更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2010 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 04

【  2010年03月  】 

ラビット 第5話 夢のつづき(6)

第5話 夢のつづき

2010.03.31 (Wed)

 それから小一時間経っただろうか。宇佐美の言葉で更に沈み込んでいた稲葉だったが、地獄に仏というべきか、天井の小窓から丸い月が顔を覗かせはじめた。ほんの微かだが、やんわりと部屋の内部の小物達に輪郭が戻ってきた。「ああ、もう、びくともしない!このドア。壁はコンクリートだから隙間も作れませんよ」稲葉は今がチャンスとばかりに、微かな月明かりを頼りに壁に貼り付いて脱出方法を探っていた。「隙間を見つけてスプーン...全文を読む

▲PageTop

(雑記)「パコと魔法の絵本」。

☆感想(観劇・映画・小説)

2010.03.30 (Tue)

 パコと魔法の絵本 通常版 [DVD](2009/03/06)役所広司アヤカ・ウィルソン商品詳細を見るずっと見たいと思ってたら、昨日地上波でやってくれました。これにはやられました。ドライな私が。爆裂的コメディーにも関わらず中盤で涙がポロポロ。このお話は映画を観る前から知っていました。2年前に舞台で観たんです。G2プロデュース『MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人』こんなに泣けるのは、その世界観を知っているからかもし...全文を読む

▲PageTop

ラビット 第5話 夢のつづき(5)

第5話 夢のつづき

2010.03.27 (Sat)

 しばらく二人はどうにかドアを開ける方法が無いか試行錯誤してみたが、工具も灯りも無い現状では埒が明かなかった。その間もずっと黒猫を腕に抱いていた宇佐美は、稲葉に「今日の業務は終了」と、冗談交じりに笑う。小窓から入る光は本当に微弱で、猫も宇佐美の姿も、目を凝らさなければすぐに見失いそうだ。稲葉はしばらく堪えていた弱音をついに吐き出した。「宇佐美さん。これ、やっぱり朝までどうにもなりませんよね。最悪、寝...全文を読む

▲PageTop

(雑記)んん? ツイッター初心者

未分類

2010.03.24 (Wed)

 さっき、ちょいと登録してみたんですが、まだよくわかってません・笑でかいスクランブル交差点に投げ出された感じで。そういえばmixiを初めてはじめた時に似てます。今ではすっかりmixiも遊び場になってますが。ううん、誰が誰にコメしてるのか、自分は誰につぶやくのか。こうやって電波のように言葉が飛び交うんですね。拾って食べて、飛んでるのを眺めて。人はやっぱり寂しがりなんだなあって思います。何かでつながってたいんで...全文を読む

▲PageTop

ラビット 第5話 夢のつづき(4)

第5話 夢のつづき

2010.03.24 (Wed)

 稲葉は汗ばむ手でポケットを探った。とにかく、こんな暗くて狭い場所には短時間でも居たくはなかった。けれどどういう訳か、さっきまでジャケットのポケットに入れておいた携帯がない。なぜだ? と記憶をたどり、途端に口をつぐんで青ざめる。「稲葉? もしかして携帯落とした?」気配を察したのか、宇佐美が覗き込む。「はい。たぶんさっきマンホールの所で……。宇佐美さん携帯持ってますよね? 誰かに連絡して助けてもらいまし...全文を読む

▲PageTop

ラビット 第5話 夢のつづき(3)

第5話 夢のつづき

2010.03.20 (Sat)

 「久しぶりに見たけど、やっぱりお化け屋敷って感じですよね、この屋敷は」真壁邸の壁にはびこった蔦は夕日に赤く染められ、まるで不気味な毛細血管のように見えた。猫探しに乗り出した稲葉は、門の外からその洋館を見上げてブルッと身震いする。ホラー映画や怪談話は大嫌いだった。真壁老人は今朝から「時間旅行」とやらに出かけたが、屋敷の内外を自由に出入りしていいという許可をもらい、宇佐美と稲葉は午後から、本格的に猫探...全文を読む

▲PageTop

ラビット 第5話 夢のつづき(2)

第5話 夢のつづき

2010.03.16 (Tue)

 「え? あのお化け屋敷の主人なんですか? 真壁さんって」真壁老人が帰った後、依頼人の詳細を聞いた稲葉は中学生のような反応をした。「知ってるの? シロちゃん」李々子が(自分のせいで)お茶の飛び散ったテーブルを拭きながら稲葉を見た。「僕が通っていた小中学校の校区内でしたから。あの地域ではお化け屋敷って事で有名な家でした。あの当時ですら廃墟みたいに古びた洋館だったから、今は本当にお化け屋敷なんじゃないか...全文を読む

▲PageTop

(雑記)宇宙に思いを馳せる

☆イラスト・マンガ・水彩画

2010.03.14 (Sun)

 「宇宙には果てがない。それってどういうことなんだろう」小学生の頃、それを考えて眠れなくなった夜がありました。占いや怖い話も、それなりにたしなんではいましたが(笑)もっぱらそんな、想像を超える不思議な現実に思いを馳せるのが好きでした。果てがないなら、その向こうはなに?宇宙が今137億歳なら、その前はなに?そりゃあ、小学生には想像も及ばない世界です。知らないということは、ワクワクすると共に恐ろしいこと...全文を読む

▲PageTop

ラビット 第5話 夢のつづき(1) 

第5話 夢のつづき

2010.03.13 (Sat)

 太陽は日没にむけて、赤く膨張を始めていた。まるでホラー映画のように黒く浮かび上がる洋館の脇で、小さくうごめく人影が二つ。「ほら、もう少し。がんばって!」赤い野球帽を被った少年が、もう一人の坊主頭の少年の手を掴み、マンホールの穴から引っ張り上げた。学校帰りなのか、脇に黒いランドセルが転がっている。「偽物のマンホールだったね、この穴。屋敷の地下に繋がってるなんて、きっと作った人以外誰も知らないよね。外...全文を読む

▲PageTop

白昼夢 第6話 追憶(3)

第6話 追憶

2010.03.10 (Wed)

 ひんやりとした感触を額に感じて坂木は目を開けた。「ごめんね、寝てた?」陽が氷嚢を作ってくれているほんの少しの間、坂木は昔の夢を見ていたようだ。「ああ、悪いな」「医者に行った方がいいんじゃない? 付いて行こうか?」「行かないよ。医者は性に合わない。余計具合が悪くなっちまう」「・・・しょうがないな」少し呆れたように笑う陽を、坂木はぼんやり見つめた。昔の夢を見たせいだろうか。この何でもない時間が何とも言...全文を読む

▲PageTop

白昼夢 第6話 追憶(2)

第6話 追憶

2010.03.07 (Sun)

 15年前。その頃のOEAの訓練施設には男女十数人の年齢の違う子供達が「成人」の時を待って教育を受けていた。一般的に身につけるべき学問、そして“仕事”に必要な特殊訓練。そこにいるのはそれぞれの事情をかかえ「外」の世界では生きていけない子供達だった。当時施設の管理部のチーフをしていた辰巳に坂木は陽を託した。あどけなさの残る11歳の陽は、まだその頃本名で呼ばれていたが、その名を坂木はもう覚えていない。辰巳と...全文を読む

▲PageTop

白昼夢 第6話 追憶(1)

第6話 追憶

2010.03.04 (Thu)

 2日ほど前から坂木と陽が泊まっているのは、OEA本部に程近い静かな場所にあるホテルだった。坂木はひっそりとした隠れ家的なこのホテルが気に入っていて、本部から招集がかけられたときでも大抵そこを利用している。昨夜から体調を崩していた坂木を心配してか、陽はどこへも行かずに、この日はホテルの部屋で本を読んでいた。二人を訪ねて、何の連絡もなく辰巳が部屋にやってきたのはその日の午後だった。「本部の部屋の方がここ...全文を読む

▲PageTop

(雑記)孤独。サクラという花。

未分類

2010.03.02 (Tue)

 『花の下では風がないのにゴウゴウ風がいっているような気がしました。そのくせ風がちっともなく、一つも物音がありません。自分の姿と跫音(あしおと)ばかりで、それがひっそり冷めたいそして動かない風の中につつまれていました。花びらがぼそぼそ散るように魂が散っていのちがだんだん衰えて行くように思われます』                        ---坂口安吾『桜の森の満開の下』より抜粋---私...全文を読む

▲PageTop

白昼夢 第5話 サクラ(3)

第5話 サクラ

2010.03.01 (Mon)

 その日の深夜。いつまでも黙りこくってソファに座っている陽を気にかけながら、坂木は読みたくもない雑誌の活字を眺めていた。何を考えているのか聞き出せる雰囲気でもない。「眠れないのか?」そう問いかけても、返事もしない。「・・・なんだかなぁ。反抗期の息子を持った父親の気分なんだよな~」少し大げさに坂木がため息をつくと、陽はやっと少しだけ笑ってみせた。「先に寝ていいよ、坂木さん」その時ドアのベルが鳴った。「...全文を読む

▲PageTop

前月     2010年03月       翌月

Menu

最新記事

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア