更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

【  2017年06月  】 

流鬼 第20話 照準(1)

流 鬼  《連載中》

2017.06.28 (Wed)

 「父さん、銃、持って入ったから」居間の卓袱台の前で小山のように背を丸めて動かない健造に、和貴は出来るだけ静かに声を掛けた。興奮状態の時に刺激すれば、狂ったように怒鳴られるか、殴られるのがオチなのだ。こんな状態になるのは大概が酒を飲んでいる時であり、しらふでは初めてで、そのことが余計に恐ろしくもあった。けれど不思議な事に、その恐れとは裏腹に、この狂いかかった父親に怒りは湧いて来なかった。「いくら弾が...全文を読む

▲PageTop

(イラスト)ちょっとクールな青年&拙作大改稿

☆イラスト・マンガ・水彩画

2017.06.16 (Fri)

 梅雨に入ったけど、まだカラッとしたお天気が続きますね。私的には嬉しいんだけど……(*´Д`)そういえば、今年の目標に、「KEEP OUT」を書き変える! ってのがあったんだけど、これはいっこうに進まず。はやくも諦めました。でも、そのほかの過去作品は、着実に修正が進行中です。『RIKU』の番外とか、春樹の番外とか^^←本編を直しなよ。一番手間を掛けさせる問題児は、やっぱり『ラビット・ドットコム』。なにしろ、本当に初期作...全文を読む

▲PageTop

流鬼 第19話 偽りの協定(2)

流 鬼  《連載中》

2017.06.08 (Thu)

 今にして思えば、自分がこの村に来たのは、根岸の死の真相を探るというよりも、根岸に対する自分の想像が、まったくの思い違いであることを確かめる為だったのかもしれない。そしてその事で、ろくでもない妄想の連鎖から解き放たれ、自分自身もどこかで救われたいと願ったのかもしれない。飛田は秋人という少年を見つめながら、そう思った。まずは小菊に会わなければならない。そのためには少しばかりの嘘が必要だった。「実は僕、...全文を読む

▲PageTop

前月     2017年06月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア