更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

【  2017年09月  】 

流鬼 第24話 問い(2)

流 鬼

2017.09.27 (Wed)

 飛田は細い農道の端に立つ二人の少年に気づき、窓を開けたままゆっくり車を近づけた。口論しているような険悪な雰囲気に見えたが、この機会を逃すつもりはなかった。小菊は想像以上に危険な存在で、容易く近づくことができないと分かった今は、自分の求める答えをくれるのはやはり子供たちかもしれないと思い至り、彼らに会うために先刻宿を出たのだ。けれど車を路肩に寄せた直後、鋭く発せられた秋人の声に和貴は雷に打たれた様に...全文を読む

▲PageTop

流鬼 第24話 問い(1)

流 鬼

2017.09.15 (Fri)

 夜が明けて、9月末日の早朝。和貴は納屋の前で自転車チェーンの修理に取り掛かった。休日なので時間は充分あった。考えたくないことまで想像し、思い巡らせてしまうほど。垂れ下がったチェーンを引き抜き、不自然に溶けた部分をチェーンカッターで切り落とした。工具箱から予備の古いチェーンを取り出し、長さを調節しながらつなぎ直す。小学校の頃に、健造が教えてくれた工程だ。無事繋がったチェーンをホイールにはめ込んで、2...全文を読む

▲PageTop

流鬼 第23話 悪夢

流 鬼

2017.09.04 (Mon)

 夕闇を引き裂く悲痛な声とともに、無数の羽音がクスノキの森に響き渡った。健造の目の前で黒い魔物たちに体中を引き裂かれ、醜く血に染まるのは見ず知らずの男だ。肉を抉る音、歓喜に喉を鳴らす声、生臭い血の匂いがあたりに充満する。体の奥底から噴き出す恐怖に突き上げられ、健造は喉が裂けるほど大きく叫んだ。勢いよく上半身を起こし、カッと目を見開く。痛む喉で激しく喘ぎ、そして辺りを見回し、自分を包むのが慣れ親しんだ...全文を読む

▲PageTop

前月     2017年09月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア