなんです、流鬼という名称は、その二つの意味があったみたいですね。
でも二つあるって事は、本当はどれが正しいのか、分からないという事で……。
昔話とか伝承とかって、いろいろ混ざりあってて、結局はどれも怪しい……っていう感覚、ないですか?
どこかあやふやな過去の伝説。それに怯える村人。
そんなものが、この物語の本質だったり……。

そうそう!w まさか民宿の女将がこんなに情報を持っていたなんて(笑)
まあ、逆に運が良かったって言う事かもしれませんよね。女将に出会えて……^^;

ぎゃああああ!!1ヶ月経ってた!! 

こんばんは~~(^0^*)ノ
すみません・・・まったくもって余裕がなくて
コメントしに来られませんでした(;▽;)
ここ数ヶ月で、やる事が数倍に増えてしまって
寝る時間も惜しい状態に・・・・・
ブログの世話も青息吐息でほんとに申し訳ないです(´Д⊂。

根岸は、何をしてしまったんでしょうね・・・
(たぶん)呪い殺されるほどのことをしてしまった?
そして、流鬼とは何者なのか??

能の世界とかでは鬼は内から出でるもので
人は誰でも鬼を持っていて
鬼をだしてしまうのも出さずに一生を終えるのも
その人次第だというのは、
きっと本当は誰しも抱えている業だと思うのですが
だとすると、本当の鬼は流鬼を恐れて焼き殺し
畏れて祭った村人たちなのでは・・・とか思ってしまいます(;m;)
人を呪わば穴二つ。
呪詛は自分にも降りかかる・・・恐ろしいです・・・

かじぺたさんへ1 

かじぺたさん~、お忙しい中、来てくださってありがとうございます!(;_;)
おまけに、一つ一つにコメント、かたじけない><
(いやもう、コメントなんてぶっ飛ばしちゃって構わないんですよ、読んでくださっただけでうれしいし!……でも嬉しい( ;∀;))

そうなんですよね。古来からいろんな物語で「鬼」って出て来るけど、それって固有の個体があるわけでもなし。
でも、完全な架空のモノでもない。

そう、きっと人間の中にある負の部分なんでしょうね。
この物語では、また別の方向でこの「鬼」を使ってるんですが、それが分かるのは最後かな……。
哀しい展開になります><
鬼についてもいろいろ考察してくださって、ありがとう~!
管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【流鬼 第21話 カラスと鬼の棲む森(1)  】へ
  • 【(雑記・イラスト)残暑お見舞い申し上げます(*´ω`*)】へ