更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 09

【  2012年08月  】 

雨猫 第19話 渇き

雨の日は猫を抱いて

2012.08.30 (Thu)

 シロウの目は、どこかボンヤリしてはいたが、昨夜のように何かに突き動かされたような感じは無かった。日に焼けた肌が、その気だるい表情とは不釣り合いに、初冬の陽の下で健康的に光っている。「ああ・・・あんた、昨日の」「シロウさん、ですよね」シロウは無精髭の口元を少し歪ませた後、再び穴を掘る作業を続けた。30センチくらい掘ったところでその作業をやめ、錆びたスコップの先で、横に積まれていた鳩の死骸数羽をガサガ...全文を読む

▲PageTop

(雑記)方言を使う難しさ

☆雑記・四方山話

2012.08.29 (Wed)

 こんにちは。早朝、少しばかり秋の気配が漂い始めましたね。でも、油断大敵。9月に入ると、また猛暑がぶり返すそうです。気を付けましょうね。さて、相変わらず苦悩中の私です。新作を模索し、下書きを今現在10話まで進めているのですが、「これは、いったい面白いのだろうか」と、いつもながらの疑問に苛まれています。とにかく、全部書いてみて没にするか考えよう。そんな光の見えない重苦しさで、日々過ごしています。つらい...全文を読む

▲PageTop

雨猫 第18話 欺瞞

雨の日は猫を抱いて

2012.08.26 (Sun)

 「あったかいね」ひんやりした手が由希の柔らかい黒髪の中に差し込まれ、頭皮に触れた。背筋がゾクリと泡立つ。その冷たさはゆっくりと下降し、目隠しのバンダナの上を滑って頬を撫で、首、そして胸へ落ちた。「熱があるのね」由希の首筋あたりで、その甘い声はフッと楽しそうに笑った。「由希の体、温かくて気持ちいい。この体、好き」ミィは無邪気な声でそう言うと、由希の腰をぎゅっと抱きしめた。普段よりも少しばかり高い体温...全文を読む

▲PageTop

雨猫 第17話 弱気

雨の日は猫を抱いて

2012.08.22 (Wed)

 「なんか今日は機嫌よくないですか? 倉田さん。いいことありました?」事務所に着いて数分後、沢村は倉田を目で追いながらポソリと言った。「そんなことあるわけないだろ。仕事キャンセルされたってのに」何言ってんだと沢村に渋面を向けた倉田だったが、そういえば以前別のデザイン事務所からキャンセルが入った時は、電話を切るなり椅子を蹴飛ばしたことを思い出した。沢村はそのことを言っているのだろう。腹立たしくはあるが...全文を読む

▲PageTop

雨猫 第16話 信号が変わるまで

雨の日は猫を抱いて

2012.08.18 (Sat)

 倉田の観察するような視線が気に入らなかったのか、由希はその奇妙な笑みをすぐに引っ込めた。そして倉田の問いに答えるというよりも、相変わらずまっすぐ前だけ見て歩きながら、ひとり言のように呟いた。「きっと今頃お腹を空かせてる。僕がいないと、ご飯食べられないし。それに、お腹が空くとすごく凶暴になるから、手がつけられなくなる」「うわあ・・・、なんでそんなもん飼ってんだよ。まあ、一度飼ったら性格悪くたって捨て...全文を読む

▲PageTop

(雑記)ライフルと雀

☆雑記・四方山話

2012.08.13 (Mon)

 こんにちは~。あ、いや、まだ大阪にいます。15日まで仕事で、翌日に実家に帰ります。車で片道9時間。 私の田舎は山口県の西のほう。4方を山に囲まれた、電波も届かないど田舎です。私の生まれ育った家のすぐそばには名勝天然記念物の滝があります。(小さな滝がいくつも連なっているのです)ここが、『KEEP OUT 呵責の夏』の舞台。由宇と友哉が遊んだあの滝です。シオカラトンボと戯れた、「曲水の滝」も、ちゃんと実在します...全文を読む

▲PageTop

雨猫 第15話 ペット

雨の日は猫を抱いて

2012.08.11 (Sat)

 ピンと冷気の張りつめた、良く晴れた朝だった。公園で巨大に育ったシラカシは、まだ水滴を葉裏に潜ませ、時折朝日を反射させる。倉田は眩しさに目を瞬かせながらボンヤリ歩いた。なぜだか今日は夜明けと共に目が覚めてしまい、休日だというのに早々に自宅マンションを出、8時にはもうこの公園に来ていた。公園内にジョギングや犬の散歩中の人の姿は多かったが、常緑樹が茂るある一角には、避けられているように人気が無かった。そ...全文を読む

▲PageTop

雨猫 第14話 温もり

雨の日は猫を抱いて

2012.08.07 (Tue)

 漆黒の空は、相変わらず冷たく小ぶりな雨を降らせ続けている。結局、泉が丘公園まで歩いて帰った由希は、無駄だと思いつつも奥の巨木の小路を覗いた。けれど思いがけず、求める人物はそこにいてくれた。「ニャーン」放置されたままのダンボールハウスにシロウの姿を見つけた由希は、嬉しくなって冗談っぽく猫の声で呼びかけた。さっきの騒動の気まずさを払拭したかったのもあるが、シロウがあの足で真っすぐここに帰って来てくれた...全文を読む

▲PageTop

(雑記)『雨猫』イラストいただきました♪

☆雑記・四方山話

2012.08.04 (Sat)

 ますますヒートアイランド化してきた日本列島ですが、みなさんお元気ですか? いつも更新中の『雨猫』を読んでくださっている皆様、本当にありがとうございます。じれったい展開でしたが、この後少しずつ真相が分かって行くと思います。その『雨猫』ですが、嬉しい事に、またイメージイラストを描いていただきました。前回、春樹の可愛らしいイラストを描いていただいた、「ナユのサバイ部屋inバンコク」の、なゆろくさい さんで...全文を読む

▲PageTop

雨猫 第13話 提示された謎

雨の日は猫を抱いて

2012.08.03 (Fri)

 怯えた目が真っ直ぐ倉田を見つめている。助けてもらったというのに、この少年にとっての恐怖の対象は、相変わらず倉田なのだ。空しさは、すぐさま腹立たしさに変わった。「そんな言い方ないだろ、助けてもらっといて。俺はお前のことなんて何とも思っちゃいないよ。ただ、誰かを付けてるみたいだったからちょっと気になって様子を見てたんだ。そしたら襲われそうになってて、慌てて助けてやった、ただそれだけの事じゃないかよ。襲...全文を読む

▲PageTop

(雑記)投票ありがとうございました

☆雑記・四方山話

2012.08.01 (Wed)

 8月ですね!えええ? もう8月じゃないですか!今改めて驚いたんですが・・・そりゃあそうですよね。だって、7月のアルファポリスの投票のお礼を書き込みに来たんだから、8月に決まってる。最近、頭が少し夏バテです(>_...全文を読む

▲PageTop

前月     2012年08月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア