更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 09

【  2013年08月  】 

不可視光線・あらすじ

不可視光線 (KEEP OUT続編2)

2013.08.29 (Thu)

 【あらすじ】13歳の少年が、峠でひき逃げされ、遺棄された。被害者の少年の首には、絞められた痕もあったという。近辺で起きたそのニュースを、穂積隆也はバイト先のコンビニエンスストアで目にし、激しい憤りを感じる。同じ頃。K大理学部のラウンジで、警察も知らぬその事件の詳細を、何食わぬ顔で女子学生に語って聞かせる青年がいた。そしてその青年が執拗に追うのは、同じ大学の同じ学部に在籍する、天野春樹。青年は日々、...全文を読む

▲PageTop

(雑記)このあとの予定

☆雑記・四方山話

2013.08.27 (Tue)

 二日ほどの雨で、朝晩は随分と涼しくなりました。蝉の声も、つくつくぼうしに変わりつつあります。夏もゆっくり、終わろうとしてるのでしょうね。雑記ばかりが続いていましたが、そろそろ観念して、小説を更新しようと思います。次回は、ご存知の方はご存知の、『KEEP OUT』シリーズの、春樹と隆也の物語です。『KEEP OUT』の復活と、捉えてもらってもいいかもしれません。タイトルは『KEEP OUT』とは別のものを用意しました。番外...全文を読む

▲PageTop

(雑記)漫画の話と、『NAGI』4コマ漫画

『凍える星』パロディ漫画:『NAGI』

2013.08.24 (Sat)

 引き続いて、漫画の話です^^(うっ。来週にはちゃんと、小説ブログらしくしますから(>_...全文を読む

▲PageTop

(おまけ漫画)『NAGI』 その3

『凍える星』パロディ漫画:『NAGI』

2013.08.21 (Wed)

 久々の、『NAGI』です。小説『凍える星』の、おまけパロディ漫画。早くも第3弾です。続きものではないので、どこから読んでもいいですよ^^出来たての、ほやほやをUPします。※本編を読んでいらっしゃらない方へ登場人物は、似てない双子、ミツル(兄)とナギ(弟)、中学1年生です。突然、念動力を身につけてしまったナギに翻弄される、兄ミツル。二人の何気ない日々を描いてみました。(注・ナギには、念動力があるだけで...全文を読む

▲PageTop

(雑記)久々に、観劇

☆感想(観劇・映画・小説)

2013.08.18 (Sun)

 昨日、久々に、舞台を観に行ってきました。大好きなマキノノゾミ氏、作・演出による、『非常の人 何ぞ非常に~奇譚 平賀源内と杉田玄白~』です。↑このDMのおかげで、先行予約ができ、なんと前から2列目で見ることができました。タイトルからも分かるように、平賀源内と杉田玄白の友情、葛藤、それぞれの生き様を描いた、マキノ氏渾身の脚本です。エレキテル復元で有名な平賀源内。様々な発明に留まらず、陶芸、広告美術、舞台...全文を読む

▲PageTop

(雑記)星とキツネと、そしてお礼

未分類

2013.08.16 (Fri)

 みなさん、こんにちは^^暑い日が続きますね。先日田舎に帰ってきたのですが、あんなに涼しかった田舎も、異様に蒸し暑くて、熱帯地方になってしまっていました。だけど、滅多に見れないものをいっぱい見ましたよ。グラニュー糖をこぼしたような、満天の星空。これは、見上げるのが、本当に怖かった。(星が大好きなのに、クリアに見えすぎると怖いんです。でも見たい><)あの場所で、今回のペルセウス座流星群を見れたら、圧巻...全文を読む

▲PageTop

ココにいるよ 最終話 匣を開けて・・・

【短編】ココに いるよ

2013.08.14 (Wed)

 祖母の呼び止める声を無視し、雅斗は森へ向かって矢のように走った。空はまだ薄明るかったが、木々の生い茂る森の中に飛び込むと、今まで見たこともない恐ろしげなシルエットが頭上から覆い被さってくる。聞き慣れたひぐらしの声なのに、雨上がりの蒸した空気の中に、酷く気味悪く漂う。それでも足を止めず、息を切らせながら雅斗は隠れ家に走った。あの場所に近づくに連れ、焦げ臭い煙の匂いが強くなった。火事は本当だった。足を...全文を読む

▲PageTop

(雑記)ちょっとだけ帰省

☆雑記・四方山話

2013.08.10 (Sat)

 今日の午後から、2泊だけ田舎に帰ってきます。携帯の電波も届かず、ネット環境のまるでない陸の孤島なので、皆様の所への訪問ができないと思います (>_...全文を読む

▲PageTop

ココにいるよ 第3話 裏切りの代償

【短編】ココに いるよ

2013.08.08 (Thu)

 次の日、雅斗はあの隠れ家に行かなかった。行ったところでもう雅斗にすべき事は何もなかった。マーヤを笑わせるのも、守るのも、ちゃんと2人揃った親がやってくれるのだ。自分は用済みだった。あと3日で夏休みも終わるというのに、手付かずの宿題に取り掛かるでもなく、うだる残暑の中、雅斗は独りゴロゴロと自宅の畳の上で過ごした。その翌日、マーヤと両親は朝のうちに隣り町のマンションに引っ越して行った。すべて祖母からの...全文を読む

▲PageTop

(雑記)ああ、そうだったかも。

☆雑記・四方山話

2013.08.06 (Tue)

 仕事でよく、商品撮影をすることがあるのですが、今回、カメラや機材を新しく購入して、私とチーフの使ってる部屋に、簡易撮影スペースを作ることになりました。私の役目はいつも、チーフのアシスタントなんですけどね^^今までは、テラスの自然光を利用して撮っていたのですが、雨天の時には光量が足らず、苦労していたのです。室内で撮れるようになれば、時間も短縮できます。(まあ、太陽待ちで、横の池に浮かぶカモたちを眺め...全文を読む

▲PageTop

(雑記)検索キーワード

未分類

2013.08.05 (Mon)

 皆さんがやってらっしゃるのが面白かったので、私も調べてみました。検索エンジンを使って、ここに訪問する方たちは、どんなワードを打ち込んでいらっしゃったのか。でも、そんなに意表を突くものは、残念ながら無く、今までにレビューを書いた書籍のタイトルや、画家などの記事が一番多かったですね。ざっと、2ヶ月くらいの統計を取ってみました。1位 :神の火 高村薫・加納合田 マークスの山 李歐 レディー・ジョーカーう...全文を読む

▲PageTop

ココにいるよ 第2話 二人だけの遊び

【短編】ココに いるよ

2013.08.02 (Fri)

 その日からマーヤは、ほぼ毎日雅斗の隠れ家に遊びに来るようになった。マーヤの母親も平日はフルで働きに出ているので、年をとったおばあさんを言いくるめて出かけるのは簡単らしい。たいていの田舎の年寄りは、子供が外で元気に冒険してくる分には、あまり細かく言わない。そもそもこの隠れ家は、マーヤの家から、そう遠くなく、なだらかな山なので危険もなかった。11歳の少年と8歳の少女の遊びは最初、微妙に交わらなかった。...全文を読む

▲PageTop

前月     2013年08月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア