更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

【  2017年07月  】 

流鬼 第21話 カラスと鬼の棲む森(1)

流 鬼

2017.07.27 (Thu)

 「上夜千代《かみやちよ》にでも行かれたんですか、お客さん」人好きのするふっくらした頬にえくぼをつくり、民宿「千鳥」の女将《おかみ》は飛田に微笑んだ。飛田が部屋に帰ってきてしばらく後、夕食の用意が出来たと呼びに来てくれた時の事だ。「え……、どうしてわかるんですか?」「ああやっぱり。飛田さんの車にカラスの糞がたくさんついていましたから」そうだった、車は悲惨な状況だったと、また一つ厄介ごとを思い出しながら...全文を読む

▲PageTop

(観劇日記)『子供の事情』作・演出:三谷幸喜

☆感想(観劇・映画・小説)

2017.07.22 (Sat)

 久しぶりに舞台を見に行ってきました。東京だけの公演だったので、日帰りで東京まで行ってきました (*´∀`)ノ なかなか手に入らないチケットだったんですよ。当たってラッキーでした。数々のヒット作を手掛けた脚本家、三谷幸喜の劇団だということもありますが、キャストが豪華すぎる!タイトル&キャストはこちら↓給食、テスト、奇妙なクラスメイト、転校生、席替え……。誰もが身に覚えのある、遠い遠い昔の小学4年生<10歳>を、...全文を読む

▲PageTop

流鬼 第20話 照準(2)

流 鬼

2017.07.12 (Wed)

 自転車で前を走る秋人が、合図のようにほんの一瞬、飛田の車を振り返った。轍《わだち》の出来た細い農道から少し奥まった場所に、納屋のない母屋だけの一軒家があった。今にも背後の雑木林に呑み込まれそうな脆弱さとは裏腹に、異様な存在感を感じるのは、小菊の家だと認識したせいだろうか。縁側の横に木の引き戸の玄関がある平屋建てで、屋根は所どころ苔むした古い瓦だったが、もしもまだ茅葺《かやぶき》であったなら、そのま...全文を読む

▲PageTop

前月     2017年07月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア