更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 031234567891011121314151617181920212223242526272829302011 05

【  2011年04月  】 

KEEP OUT3 第13話 嘘

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.29 (Fri)

 隆也がその駅に着いたのは、春樹から電話をもらってほぼ40分後だった。妙な胸騒ぎを覚えながら説明された場所まで走ったが、春樹を見つけるまで少し手間取った。てっきりその高架下で待っていると思ったのに、春樹はそこから地上に上がった所にあるテナントビルのガレージの隅にぽつんと座っていた。薄暗い街灯の下で、その姿は闇に溶けそうに心もとなく、隆也は訳のわからない不安を感じた。シャツの肘の部分から血が滲んでいる...全文を読む

▲PageTop

(雑記)『芝浦ブラウザー』観劇&うちのワンコ

☆感想(観劇・映画・小説)

2011.04.27 (Wed)

 23日(土)、久々にお芝居を見てきました。9月に、私自身が舞台に引っ張り上げられた『スリー・ベルズ~聖夜に起こった3つの不思議な事件~』を観に行ってから、実に半年ぶりです。独身時代は月一で観に行ったもんですが。お芝居って、なかなか高額で贅沢な遊びですからね。ちょっと我慢・・・とかいって、好きなプロデュース公演なら飛んで行くんですが^^今回観に行ったのは、これ。『芝浦ブラウザー』 作・演出:上田 誠...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第12話 浸食

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.26 (Tue)

 高架下トンネルの、ちょうど中程だった。メールの返信は駅に着いてからにしようと、携帯をポケットに滑り込ませた直後に「それ」は春樹に襲いかかってきた。いきなり背後から麻袋のような物を頭にかぶせられ、その後背中を強く蹴られて地面に叩きつけられた。咄嗟に手を出し、顔面を打ち付けるのは免れたが、腕に激痛が走った。一瞬何が起こったか分からず、春樹はただ必死で体をねじりながら、頭から麻袋を外そうと藻掻いた。しか...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第11話 孤独

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.23 (Sat)

 春樹は携帯の時間を確認した。午後6時過ぎ。2時間おきに調査の状況を連絡するように言われていたが、ついつい忘れてしまい、痺れを切らせた美沙から本日2回も電話が入ってきた。その都度、叱られる。春樹を心配して美沙が作ったルールだが、子供扱いされているようで春樹はそれに不服だった。つい1時間前にも『もう今日は引き揚げなさい』と電話で言われたばかりだが、正直なところ、たいした成果を上げることなく、大人しく帰...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第10話 レディ・ホーク

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.20 (Wed)

 ……どうしてあんな事を言ってしまったのだろう。隆也はソファに座ったまま後悔に背を丸め、両手を握りしめた。今のはやはり美沙に言うべき事では無かったかもしれない。この仕事を選んだのは春樹であり、美沙はそれを受け入れただけなのだ。あの火事のあと、ひとりぼっちになった春樹を常に励まし、身の回りのすべての手続きや手助けをしてきたのも彼女だ。昔の恋人の弟だというだけで、本当の弟のように接してくれている。春樹にと...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第9話 訪問者(その2)

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.18 (Mon)

 「さっきの人は?」薫が帰っていった後、美沙が煎れてくれたコーヒーを前に、ちょこんと応接セットの椅子に座った隆也が訊いた。「ああ、本社の人。社長の弟の薫さん。なんか変わった人でしょ」本日二人目の訪問者も、美沙はにこやかに迎えた。事務処理はほぼできていたし、あと数件谷川理沙関係で電話を入れれば、手は空く。時間にゆとりはあった。「若いツバメって何ですか?」「軽い冗談だから。気にしないで」美沙は自分のワー...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第8話 訪問者(その1)

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.16 (Sat)

 春樹は次の日も同じように調査に向かったが、美沙は別件の雑務に追われ、事務所から離れられなかった。春樹の報告によると、昨日は全く有力な手掛かりが無かったらしく、今朝も、「今日は頑張るから」と苦笑いして出かけて行った。しかしなぜかその表情は明るく、美沙には意欲満々に見えた。もしかしたら彼の中で、なにか良い予感でもあるのだろうか。一瞬微かに奇妙な不安がよぎったが、まさか報告を怠っているなどという事は無い...全文を読む

▲PageTop

(雑記)休日のちょっとびっくり

未分類

2011.04.14 (Thu)

 春ですね~~。桜もあちこちで満開です。そんな休日の昨日、我が家の犬の狂犬病予防接種に行ってきました。ちょっと遠い公園なので、自転車のかごに入れて^^。ミニチュアダックスなので、すっぽり収まります。無事終了。帰りに、自転車のカゴから落ちそうになりましたが、無事終了・笑ちょっと困ったことが起こったのはそのあとです。犬の顔が変・・・。なんだか、口の周りがムクムク、腫れぼったくなってきました。夜になると、...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第7話 有力情報?

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.13 (Wed)

 「メイクは派手だけど、ちょっと暗い感じのする子でしょ? ほらぁ、ミツヒロといっしょに居た子じゃない?」巻き毛の子は両隣の女の子達に確認を取ったが、その二人は覚えていないようで、首を傾げている。「本当に? そのミツヒロって人、君の知り合い? 連絡とか取れる?」春樹が勢いよく訊いてきたので巻き毛の子は少し困ったように表情を曇らせた。「でも自信無いなあ。勘違いかもしんないし。それにミツヒロとはたまたまカ...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第6話 始動

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.11 (Mon)

 「じゃあ、調査に行ってきます」春樹はラフな服装に着替えると、ジーンズのポケットに谷川理紗の写真、そして携帯と財布だけ突っ込んで立ち上がった。春樹の中では今回、『家出した友人の妹を捜す少年』という役が設定されているらしい。こういう仕事上のウソを、春樹はけっこう楽しんでいるように見える。「気をつけるのよ」「心配ないって。僕は相手に警戒されないタイプだと思うよ。前回だって聞き込みで良い情報取ってきたでし...全文を読む

▲PageTop

(レビュー)『神の火』vol.3 読了しました

☆感想(観劇・映画・小説)

2011.04.09 (Sat)

 ---「ひとりで降りられるやろ・・・・・? 昔、何百回もやったもんな。大丈夫やな・・・・・?」---惜しみながら、少しずつ読み進めた『神の火』、とうとう読了してしまいました。恋人と別れるような寂しさをぐっと抑え、いっきに読みました。第3回。最終レビューです。(たぶん、ネタバレは無いはずです・・・たぶん・・・たぶん)きっと読み終わったら、呆然となって、何も書けなくなるんじゃないかと思っていましたが・・・。...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第5話 封印

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.08 (Fri)

 警察の調べが実際どこまで進んでいたのかは美沙には分からなかったが、結局その後真実が発覚することも無く、仲の良かった家族に不穏なうわさが立つこともなかった。ただそれは、やり切れない不運な事故として近しい人々の記憶に残った。春樹という、哀れな遺族ひとりと共に。「美沙、灰が落ちるって」ぼんやりしてタバコを持っていた美沙の手元に灰皿を寄せて春樹が言った。美沙は辛うじて灰を机の上に落とすことを免れた。「やっ...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第4話 忌まわしい記憶

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.05 (Tue)

 『幸せそうな家庭なのに、どうして家出なんかするのかな』純粋で真っ直ぐな少年の言葉は、美沙を息苦しくさせた。何も知らないが故の、穏やかな、優しい言葉だ。もしも美沙に触れ、その記憶を読みとってしまったとしたら、そんなセリフはきっと言えなくなる。美沙はやめたはずのタバコの煙を肺いっぱいに吸い込んだ。ほんの少しでもいい。思考を麻痺させてくれと祈るような思いで。春樹の家族構成は、谷川理紗とよく似ていた。真面...全文を読む

▲PageTop

(雑記)休日のつぶやき

未分類

2011.04.03 (Sun)

 ああ、最近雑記を書いてないなあ~。と、思いたち、どうでもいいことを、のんびり書いてみました。(本当にどうでもいい話なのですが・笑)昨日(土曜日)は、とっても温かかったですね。寒がりの私には、本当に嬉しい。職場の行き帰りに見る桜も、金曜日あたりからようやくちらほら咲き始めました。休日は溜まった家事をするか、溜まったDVD録画を見るか、小説を読むか、小説を書くかでほとんどつぶれてしまうのですが、昨日は...全文を読む

▲PageTop

KEEP OUT3 第3話 行方調査

KEEP OUT 3 君に伝えたいこと

2011.04.02 (Sat)

 「家出少女を捜すの?」春樹はいつものように美沙のデスクに自分の回転スツールを近づけ、美沙の取りだした調査依頼書を読んだ。「谷川理紗、16歳、高校1年生。家出常習犯らしいわよ」美沙が言った。これは本社、つまり立花聡(たちばな・さとし)局長の元に来た案件だが、行方調査専門にやっているこの鴻上支所に回されてきた。鴻上というのは単にこのテナントビルのある区画の名称で、この『立花探偵社・鴻上支所』の所長はも...全文を読む

▲PageTop

前月     2011年04月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア