更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 04

【  2016年03月  】 

流鬼 第3話 異形

流 鬼

2016.03.26 (Sat)

 「女の子が写っているでしょう?」時恵は、今までとは明らかに違う、やけに落ち着いた、低い声で言った。「ええ……。村の女の子ですね。きれいな子です」写真をゆっくりめくりながら、平静を装いつつ飛田は答える。余計な事を口にするつもりはなかった。「でも私が一番気になるのは、その最後の一枚なんです」「最後?」撮影順に重ねられたらしいその写真をめくっていき、時恵の言う“最後の一枚”を見た飛田は、再び息を飲み、目を凝...全文を読む

▲PageTop

(雑記・イラスト)ゲシュタルト崩壊と沐浴&背中フェチ

☆イラスト・マンガ・水彩画

2016.03.19 (Sat)

 ああ、またもや雑記ネタが見つからず、こんな謎なタイトルでごめんなさい(>人<;) 春だからでしょうかねえ。ものすごく執筆したいのに、いろんな雑務で気が散っちゃって。でもまあ、そんなときは焦らずに、いろいろ本を読んでみるのもいいかもしれませんよね。(漫画が多いのが自分でも気になるけど)仕事の方は、なかなか新人さんが来てくれず、相変わらずバタバタしてるのですが、なんだかわけのわからない仕事がどんどん増やさ...全文を読む

▲PageTop

流鬼 第2話 遺留

流 鬼

2016.03.14 (Mon)

 「ちょっと飛田(ひだ)さん、今日それ何本目のタバコですか」書類に目を通していた飛田圭祐はしまったとばかり、慌てて吸いかけのハイライトを灰皿でもみ消した。けれど外回りから帰って来たばかりの従業員、片山愛梨は、その行動を見逃さなかった。まっすぐデスクに歩み寄り、憮然として飛田を見下ろす。「えっと……。3本目?」「12本目です。すぐバレる嘘はやめてください。灰皿にざっくり入ってます」「あれ」「事務所では1...全文を読む

▲PageTop

(イラスト)久々に、リク。

☆イラスト・マンガ・水彩画

2016.03.08 (Tue)

 暖かくなってきましたねえ~。鶯の声も聞こえてくるようになりました。今年から妙に鼻がムズムズ、くしゃみが止まらなくって、もしや花粉症デビュー??なんて不安もありますが、それでもやっぱり春は一番好きな季節です。今更新中の『流鬼』は、春らしくないドンヨリした展開になっていますが、第2話から、場面が変わって、新しい登場人物が加わります。でもやっぱり、内容はかなり隠微です。どこまでR無しでいけるか分かりません...全文を読む

▲PageTop

流鬼 第1話 白銀と漆黒(2)

流 鬼

2016.03.03 (Thu)

 「え……。俺と同い年の子が引っ越して来たの? 昔ここに居た人? 父さん、何も言ってなかったけど」和貴は踏み込んでヨシ江に訊いた。普段ならヨシ江の噂話など適当にやり過ごすが、自分と同じ年の子が越して来たというのは、聞き逃すことができなかった。「へ? 健造さん本当に何も言わなかったの? ほら、あんたんとこから1キロも離れてない、平屋のあばら家だよ。12、3年前までキヨさんと娘の小菊、あそこに住んでたんだ...全文を読む

▲PageTop

前月     2016年03月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア