更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 04

【  2014年03月  】 

残響 第5話 優しい記憶と僕の罪

残響(KEEP OUT続編3)

2014.03.30 (Sun)

 その2日後の朝、春樹は早苗にメールを送った。《大学へ行く前に、少しだけお邪魔してもいいでしょうか》大歓迎よ、とすぐさま返事が来て、言葉通り早苗は快く春樹を迎えてくれた。そんなに冷やしていないはずなのに家の中はとても心地よく、不思議なほど呼吸が楽になる。「友人からの頂き物ですが」と、隆也からもらった夏みかんを10個ばかり渡すと、早苗はまるで特別なプレゼントをもらった女の子のように喜んでくれた。教師を...全文を読む

▲PageTop

(イラスト)春の樹、開花。そして君の誕生日

☆イラスト・マンガ・水彩画

2014.03.27 (Thu)

 ようやく寒さも緩み、関東より西では、桜の開花宣言が出されましたね。 嬉しいです^^いつも、当ブログの雑記、そして小説を読んでくださって本当にありがとうございます。今連載中の『KEEP OUT』シリーズの続編、『残響』も中盤に差し掛かりました。(って、まだ4話ですが^^)今日(3月27日)は、その主人公、春樹の設定上の誕生日なのです。いやいや、普段ならそんなことで記事は書かないのですが、今日は特別です。昨日...全文を読む

▲PageTop

残響 第4話 病

残響(KEEP OUT続編3)

2014.03.24 (Mon)

 「あぢーーっ!」叫びながらドサッとローテーブルの横に夏みかんの袋を置いた隆也は、まるで自分の部屋の如くクーラーのリモコンを拾い上げ、スイッチを押した。「速冷、風速最強!」最低温度に設定したあと、やっと満足げにドスンと春樹のベッドに倒れ込む。「このクーラー据え付けの旧式だから、そんなに冷えないよ? 窓開けようか?」苦笑しながら春樹が言うと、隆也は首を横に振りながらベッドから床に滑り降りた。「蝉の声が...全文を読む

▲PageTop

(雑記)春の匂いと春眠

☆雑記・四方山話

2014.03.21 (Fri)

 今日は風の強い寒い一日でしたね。数日前は、濃厚な春の匂いが、ムンムンしてたのに。(あのムンとする、濃厚な発酵臭は、桜の芽吹く匂いなんでしょうか。気になります)だけど、この土日は暖かくなりそうです^^ よかった。春眠暁を覚えず・・・。昔の人も、この時期は眠かったのでしょうね。私も最近、昼休みに爆睡しちゃいます。帰宅後も、PCを開けば寝ちゃうし。執筆がもう、全く進まず。絵も描きたいのになあ。この土日こそ...全文を読む

▲PageTop

(雑記)変化する言葉、留まる言葉

☆雑記・四方山話

2014.03.19 (Wed)

 少しずつ暖かくなってきましたね。寒がりの私にはとっても嬉しいです。だけど、この温かさで菌類さんも活発になって来たようです。昨日、番重に入れたままの撮影用商品が、えらいことになっていました。無添加の焼き菓子が、それはそれは見事な巨大マリモに・・・。これからは油断大敵な季節になりますね(゚ω゚:) 話は変わって、先日更新した『残響』第3話なんですが。隆也のセリフに、「うちのおふくろが…」というのがありました。...全文を読む

▲PageTop

残響 第3話 友

残響(KEEP OUT続編3)

2014.03.16 (Sun)

 八重の家を出たあと、再び突き刺すような日差しの中を春樹は歩いた。朝がた触れた看護師の悲しみは、自分が体験した苦痛のようにまだ細胞のあちこちに残ってはいたが、アパートに辿り着くまでの間春樹を包み込んでいたのは、柔らかく肌触りのよい安心感だった。体の気だるさは相変わらずだったが、なんとなく今夜はちゃんと眠れそうな気がした。「うおー! やっぱ出かけてたんだな春樹。良かった~、帰ってきてくれて!」アパート...全文を読む

▲PageTop

(イラスト)何気ない手の仕草とか

☆イラスト・マンガ・水彩画

2014.03.13 (Thu)

 ほら、よくありますよね。「あなたは異性のどんな仕草に惹かれますか?」っていう質問。やっぱりね、私の答えもランキング10位以内にあるような感じかな。ブラインドタッチでパソコンのキーボードを打つ指先とか。シャツの袖を捲る手とか。コーヒーを飲みながらじっと資料や本を見つめる視線とか。受話器を肩で挟んでメモを取る仕草とか。その際ちょっと、前髪をかき上げる手とか。みなさんは、どうでしょう。でも、突き詰めると...全文を読む

▲PageTop

残響 第2話 母

残響(KEEP OUT続編3)

2014.03.10 (Mon)

 「ここらへんも、ずっと野っ原やったのにね。もう、あんたが小さい頃みたいに、空き地で遊べんようになったなあ。光彦はいっつも近所の悪ガキに虐められて、泥だらけになってピーピー泣いて帰って来とったの、覚えとる? お母さん、お母さん言うて、いっつもしがみついて来とったが」しっかりと握られた手から伝わってくる八重の思い出は、言葉と寸分違わず、人生の幸せな部分だけを紡いで再生する映写機のようだった。春樹は改め...全文を読む

▲PageTop

(雑記)やっぱり長かったら腰に来たりしますよね

☆雑記・四方山話

2014.03.07 (Fri)

 ほんの数日、春のような陽気だったのに、また寒さがぶり返しました。今日は結構きつい風が吹いています。こんな日の通勤通学、辛いですね。だけど凍えて帰宅した時でも、ワンコが玄関先まで迎えに来てくれると、うれしいもんです。おやつのおねだりだとしても(笑)でも、・・・今日は静かだぞ??リビングの明かりをつけると、ワンコはソファに丸まったまま涙目で何か訴えます。抱き上げて立たせてみると、後ろ足にまるっきり力が...全文を読む

▲PageTop

残響 第1話 蝕

残響(KEEP OUT続編3)

2014.03.04 (Tue)

 息が苦しかった。けれど逃げるように押し開けた白亜のドアの向こうに待っていたのは、更にむせ返るような真夏の猛暑と激しい蝉の声だった。冷房で冷やされた肌が一気に弛緩し、不快感に鳥肌が立つ。一瞬めまいを覚えたが、手すりを掴んで息をつき、春樹はクリニックの短い階段を駆け降りた。やはり来るんじゃなかった。目のくらむ陽射しの中を歩きながら、春樹は小さく頭を振った。脳内に刻んでしまったものを、一心に振り払う。自...全文を読む

▲PageTop

(おまけ漫画)『NAGI』 3月号

『凍える星』パロディ漫画:『NAGI』

2014.03.01 (Sat)

 久々のおまけまんが『NAGI』です^^この前の更新はクリスマスでした。月日の過ぎるのは早いもので・・・(>_...全文を読む

▲PageTop

前月     2014年03月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア